hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

群馬県前橋市を拠点とする箏曲家鈴木創の公式ブログです。
箏曲の活動のご案内や報告、そして私自身の日々のことなどを綴っていきます。
28 2月

新型コロナウイルスへの対応について

みなさんこんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

新型コロナウイルスについて
標記の件につきまして、私の状況等をご説明させていただきます。
・お稽古場のお稽古は、予定通り実施いたします。基本的にマンツーマンであるため、相手が特定できますし、不特定多数の方が集まることもありません。また、体調不良の方は、お稽古をお休みすることをお願いしております。
・前橋のお稽古場は、医師に相談の上、殺菌対策を行っております。また、殺菌スプレーを設置し、門人さんをはじめとする来訪者には、使用を促します。
・私自身ですが、殺菌スプレー・手洗い・うがいなどを実施し、外出時にはマスクを利用し、公共交通機関は使っておりません。また、3月の演奏予定は全て中止となったため、当面不特定多数の方が集まる場にお伺いする予定はございません。

皆様の冷静な対応をお願いし、そして、一日でも早く、皆様が通常通りの生活を送れることをお祈りいたします。 
 
27 2月

舘林四小に集まったお箏

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

以前もこのブログでお伝えした舘林市立第四小学校がお箏を探しているという件ですが、その後の経過が今日2月27日の上毛新聞に掲載されていました。


IMG_0001
なんと、60面が集まったそうです!

私も2面寄贈させていただきました。
1面はすぐに弾けるお箏で、もう1面はちょっとメンテナンスが必要な状態です。

舘林女子高の箏曲部員をお招きし、「さくらさくら」を合奏したとのこと。

僕も小学生の演奏、聞いてみたいですね!

このように、使わなくなった楽器を、子ども達が再利用してくれるという流れ、私もとても嬉しいです。

そして、卒業しても、弾き続けて欲しいなあ。



 
26 2月

コロナのことで思うこと

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

コロナウイルスという見えない危険が大きくなっています。

私も、出演予定のイベントが一つキャンセルになり、その他出席予定であった大人数集まる会議が中止になりました。

直接は関わりがなくても、知人が開催予定だったコンサートも中止になったりという情報を耳にします。

私のお稽古場は、今のところ通常通りにお稽古を行っています。
お稽古はマンツーマンなので、不特定多数の人が集まることはありません。
体調が悪い方は、だいたいお稽古をお休みします。

個人的には、手洗い・うがい・外出時のマスクといった、当たり前の対策をしております。
マスクは花粉対策でもありますが、、、
大切なことは、脊髄反応をせずに、冷静に行動することと考えています。

流れに流されず、立ち止まって考える。
それが大切なんだと思います。そうすると、案外打開策が浮かんだり、思わぬ所から情報が入って来たりします。

それにしても、今偶々見たニュースで流された国会の様子ですが、
なんで野党はなんでも与党への攻撃材料にするんでしょうかね。
与党の回答も、質問に対して正面から答えていない感じがします。

こういう時こそ、与野党の垣根を取り払い、英知を結集して、対策にあたってほしいです。
特に、今の野党は東日本大震災の時に政権を担っていたんですから、その時の経験や反省を踏まえた提言があってもいいのではと思います。

 
22 2月

東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

2月20日から21日にかけて、都内に行って来ました。

20日の夜は、定期的に集まる面々との会合。
それぞれの分野で力を発揮されているみなさん。
今回は、メンバーの一人がある公職に就かれたお祝いの席でした。

翌日は、久し振りに一日東京で過ごしました。

まず、この日の最大の目的。
東京国立博物館で行われている「出雲と大和」に行ってきました。


2020-02-21 10.19.02

正面にある、上の写真の建物前に行ってみたら、ちょっとしたフェイント。
隣の「平成館」で開催しているとのことです。 


2020-02-21 10.21.46

2020-02-21 12.18.26

出雲はご縁があり、いままで2回行ったことがあります。
海が有り、宍道湖があり、平野があります。一畑電車という2両編成の電車にのり、太陽に照らされた宍道湖を見ていると、昔から豊かな土地だったことを感じます。

今回の展示は、出雲の歴史と文化のとそれらの大和との関連を軸に構成されています。
出雲は古代の青銅器に始まり、その後四隅突出型墳丘墓(古墳)の出現により、土器を使ったの祭祀の文化に移ります。さらには仏教の影響を受け、仏像や寺院が権力者の力の象徴になっていく。その過程で、大陸や朝鮮半島との独自の繋がりや、大和との関連性などが視覚的に伝わる展示内容でした。

その中で、展示されている出雲大社関係の資料から、その歴史的政治的位置づけ、社殿の変遷なども感じられます。

荒神山遺跡の写真や、そこから実際に出土された銅剣が展示されているのですが、なぜあの様に大量の剣を並べたのか、そのストーリーに想像が膨らみます。


たっぷり2時間かかりました。

その後、敷地内や上野駅との間の建物を見て回りました。
上野は、名建築の宝庫ですね。

表慶館。赤坂の迎賓館などを設計した片山東熊の設計。
2020-02-21 10.20.02

法隆寺宝物館。谷口吉生の設計。同日人物によるニューヨーク近代美術館と似ています。入り口の自動ドアの収まりが面白いですね。
2020-02-21 12.23.05

2020-02-21 12.24.02

旧池田家の門。その後、宮家の門などにも利用されていました。
2020-02-21 12.41.55

黒田記念館。歌舞伎座・明治生命ビル・鳩山邸などを設計した岡田信一郎による。
 2020-02-21 12.45.57

国際こども図書館。旧帝国図書館。
 2020-02-21 12.44.58

旧博物館動物園駅。中川俊二設計。
2020-02-21 12.47.37

日本芸術院。私が一番好きかもしれない建築家、吉田五十八の設計。
2020-02-21 10.07.11

前川國男による東京文化会館。
2020-02-21 10.12.01

コルビジェによる、国立西洋美術館。
2020-02-21 10.12.13

裏側は、異なった表情を見せます。
このタイルもいい雰囲気ですし、そこに入り込む打ちっ放しのバルコニーとのコントラストもいいです。個人的趣向炸裂ですいません、、、

2020-02-21 10.14.00

国立科学博物館。1930年竣工。
2020-02-21 10.14.31

上野の散策の後は、広尾の明治屋に。
駐車場には、品川ナンバーの高級車がずらりと、、、
そこに前橋ナンバーの僕の車が、、、
でも、車を駐める区画が広くて助かりました。 

目的は、タマゴ買うことです。
2020-02-21 23.39.25

このタマゴ、知人が出雲で作っています。
東京で売っているのが、広尾の明治屋さんだけとのこと。
鶏を平飼いし、人間よりもこだわった餌を食べています。
あ、この会社では、餌と呼ばずに、「お食事」と呼んでいるそうです。
1つ300円。食べるのが楽しみです。 
出雲に縁がある一日です。

次の目的地は、等々力渓谷
本当に、住宅が建ち並ぶ一角に、いきなり川と渓谷があります。
23区内とは思えない静けさで、心が洗われます。
P2210001

書院と芝の広場もあり、近所の方が散歩などをされていました。
P2210003
 
P2210013

P2210011

その後は楽器屋さんに立ち寄り、修理をお願いした楽器などを受け取りました。

最後の〆は、やっぱりラーメン。
2020-02-21 20.48.03
下赤塚にある、 私が大学生の頃からたまに行くお店です。
当時からちょっとお店が大きくなりました。
スープの味、麺がちょっと変わりましたね。

今回東京に行って思ったことをいくつか。 

まずは建物のこと。私が建設業界にいたからでしょうか、当時「建物の老朽化」という言葉を良く聞きました。 それらの建物は、築40年程度です。
今回見て回った上野にある建物は、ほとんどがそれらの建物よりも長く使われていて、100年を超える建物もあります。改修工事をして、命を吹き返した建物もあります。
もちろんメンテナンスには手間もお金もかかっているでしょう。
今の様に、コストを下げることを重要視して、サイクルが短い建物を作るよりも、 
建物を作るときにしっかりとお金と手間と知恵をかけて作った建物を、メンテナンスをしながら長く使う方が、社会的なコストや建物の文化的な側面を高め、社会的な意義があるのではないかと思いました。

それと、都内を回っていると、いたるところで再開発や大規模な建設工事が行われています。いつの間にか建て替えられた建物もあります。また、お店も新しいお店ができていたり、改修されているお店もあります。
街を歩いている人は綺麗な服を着て、道にはきれいで新しい車がたくさん走っています。時には、群馬にはないような、高級な車とすれ違います。

常に変化があるという良い面なのでしょうが、それができているということは、やはり日本は、特に東京は十分に豊かなんだな、と感じました。

経済成長を求めることはとても大切なのですが、現状を受け入れて、短期で結果を求めずにもっと長期的な視点で物事に取り組み、社会的な幅を広げ、人々の心を豊かにする社会に向けていくことが、これからの日本には必要なのではないでしょうか。
16 2月

高崎芸術劇場の建物を見て

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日のブログでお話しさせて頂きましたが、高崎芸術劇場でお能を見てきました。
今日は、高崎芸術劇場の建物を見た感想をお話しさせていただきます。

高崎駅からは、屋根付きのペデストリアンデッキで繋がっており、雨の日も楽に移動できます。

2020-02-15 12.56.10

建物の北面はガラスを多用しております。
ついつい、ガラス拭きのことや、地震の時のことが心配になります。

2020-02-15 13.00.09

下の写真は、ペデストリアンデッキから入ったところのエントランスロビーで、上は吹き抜けになっています。
建物のおおざっぱな配置は、エントランスロビー側と大ホール側に分かれていて、エントランスロビー側のこの吹き抜けを囲むように、音楽オールや練習用のスタジオ、事務室などが配置されています。

写真右側のカウンターはクロークになっていて、コートや荷物を預けることができます。
私もコートとマフラーを預けましたが、係の方の対応も丁寧でした。

2020-02-15 13.12.06

エスカレーターを上がっていくと、吹き抜けの回りに部屋が配置されていることがわかります。
下の写真で、ガラス張りになっている部屋が練習などのスタジオ(「創造スペース」という名前の様です)で、ガラスがないスペースから各部屋に入ります。

2020-02-15 13.08.49

2020-02-15 13.03.17

下の写真の様に、解放されているスペースもあり、寛いだり外を眺めたりできます。
家具のセンスもいいですね。公共施設にしては珍しいです。

2020-02-15 13.03.08

5階の「音楽ホール」の入り口です。約400人収容。
2020-02-15 13.03.02


次の写真は、大ホールのホワイエを上から見下ろしました。
左の段と右の段で、フロアが異なります。

右のカーブしている壁の内側が、2,000人収容の大ホールです。
このホワイエ、ホールの収容人数を考えると、狭いと思います。
イベントがはねた時は、相当混むのではないでしょうか。

2020-02-15 13.05.11

写真は撮りませんでしたが、1階にはカフェがあり、お茶をのんだりちょっとした食事をすることができます。運営は、レストランスワンさんと、グループ会社のスマイスさんが担当しております。

そして、1階の「スタジオシアター」には、能舞台が設置されていました。
屋根は天井から吊されています。
柱をよく見ると、柱に継ぎ目があります。そこで柱と屋根が接合されいるのでしょう。
「スタジオシアター」の受付を済ませた中にビュッフェがあります。

2020-02-15 13.37.06

 建物を見た感想

1:音楽などに触れて、食事やお茶ができる、とても良い施設です。それが、駅から歩いて行ける場所にある。ちょっと高崎が羨ましいですね。

2:本格的なクロークがある施設がやっと群馬に出来ました。客席でコートなどを足下に置いたりする必要もないですね。

3:木を使った内装や、シンプルだけどこだわりのある内装は、暖かい雰囲気で好感が持てます。ただ、あまりにもガラスを多用しており、メンテナンスや地震の際の安全性に疑問を感じました。

4:共用スペースが狭い。大ホールのホワイエや、音楽ホールの出入り口のロビー、クローク回りのロビーなどのスペースが、収容人数に較べて狭い様な気がします。 一気にイベントが終わった時は、けっこう混乱するのではないでしょうか。

5:動線に疑問あり。音楽ホールと練習スタジオがすぐ近くに配置されています。個人的には、音楽を聴きに来た人と、練習で来た人の動線をもっと分ける方がいいと思います。

6:大ホールの楽屋位置がおかしい。高崎芸術劇場の平面図を見たのですが、大ホールの楽屋が、舞台のすぐ裏ではなく、客席の下(後ろの方に行くに従ってせり上がっている客席の真下)にあります。舞台と楽屋の距離があり、楽器の運搬や人の移動に難があると感じます。 

今回は「メインスタジオ」だけでしたが、「大劇場」や「音楽ホール」の音の響きも体験してみたいです。 
15 2月

高崎芸術劇場能舞台柿落とし公演を見て

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、高崎芸術劇場に初めて行って来ました。
ちょっとネガティブなニュースで有名になってしまいましたが、純粋に音楽などの拠点として、そのイメージを確立して欲しいです。

駐車場探しで時間がかかるのが嫌なので、前橋駅に車を置き、電車で移動。
JR高崎駅からは、ペデストリアンデッキで繋がっていて、屋根もついているので雨が降っていてもあまり濡れずに行けるでしょう。
東京から新幹線で1時間弱で来て、そのまま芸術劇場にアクセスできます。

2020-02-15 12.56.10
写真でみると、とても長いペデストリアンデッキですね。

そして、到着。
2020-02-15 13.00.09

早めに行き、建物の中を一回りしたのですが、その感想は頁を改めさせて頂き、今日は見に行った公演の感想をお伝えします。

今日の目的は、高崎芸術劇場「能舞台 披露公演」でした。

2020-02-15 13.37.06
この能舞台、組み立て式になっており、このホールを他のイベントで使うときには撤去できるそうです。

公演は、高崎市出身の下平克宏先生や、狂言師野村萬斎さんなども出演の、とても豪華な内容です。高崎芸術劇場能舞台の柿落し公演でもあるので、それに因んだ演目です。

2020-02-15 17.41.41



最初は「能 翁」。

「翁は能にして能にあらず」と言われているそうです。
私がいままで見たことのある能は、何かしらの設定やストーリーがあるのですが、「翁」にはそれがありません。
なぜかというと、神聖な儀式であり、天下泰平・国土安穏・五穀豊穣を祈る意味があるんですね。
高崎芸術劇場の能舞台で初めての演目として、「神聖な儀式」はとても意味があると思います。
笛や鼓、地謡の方々も、通常とは違う着物です。

最初は翁の謡い、次に千歳の舞、そして翁の舞。最後は華やかな揉之段と鈴之段となります。
私たちは、出演者の謡や舞をひたすら1時間見続けます。

その後は、「仕舞」を経て、狂言の「二人袴」。
婿入りに行く息子と父親が、長袴が一着しかないので、婿入り先の家で袴を前後に二つに裂き、エプロンの様にしてつけて、さてどうなるやら、という内容です。
やりとりの滑稽さに、会場からはクスクスと笑いが出ました。
狂言がなければ、緊張感が続き、観客はとても大変でしょう、、、

最後は、半能「石橋(しゃっきょう)」です。
これもストーリーはなく、石橋の傍らで文殊菩薩の霊獣である白獅子と赤獅子が現れて、牡丹の花に戯れて舞うという演目です。
牡丹の設えや、赤獅子・白獅子の衣装などがとても華やかでした。

また、私共が伝承している地歌の曲の中にも「石橋(しゃっきょう)」という曲があり、詩句が共通する部分などもありました。

今回の公演を見ての感想をお話しさせていただきます。

まずは、日本人は、何もない部分にも何かを感じ、それをとても大切にしているんだ、ということです。鼓の音と音の間の何もない「間」や、踊りの動作と動作の間の「間」、さらにはすり足でゆっくりと歩く時間にも、その静の中に動を感じ、それが心に響きます。

次に、対比です。「翁」は全体として「静」を感じましたが、その中にも「鈴之段」にむかって徐々に「動」になっていきます。「静と動」を対比することにより、お互いが引き立ちます。

「石橋」でも、熟練の白獅子と、若い行動的な赤獅子。牡丹の赤と白、などが対比され、それぞれの存在を際立たせています。

次は、「外で見たい」と思いました。今では、能舞台はほとんど室内にありますが、昔ながらの屋外の舞台で見てみたいです。なぜかというと、今日、笛の音が風の流れに感じました。また、大鼓の方のかけ声が、オオカミや犬の遠吠えなどにも聞こえてきました。それらの音が、屋外で演じたときにどのように響くのか、そしてそこに木魂する小鼓の音、そして演者が生じる陰影。それを感じてみたいです。

最後に、「引き込まれ感」です。お能を見ていると、思わず引き込まれ、上半身が前に出て、椅子の背もたれから背中が離れることがあります。何によってそうなるのかを考えたのですが、舞台の上のみなさんの、体の底から出るものなのでしょうか。台本や楽譜を見ながら演じている方はだれもいません。全体の指揮者もいません。でも、間があっているのです。それは、それぞれの演者が自分の役割を何度も何度も練習し、体の芯にしみこませ、そしてそれを繰り返し合わせて、自分自身の深いところから演じているからなのでしょう。自分も、そういった演奏ができるようにしないと、、、、

次回は、「高崎芸術劇場」の建物を見た感想をお話しさせていただきます。

 
15 2月

桐生まちなかテレビ「わいわいワールド」出演しました

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日2月14日、世間はバレンタインデーですが、私は桐生でインターネット配信番組に出演させて頂きました。

「桐生まちなかテレビ」「わいわいワールド」という番組です。
今回は、「あんぺあーのシュミ!」という番組との合同企画で、通常1時間番組のところ、2時間となりました。

ゲストも多彩で、
とりこっとんの山田さん、根岸さん、山口さん
・シンガーソングライターのカノメヒロユキさん
・アコーディオンの福田まゆこ&まさふみさん 
それに、私です。

最近の活動やこれからのことなどを、多少いじられながらもお話しさせていただき、そして一曲演奏させていただきました。


86222345_2750367675057488_6942980183498424320_n

86350496_197669041431713_8572395414441951232_n
 
ゲストコーナーの後は、出演者が「わいわいワールドチーム」と「 シュミ!チーム」に分かれてのボッチャ対決です。

ボッチャとは、パラリンピック種目にもなっている競技で、簡単に言うと白いボールに向かって、それぞれのチームが青いボールと赤いボールを投げ、いかに白いボールの近くに自分のボールを寄せるか、というゲームです。カーリングに近いですかね。 

相手のボールをはじいたり、白いボールを動かしたりもあって、シンプルだけど、けっこう戦略的で奥が深い、楽しいゲームです。

詳しくはここを。

全部で4ゲームをやったのですが、最初の3ゲームで、8対1で、私が所属する「わいわいワールド」の大幅リード!

そこで、「シュミ!チーム」 から、まさかの、「次のゲームで勝ったら1億点にして下さい!」との提案。
で、見事最終ゲームも 「わいわいワールドチーム」の勝利となり、100,000,008対1の勝負となりました!

買った私たちには、手作りのおいしいチョコレートのお菓子。
まけたチームのみなさんには、激辛かつまずいお菓子という罰ゲームでした。

2020-02-14 21.57.17


ゲーム中にびっくりしたのですが、とりこっとんの山田さん、ボッチャがとても上手!みなさんついついボールを転がすのですが、山田さんはうまく手首のスナップを使ってボールに回転をつけながら上に投げ、狙ったところからあまり転がらないようにしているんです。きっと影で練習していましたね。

テレビということで、iPadでWebの案内などを表示したのですが、もっと工夫のしどころがあったなーと思いました。次のチャンスをいただけたら、またいろいろ工夫したいと思います! 
86308760_634611313972405_604490726784368640_n
 
帰宅したら、てつこさん、チョコを買い忘れていたらしく、慌てて買ったゼリーをいただきました。おいしかった。でも、「半分は私が食べるよ」と宣言されました、、、 
13 2月

桐生まちなかテレビへの出演

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

明日2月14日、「桐生まちなかテレビ」へ出演させていただきます。
インターネット配信ですので、ご覧になる方は、こちらから見ることができます。

20時からの「わいわいワールド」という番組で、2時間の生放送です。

出演は、
とりこっとん 山田俊介 さん
シンガーソングライター カノメヒロユキ さん
アコーディオン奏者 福田まゆこ&まさふみ さん
と一緒になります。

なんと、最後には「ポッチャ」の対決もあるということです!
「ポッチャ」といっても、最近少し出てきた私のお腹ではなく、
白いボールに向かって色がついたボールを投げる競技ですね。

負けたら罰ゲームもあるみたい、、、、 

いまから楽しみです!! 
12 2月

車のキーの電池交換

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日、車のエンジンをかけたら、「キーの電池を交換して下さい」との表示が出てきました。表示の写真を撮り忘れてしまいましたが、、、、

そこで、キーの交換方法をお伝えいたします。

新しい電池を購入。
CR20253Vという規格の電池が指定されています。
2020-02-12 19.53.58


キーの上にある、黒い部分をスライドさせます。
2020-02-12 20.02.50

すると、「エマージェンシーキー」が中から出てきます。
「エマージェンシーキー」は、キーレスが作動しない時などに使うために準備されています。
2020-02-12 20.03.20

取り出したエマージェンシーキーを、エマージェンシーキーが入っていた溝に刺すと、黒いカバーが外れます。オレンジ色の丸の部分が、カバーが少し浮いた状態です。
2020-02-12 20.04.06

カバーが外れました。
今までの電池には、三菱のマークが入っていますね。
2020-02-12 20.04.22

キーを逆さにしてトントンと軽くたたき、古い電池を取り出します。
2020-02-12 20.04.57

そして、新しい電池を取り付けます。
プラスとマイナスを間違えないようにしましょう。

新しい電池はPanasonic。両方ともインドネシア製ですね。
2020-02-12 20.05.50
 
先ほど取り外したカバーを取り付け。
2020-02-12 20.06.25

そして、エマージェンシーキーを元あった溝の中に戻し、
2020-02-12 20.06.39


完成です。
2020-02-12 20.06.54

ボタンを押してみて、ランプがつけばOKです。
2020-02-12 20.07.14

ドライバーも不要で、とても簡単でしたね。
電池代だけで済みました。

 
6 2月

高崎市の幼稚園での演奏

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、高崎市の幼稚園にお伺いし、演奏をさせていただきました。
この幼稚園は、「豊かな情操教育」を行っており、外部から専門家を招いたコンサートを行ったり、園児が参加する「ヘンゼルとグレーテル」のオペラを上演したりしています。

私もご縁があり、数年前から演奏をさせていただいています。

前半30分ほどが、園児の皆さんと、保護者・職員の方々。後半を、保護者・職員の方々という構成になっております。

普段から「静寂の時間」などの時間を通じて静かに集中する練習もしているとのことで、私たちの説明や演奏も静かにそして集中して聞いてくれました。

今回は、
・ピアノ:渡会京子さん
・尺八:滝野瀬あゆかさん
・バリトン:大河原拓也さん
・箏・三絃:鈴木創
という出演です。

大河原さんは、現在は国立音楽大学で勉強中なのですが、この幼稚園の卒園生ということで、園長先生から「一緒に演奏してほしい」とのお話しをいただきました。
「さくらさくら」と「浜木綿」を、3人で演奏いたしました。 

準備をしている時から、登園している園児のみなさんが「おことだおことだ!!」と、興味津々の様子。
そして、終わって教室に戻るときも、「バイバーイ!!」と元気に挨拶をしてくれて、その純粋な表情に癒やされました!! 

09

10

04

03

02

2020-02-06 13.47.30
帰りにお気に入りのアイスで癒やされました! 
ギャラリー
  • 舘林四小に集まったお箏
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。