hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

群馬県前橋市を拠点とする箏曲家鈴木創の公式ブログです。
箏曲の活動のご案内や報告、そして私自身の日々のことなどを綴っていきます。
29 4月

休止状態のお稽古場。中にはいます。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

4月20日を最後に、お稽古場のお稽古はお休みで、21日から休止状態に入っています。
お稽古場の暖簾も出さずに、こんな感じです。
「音楽教室」も群馬県の休止要請対象ですからね、、、


2020-04-29 14.12.45

近づくと、、、
2020-04-29 14.13.34

そして、「お知らせ」を掲示。

2020-04-29 14.13.28


でも、毎日お稽古場には来ています。
中で動画のことを勉強したり、アプリのことを勉強したり、もちろん、練習もがっつり。
これだけ一定期間にちゃんとした練習ができる機会はそうはありません。

ご用のある方は、入り口の扉を開き、声をかけて下さい。
もちろん、その時はマスクをお忘れなく。 
25 4月

軸足を強くする

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

新型コロナウイルスの影響で、お稽古場のお稽古は5月6日まで休止しています。
でも、自分の練習やら、まちなかの用事やら、やることはいろいろあり、お稽古場には毎日来ています。

今、お稽古場でやっていることというと、
・自分の練習
・秋頃の企画などの立案
・門人さんとの連絡
・「前橋まちなかチャンネル」に関すること
・その他、構想中のまちなかの事業のこと
などになります。

そうすると、
「日本の音をみなさんに身近に感じていただく」
「前橋のまちなかを元気にする」
という、私の活動の2つの軸に関することばかりなんですね。 

時間が増えて、自然と残ったやるべきこと。
それが、自分の活動の中心となることだけに落ち着きました。

まとまった練習をして自分の技術を磨き、まちなかの活性化につながることを行う。
そして、コロナ後の世の中に供える。

こういう時だからこそ、ちょっとしたことに左右されずに、自分の軸足を磨き、強くすることに時間を使えることに気づきました。
23 4月

心救われる一文

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

新型コロナウイルスの影響で、演奏の中止や、お稽古オンラインへの移行、それができない門人さんへの対応の検討など、今までとは異なる状況への対応で、いろいろと戸惑いがありました。

また、「いつまでこの状況が続くのだろう」という言いしれぬ不安感もあります。

一方で、「秋にはこの企画をやろう!」「門人さんとはこのイベントをやろう!」など、コロナの影響が終息したことを前提とすることを考えたりと、前向きになろうともしています。でも、その中で「これ、できるんかな?」という疑問もむくむくとわき上がってきていたりします。

そんな安定していない思考の中、「人類にとっての音楽の必要性」「音楽を仕事としている自分の存在意義」なども考えてしまいます。

音楽は衣食住の様に、生きるために絶対必要なものではないかもしれません。
いわゆる、「不要不急の外出」に当たってしまいます。

自分がやっていることは、社会的に意味があるのか、世の中のためになるのか、そんな疑問もわいてきてしまいます。

そういうことがぐるぐると頭の中をめぐっていると、鉛の塊の様な物体に脳の一部が支配された様な感覚に陥り、心も淀みがちです、、

でも、昨日届いた「ノイエスだより」の一文に心が救われました。

その文章は、筆者が今の時勢の中で感じていることなどを綴っており、途中でちょっと暗い話になってしまっています。
そこで、
「こんな時は、音楽を聴いて心を豊かにしたい」「こんな時だからこそ音楽は心の薬になる」
と書かれています。

この文章が、どんなに私の心を救ってくれたか。
灰色の闇の中で前も後もわからずにもがいている中に、細くても鋭く明るい光明が差したかの様に感じました。

やっぱり音楽は、人の心を豊かにするものなんだ。
改めて、人の心に寄り添い、人を幸せにする音楽を奏でられるように、人格・技術共に磨いて行かねばならないことを認識しました。

※「ノイエスだより」とは。
前橋市元総社町にある「朝日印刷工業」が発行しています。同社は印刷関係からデータ管理・インターネット関連のサービスなどを提供しておりますが、ギャラリーをお持ちになり、文化振興活動にも力を入れています。
 
22 4月

YouTubeの「はじめちゃんねる」

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

先日、YouTubeに「はじめちゃんねる」というチャンネルを解説し、動画を2本アップロードしました。

こちらになります。 

将来像やそういったものは、まだ明確にあるわけではないのですが、今の様に外出が憚られる状況の中で、
・「昔お箏やってたけど、どうやって準備するんだっけ?」といった方が思い出せるような動画
・「お箏って、近くで見るとどんな風になっているんだろう」と思っていただけるような動画
を、ゆるーく追加してく予定です。

一本の動画をそんなに長くしない予定ですので、お気軽にご覧になって下さい。

 
20 4月

オンラインお稽古で得られることや、試してみたこと。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

新型コロナウイルスの影響により、LINEのビデオ通話機能を使ったオンラインお稽古が増えてきました。

オンラインお稽古は、タイムラグがあるために、同時に弾いたり、合奏には不向きです。

ですので、門人さんが弾くのを聞き、「ここはこういう風にして」と指摘したり、私が弾くのを聞いてもらったり、という感じになります。

ですので、曲によってはけっこう時間がかかります。

今日、「夕顔」のお稽古をしたのですが、一時間弱で前唄の3分の1でした。
その分、丁寧にできた感じがします。

自分が弾いていない分、丁寧に聞くことができますし、気になる部分も多いですね。
これは、対面でのお稽古でもいいかも。

また、ご自分の動画を送ってきてくれた門人さんもいらっしゃいます。
私のパソコンの画面でそれを再生し、iPadでテレビ電話をしながらそれを見ながらコメントを付けるということをしました。
動画の主は、「自分のことがよく見える」との感想を言っていました。
やはり、自分が弾くのを客観的に捉えられますね。

そういう面では、オンライン稽古で、私のお稽古のやりかた、客観的に自分を見ること、そういうプラスがありました。

一つ挑戦してみたことが、
・LINEのビデオ通話の「画面シェア」機能を使う
・門人さんが送ってきた動画を再生し、その画面をシェアする
ということをやってみたのですが、動画の音が門人さんにはつたわらないですね。
これができたらコメントするのに便利なのですが、、、 

こういう方法をやっていると、
・送ってもらった動画のチェック
・お稽古時間に合わせてイヤホンをBluetooth接続
・LINEやカメラのチェック
・事前の調絃
など、対面のお稽古よりも手間がけっこうかかりますね。 
18 4月

群馬県も緊急事態宣言の範囲となり、、、

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

猛威を振るう新型コロナウイルスですが、全都道府県が緊急事態宣言の対象となり、そして、群馬県から県の「緊急事態措置」が発表されました。

その中で、床面積の合計が1,000平米以下の「音楽教室」が、使用停止の「特措法によらない協力依頼をおこなう施設」に該当することとなりました。

特例として「100平方メートル以下の施設については、営業を継続する場合にあっては、適切な感染防止対策の徹底を依頼」との記載があり、私のお稽古場は100平米以下ではあります。

しかし、人の移動と接触を抑え、一日でも早く新型コロナウイルスが終息するために、原則としてお稽古場での対面のお稽古を5月6日まで中止することとしました。

その間は、
・オンラインお稽古
・動画や録音をやりとりして電話を使うお稽古
などの方法で、お稽古を行います。

私の当面の行動は、
・朝お稽古場に通勤(車で移動)
・お稽古場では、オンラインなどの方法でのお稽古の対応
・自分の練習
・その他事務作業等
・夜は帰宅して就寝(たまにはスーパーなどで買い物)
といった様になります。

楽観的な私も、さすがにちょっと気分が落ちています。
でも、また、 皆さんとお稽古ができるように行動を考え、自分の力を伸ばしていく時間にしていきます!
15 4月

オンラインお稽古第3弾。イヤホンを使ってみました。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日、3回目のオンラインお稽古を行いました。

前回までの、「iPadのスピーカーの音が割れる」という問題点を解決するために、今回はBluetoothイヤホンを使ってみました。

本当はBluetoothスピーカーに接続したいのですが、マイクがないので通話ができません。なので、LINEのビデオ通話の時には接続出来ないようです。

そうすると、
・通話機能のあるスピーカーを購入。
・Bluetoothイヤホン(またはヘッドホン)を使う。
といった選択肢があります。

前者ですと、そういったスピーカーは基本的にはオンライン会議などに対応しているモデルが多いので、楽器の音を出す音質に不安があります。もちろん、音楽再生に耐えうるレベルのスピーカーもあるのですが、ちょっと高価。AI搭載のスピーカーなどになってしまいます。
ですので、イヤホンにしてみました。ヘッドホンですと、体が動いたときにずれてしまったりする恐れがあるので、イヤホンの方が良いと考えました。
使っているのは、SONYのWI-C310という製品です。

やってみた感想。

イヤホンですので、門人さんの声や音が良く聞こえます。
また、BluetoothですのでiPad本体とはケーブルで繋ぐ必要がなく、体の動きに制約もでません。

ただちょっと気になるのが、耳にイヤホンを付けているので、自分が弾いた音と自分の声がちょっと聞こえづらいですね、、、

でも、これで使う道具や、お稽古の方法など、徐々にやり方がわかってきました。これからの臨時的な一つの方法として、活用できます!
 
14 4月

前橋まちなかチャンネルで、動画配信!

みなさんこんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

この度、前橋のまちなかに縁のある仲間達と「前橋まちなかチャンネル」を立ち上げました。

YouTubeのチャンネルです。

今、新型コロナウイルスの影響で、前橋のまちなかがちょっと寂しい状況になっています。
ここ数年、いろいろな方の努力により、魅力的なお店が増えたり、イベントが開催されたりと、徐々に人の流れが戻って来ていました。
でも、新型コロナウイルスの影響により、一気に10年ほど前に戻ってしまったかのようです。

さらに、今は、まちなかにいる私たちが、「まちなかに来て下さい!」と、言えない状況です。 

でも、今は、ネットを使って情報が発信できる時代です。
そこで、実行委員のみなさんとYouTubeにチャンネルを立ち上げました。
そこで、前橋のまちなかの魅力的なお店や場所・人を発信し、さらにはライブ発信で沢山の方と動画を通じて繋がりたいと考えています。

そして、多くの方に前橋のまちなかの魅力を感じていただき、新型コロナウイルスの影響が落ち着いてきたら、みなさんにまちなかにお出でいただきたいです。

ぜひ、動画を見ていただき、チャンネル登録・高評価をして、前橋のまちなかの魅力を感じて下さい!

チャンネルは、ここです!
 
 
13 4月

新しいコロナ対策グッズを導入しました

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

新型コロナウイルスの対策として、いままでいくつかの方策をお話しさせていただきました。

・アロマスプレーによる対策。
・オンラインのお稽古の導入。

など。

で、この度新しいグッズを準備しました。

じゃーん。

2020-04-13 15.56.45


駅の「みどりの窓口」や、コンビニなどのレジで、お客さんとお店の人の間にビニールシートがかけてある事例を見て考えました。

ホームセンターで売っているバスタオルなどのタオルハンガーに、透明のビニールシートをかけてあります。

これを、門人さんと私の間に置き、飛沫感染の防止を図ります。

2020-04-13 15.56.17

こんな感じです。

私の視点から見た感じが、下の写真です。

2020-04-13 15.56.09

ちょうど、お互いの間に立てることができます。

このビニールシートですが、ホームセンターで、幅60cmの透明テーブルクロスを指定の長さにカットしてもらいました。
厚さは1mmあります、本当はもう少し薄い方が良いのですが、適当な品がなく、、、

タオルハンガーは、商品としては中央部分に横桟があるのですが、邪魔になるので付けませんでした。
そんなに重さがかかる使い方をする訳ではありませんので。

使用感ですが、
・1:もうちょっと高さがあった方が良い。
・2:音が少し聞こえづらい。
という感じです。

1は、このタオルハンガーですが、高さが80cmです。
ですので、ちょうど上の横棒部分が、門人山の目の高さの辺りになってしまいます。理想的には、1メートルくらいのものが良いのでしょう。あ、少し揚げ底にすればいいのかな、、、

2ですが、たったこの1枚のシートでも、音が少し遮られてしまいます。また、自分の音が跳ね返ってくるので、門人さんの音が少し聞きづらくなります。

この状況でもお稽古に来たいという門人さんが少しでも安心して、リスクを低減するための方策です。参考にご紹介させていただきます。

 
 
10 4月

オンラインお稽古第2弾

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日4月10日、オンラインお稽古の2回目を行いました。

1回目の経験を生かして順調にいくかと思ったら、、、

・LINEのビデオ通話機能で、こちらも門人さんも音が出ない、、、
→よって、FacebookMessengerのビデオ通話で実施。

・接続したBluetoothスピーカーから音がでない、、、直前にテストしたのに、、、
→よって、iPadのスピーカーの音で実施。

という予想外の事態が発生。

iPadのスピーカーなので、音が割れてしまい、ちょっと聞きづらいなあ。
なので、こちらの音がどこくらい門人さんに伝わっているのかも心配です。

お稽古の進め方は、同時に弾くのではなく、門人さんが弾くのを聞いて、指摘事項を口で説明しながら僕が弾くのを聞いてもらう、というスタイルでした。これは、うまく行きましたね。

・ノートパソコンの画面に大きく門人さんが映る。
・Bluetoothスピーカーから音が出る。 

この2つができる方法はないかなあ、、、、
やっぱりZOOMがいいのかなあ。 
ギャラリー
  • 日常に近づくけど、、、
  • お稽古の再開の考え方
  • Zoomを使ったオンラインお稽古
  • Zoomを使ったオンラインお稽古
  • Zoomを使ったオンラインお稽古
  • おことの楽譜の読み方。動画編。
  • 鉄子さんの誕生日。千代田町のテイクアウト。
  • 鉄子さんの誕生日。千代田町のテイクアウト。
  • 休止状態のお稽古場。中にはいます。