hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

群馬県前橋市を拠点とする箏曲家鈴木創の公式ブログです。
箏曲の活動のご案内や報告、そして私自身の日々のことなどを綴っていきます。
17 8月

8月16日はお盆休みをいただき

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

昨日8月16日は、1日お盆休みをいただきました。
朝一番、てつこさんとお墓へ。
我が家に来ていた母を、提灯に灯した蝋燭の日に乗せて、お見送り。

その後、暮坂峠に向かって、おそばをいただきました。

2022-08-16 21.08.57-4

十割蕎麦を堪能。
その後は、中之条山の上庭園と野反湖に行き、雄大な景色を眺め、自然の風にあたってきました。
お蕎麦屋さんも野反湖も、前橋と気温が10度違い、涼しいですね。

2022-08-16 21.06.51-6
初代ぐんまちゃんのシャツを発見!


2022-08-16 21.08.57

買い物をしながら前橋に戻り、おうちで一休み。
1日で下道を100km以上運転しましたね。

夜は、近所にあるビストロコンチェルトさんに行き、一品一品手の込んだお料理を味わいました。

さて、1日のお盆休みを終え、今日から通常モードです!

2022-08-16 21.15.56-4

2022-08-16 21.15.56-1

2022-08-16 21.15.56


 
15 8月

8月15日

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は8月15日、やはり日本にとっては特別な日ですね。

国際法上は特に意味のある日ではないですし、その後も千島列島などで一部戦闘は続いていたのですが、やはり玉音放送で国家の歴史として初めて天皇陛下が国民に重体なことを伝えたという意味で、日本人にとっては大きな日です。

憲法や日米安保体制、また歴代政権の対米姿勢、国内で我が物顔で振る舞う米軍など、戦争に負けたということが、今の国家体制の根幹にあることは、 疑う余地がありません。

その体制の中で、77年間直接戦争に携わって来なかったというのは、稀有な歴史と思います。

ウクライナを始め、世界各地で戦争や紛争、テロなどが繰り広げられています。
その惨劇は、私の心を搾り取っていく様な感情を喚起します。
やはり私は、世界平和を希求します。

そのために何が大切か、やはりそれは、「他者への敬意」と思います。

自分と考え方や文化、価値観などが異なる人は、本当にたくさんいます。逆に、それがまったく同じ人というのは珍しいのかもしれません。

その違いを尊重し、お互いの良いところを認め合う。それが、無駄な争いを避ける精神でしょう。

そのためには心が落ち着いていることが必要です。

そして、その一つの方法が、音楽などの芸術や、美しい景色を見ると言った、人間ならではの美意識を刺激することと思います。

音楽に携わり、平和を希求する者として、あらためて考えました。
 
14 8月

いつでも基礎基本を。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

台風8号は、当地前橋はちょっと雨が降った程度で、一安心です。
しかし、他の地域では、大雨が降ったりと大変な地域もあったようで、その地域の皆さんの状況が心配になります。

最近はテレビを見ていると、国内では大雨・地震といったニュースばかりで、毎日のように日本のどこかで災害が起きている様に感じます。

今はお盆ということもあり、比較的穏やかな日々を過ごしております。

今日、自分の練習をしていて、いろいろ注意することに気づいたのですが、そういった内容が、昔先生方に注意されたり教わったことばかり。

いままで不十分だったことが恥ずかしいし、やっとその頃の指導が理解できる様になったのかな、という感じもします。

他の場面でも、改善をしようとすると、基本的なことを見直すのが解決法だったりします。

基礎基本て大事ですね。 
13 8月

お盆に朔太郎に花火に台風

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日はお盆の入りですね。
朝、お墓に行き、母の魂を我が家に連れてきました。
新居になってから初めてのお盆なので、母がここに来るのは初めてです。

その後、10月23日開催の「前橋まちなか音楽祭」で共演する小鼓の今井尋也さんがいらっしゃり、演奏内容などを打ち合わせ。
今年は前橋が生んだ詩人萩原朔太郎の没後80年ということもあり、朔太郎の詩や音楽に焦点を充た内容となります。

午後は自分の時間、そして夕方から門人さんのお稽古でした。

今日は、前橋花火大会です。
近づいている台風の影響が心配されましたが、あまり雨も風もなく、花火大会も開催されています。
さっきからぼーんぼーんという音が聞こえてきます。

迎え盆の日に花火というのも、祖先の霊を癒す良いタイミングですね。

 
11 8月

休みという概念がなく、お稽古場にこもって、いきなり鮎がやってきた。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は「山の日」という祝日なんですね。
そのことに気づいたのは、昨日の夕方でした。
私の頭の中に「山の日」という休日は、まったくインプットされていませんでした(笑)

朝起きて、まずはお仏壇の掃除。お盆を迎えるにあたり、綺麗にしました。
その後は、家の外の蜘蛛の巣などの掃除。

そして今日は予定が何もない1日だったので、お稽古場に篭っていました。

練習をして、電話連絡やメールの連絡、そしてそれに伴う事務作業なんかも。

そんなことをしていたら、突然窓ガラスをトントンと叩く来訪者が。

すぐ近くにお住まいの、昔からお世話になっている方が、焼きたての鮎を持ってきて下さいました。
急遽、その鮎で夕食に。

身がとても上品で、おまけに焼き加減が絶妙!

さて、明日は細かい用事がいろいろ入っているので、バタバタと過ごします。

S__101163018

 
10 8月

8月5日は、前橋空襲の日でした

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

8月5日は、前橋がアメリカ軍の空襲に遭い、まちなかのほぼ全てが焼き付くされた日です。

私は毎年、慰霊碑に手を合わせており、今、まちなかで生活できていることへの感謝と、これからの世界平和への努力を誓っております。


2022-08-06 11.38.13


今年は都合により、1日遅れの8月6日に訪問しました。
前日に、近隣の方々が式典を行った跡が残っていました。

まちなかにいるということは、悲しい歴史も理解し、引き継ぎ、後世へ残していく責務があります。

お互いがお互いを尊重し、争いのない平和な世界を強く希求します。 
8 8月

楽器店訪問と、道が空いていた

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

昨日7日日曜日、大田区の楽器屋さんに行ってきました。

用件は、
・門人さんたちのお箏のメンテナンスや、小物等の購入。
・私のお三味線の糸巻きの調整。
・小物の購入。
です。

お三味線は、とても繊細な楽器なので、季節や天候、それに日々使っている中で調整が必要になってきます。

昨日は、一の糸巻きが特定のところで緩むという現象の調整だったのですが、「へー!」という考え方で調整をしてくださいました。

それにしても、昨日は道が空いていました。

お昼頃に浦安の方に用事があったのですが、夏休みの日曜日ということで、ディズニーランドのあたりの湾岸線が混んでいると思ったら、なんと、ガラガラ。

その後、浦安から大田区の楽器屋さんに行く時も、とてもスムーズ。

そして、楽器屋さんから前橋に帰ってくる時も、普段は順調で2時間なのですが、昨日は1時間40分。

やはり、コロナ第七波の影響で、みなさんが外出を控えているというのが如実にわかりました。 
4 8月

よくできた竹垣風フェンス

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

我が家は隣の敷地との境界線に、竹垣風のフェンスがあります。
こんな感じの見た目です。

2022-03-27 16.09.29
 
一見、竹に見えますが、これ、樹脂製なんです。
とても良くできていますね。
おかげで、建物周りの雰囲気がとても良くなっています。

そして、この写真の真ん中に写っている紐。棕櫚縄の紐かと思い、
「しばらくしたら、これは切れてくるから替えなきゃな〜」と考えていたんですね。

それで何の気なしにちょっと角度を変えてみると、違和感が、、、

2022-03-27 16.09.34
 
わかりますか?この棕櫚縄風の部品、フェンスの裏側につながってないんです。
表にくっついているだけ。
「えー!?」っておもって触ってみたら、硬い!

この棕櫚縄風のところも、実は樹脂で形をつくった部品だったんです!
本当に、よくできています。

おかげでこのフェンス、メンテナンスフリーでいけそうですね。
タカショーというメーカーの製品です。 
3 8月

「ここに泉あり」をみました

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今回、ちょっと時間があったので、「ここに泉あり」のDVDをみました。

何年前に買ったか忘れてしまいましたが、なかなか時間がとれず、ようやく見ることができました。

若き日の小林桂樹さんや岸惠子さんが出演している、群馬交響楽団の草創期の物語です。

音楽と経済の両立が、一つのテーマになっています。 
これって、今でも解決されないテーマです。

もっと自分自身の音楽を追求していきたいんです。
でも、音楽を続けるためにも、そして生活のためにも、収入を確保しなければならない。
時には、お金のために気が進まない仕事もしなければならない、、、

今の時代は、まだいいでしょうが、ましてや戦後すぐの頃は、食うや食わずやの時代です。
そこで音楽を続けるには、本当に熱い想いが必要です。
でも、想いだけでは生きていけない。

音楽で生きる根源的な課題を、あらためて認識させられました。 
1 8月

円安の値上げ?

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日、私が自分のホームページのために活用しているサービスからメールが来ました。

内容は何かというと、年間使用量の値上げ。
値上げ幅は、約18.5%となります。

メールでは、「これいまで以上に優れた価値を提供できるよう日々努力しています」などと書かれているけど、やはりこのところの円安が原因ではないでしょうか? 

私が使っているサービスは日本発祥ではなく、世界で展開している業者です。
今年に入り、円相場は二割程度下落。
そこで発生する為替リスクを、そのままユーザーに転嫁してきたなと感じます。

私ども一般国民は、こうやって円安の影響をもろに受けます。
政策を決定する方達は、家計の心配などあまりせず、ご自分で管理をしていない人たちかもしれません。
ほとんどの国民が、こうやって無策の影響を受けて喘いでいることを知ってほしいです。


 
ギャラリー
  • 8月16日はお盆休みをいただき
  • 8月16日はお盆休みをいただき
  • 8月16日はお盆休みをいただき
  • 8月16日はお盆休みをいただき
  • 8月16日はお盆休みをいただき
  • 8月16日はお盆休みをいただき
  • 休みという概念がなく、お稽古場にこもって、いきなり鮎がやってきた。
  • 8月5日は、前橋空襲の日でした
  • よくできた竹垣風フェンス
  • ライブドアブログ