hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

群馬県前橋市を拠点とする箏曲家鈴木創の公式ブログです。
箏曲の活動のご案内や報告、そして私自身の日々のことなどを綴っていきます。
24 3月

趣ある桐生教室。ぜひお気軽にお問い合わせください。絹撚記念館にも行ってきました。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は桐生教室のお稽古日でした。

午後から桐生に移動し、早めについたので、ちょっとこんな建物を見学。

2021-03-24 15.53.44

2021-03-24 16.14.28

2021-03-24 16.14.41

桐生駅の南口近くにある「絹撚記念館」です。
大正6年に建設された「旧模範工場桐生撚糸合資会社事務所棟」で、桐生市の重要文化財に指定されています。
かつては、現在の桐生駅の南口一体は、すべて桐生撚糸の工場だったとのことです。

桐生はかつての織物の町繁栄を伝える建物がたくさんあります。
前橋は、残念ながら空襲によって焼かれてしまい、そういった建物が残っていません。

私が使わせていただいている桐生教室も、古民家をカフェに再生した建物で、とても趣があります。
月に3回、水曜日にお稽古をしております。
桐生方面の方、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。




 
22 3月

4月4日美登利会です

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

昨日は、三代目若柳吉駒先生と、合わせでした。

本番は、4月4日、前橋市民文化会館(昌賢学園まえばしホール)です。

前半は直派若柳流のみなさんが出演され、後半の吉駒先生のリサイタルとなっております。
私は、リサイタルで地方を務めさせていただきます。

演奏曲は、お箏で「千鳥の曲」と、お三味線で「万歳」です。
「万歳」は山田流の曲ですが、それを生田流の私が演奏させていただきます。

舞台の演出で、スモークを使う様で、私も初めての体験です。
どんな幻想的な舞台になるのでしょうか!!

そして、司会は元NHKアナウンサーの葛西聖司さん。
他の都内での演奏会で葛西さんのお話をお伺いしたことがありますが、とてもわかりやすく聴きやすかったです。それが前橋で聞けるのは、とても貴重な機会です。

ご来場の方は、チケットありますので、私に連絡をください!

info.hajimechan@gmail.com
027-212-7284 

踊りの方と下合わせをすると、いつも関心することがあります。
それは、いつも一回で終わることです。

楽器同士ですと、「ここはどうしようか」「あそこはああしたほうがいいよね」ということがはじまり、けっこう時間がかかります。

でも、踊りの方は合わせの前にきっちりと完成させていらっしゃるので、一回なんです。
そこまでの準備の積み重ねがすごいんでしょうね。

ぜひ、ご来場下さい。
出演者一同、感染症対策を行った上で、みなさまをお迎えいたします。

開演:13時30分
入場料:2,000円 
21 3月

ハイブリッドエレキ箏:その4

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は、ハイブリッドエレキ箏でいろいろと遊んでみました。
前回は、録音の方法をいくつか試してみましたが、今日はそこにエフェクターを入れてみました。

また、Macについているソフト、GarageBandも試してみたので、合わせてお話をさせていただきます。

システムの構成は、
ハイブリッドエレキ箏 → バッファー → エフェクター → USBオーディオインターフェース → MacBookAir 
となっています。


一部、コンデンサーマイクを併用した録音もあります。
説明があるファイル以外は、QuickTimePlayerを使って録音をしております。

・その7:まずは、「さくらさくら」をラインとコンデンサマイクを併用した録音です。こちらからお聴きください。

・その8:次に「六段の調」の初段を、ラインとコンデンサマイクを併用して録音しました。こちらからお聴き下さい。

・その9:ここからがエフェクターの出番で、「メタル」です。最初が「さくら」で、途中から「六段の調」になります。お箏の後押し(右手の爪で音を出した後に左手で押してをして、余韻の音を上げる)が、「キュイーン」となっていて、エレキギターみたいになっています。こちらからお聴きください。

以下、エフェクターでいろいろと音を変えてみた音源です。
その10
その11

・その12:次は、「heavy」というバージョンなのですが、途中で絃を叩いてみたり、爪の脇で糸を擦ったりする遊びも入れてみました。こちらからお聴きください。

・その13:「delay」という機能を使っています。こちらをお聴きください。

・その14:これは、「13」を弾いていたときに、「これ、和音でやったらどうなんだろう??と思い、ある曲の一部で和音で「さくら」のメロディを表現している部分があるので、そこを「delay」で弾いてみました。こちらからお聴きください。なんか、幻想的というかなかなかカオスになってきていますね。「delay」は、次の音を弾くタイミングがわかんなくなってきます、、、

・その15:ちなみに、「14」は、エフェクターをかけないオリジナルは、この様になっています(録音は別々に弾きました)。

・その16:「autoriff」です。「さくら」のはずですが、もうわかりません(笑)こちらからお聴きください。途中で、「どうしようかな?」って迷っている間があります(笑)

・その17:これは、曲やメロディを弾いていません。ペダルを使いました。弾いた後の、余韻のボリュームをペダルを使って大きくしたり小さくしたりしています。途中で一回、弾き直しています。こちらからお聴きください。

・その18:これは、「六段の調」初段の一部の多重録音です。「GaregeBand」を使いました。最初に「本手」を録音し、それを聴きながら替手を録音し、一人で合奏してみました。こちらからお聴きください。

ここまで4回のシリーズをやってみて、「ハイブリッドエレキ箏」でどんなことができるかの概略がわかってきました。

また、どんな機械が必要なのかもわかってきました。

ただ、ここまでは音の調整はしておりません。なので、電子音ちっくであったりする部分もあります。今後の研究ですが、ミキサーなどを使って、どんな音を作っていくのかというのが、次の段階になります。

「六段の調」の多重録音をしてみましたが、やっぱり合奏は相手がいるのがいいですね。音のやりとりとか、間や空気の作り方は、やはり、相手がいてできるものです。



 
20 3月

万年筆の調整に行き、

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

先日、万年筆の調整をしました。
「しました」と言っても、自分でしたわけではありません。
買ったお店に持っていき、調整していただきました。

2021-03-20 20.00.26


私は、手持ちの万年筆のほとんどを、この10年程はある決まったお店から購入しています。
そのお店は、アフターサービスとして、メンテナンスを無料で対応してくれます。

今回は2本の万年筆を持ち込み、一本はインクフローを少し良くしてもらい、もう一本はインクフローを少し絞ってもらいました。

同時に、キャップの中の掃除や、インク漏れがないかの確認もしてもらいました。

作業をしながらいろいろと雑談をしていると、いろいろなことを教えていただきました。

もちろん、キャップの掃除の方法や、インク漏れの確認の方法などもあります。
そのほかに、生産中止をしてしまったメーカーのその後のことや、いくつかの万年筆についての店主の見解、使っていく上の注意事項など。

そのお店は、今は感染症対策で、予約制となっています。ですので、店内にいるお客さんは私だけ。

以前は、用事があるお客様が行列を作っていました。

なので、今回はそのころよりもはるかにゆっくりと店内を見回し、お話ができました。

ある分野の専門家と話をするのはいいですし、好きなものに囲まれた空間でのんびりする幸せな気持ちに浸りました。 
19 3月

前橋中心市街地の再開発について

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今朝の上毛新聞に、前橋市の中心市街地の再開発のことが掲載されていました。
ネットでもこちらで記事を読むことができます。

この再開発について、私は2018年10月の上毛新聞で初めて知りました。
それから約2年半経ち、ようやく基本構想がまとまったとのことです。

私は地権者ではありませんので、再開発組合には直接の関わりはありません。
場合によっては、再開発が成功して土地の評価額が上がった場合、私が支払う固定資産税の負担が増えるかもしれないという、個人的な心配はあります(苦笑)。
しかし、前橋の中心市街地の活性化を願う私は、基本的にこの再開発に賛成です。

なぜなら、「昼間の目的ある来街者が増える」と考えるからです。

今の前橋のまちなかは、どうしても飲食店中心の「夜の街」というイメージがあります。飲食店は、個性ある頑張っているお店が増えています。
これからの更なる活性化に必要なのは、昼間に買い物やサービスを受けることができるお店が増えることです。
卵が先か鶏が先かの議論もありますが、そのためには昼間に用事があってまちなかに来る人が増えることが必要です。

スズランがリニューアルされれば、話題性や新たなテナントなどを目指してお客様が増えるかもしれません。
また、前橋市立図書館や、学校などができれば、そこに人が集まります。

特に図書館について、現在群馬県は、「県有施設のあり方見直し」を進めており、その中で群馬県立図書館は、「群馬県立図書館と前橋市立図書館のサービスの重複の解消」「両図書館の合築による再整備の検討」といった方向性を打ち出しております(令和3年3月5日「県有施設のあり方見直し最終報告案の概要」)。

ですので、前橋のまちなかに、県立図書館と市立図書館の、一般貸し出しや研究学習支援などの機能を統合した図書館ができる可能性に期待します。

手元の資料によれば、群馬県立図書館は、平成30年度1年間で25万5千人の利用者の実績があります。ネットの情報によれば、前橋市立図書館本館の2015年の貸出利用者数は約12万人です。ですので、計37万5千人に近い来街者が生まれる可能性があるのです。

そして、学校の誘致や業務施設の招致に成功すれば、昼間の人口が飛躍的に増えます。

人が増えたら、次に必要なのは「回遊性」です。

人が増えればそれに連れてランチの需要や、日用品の買い物需要が高まります。
そうすれば、新規出店も見込まれるのではないでしょうか。
それらのお店が魅力ある運営を続ければ、回遊性が生まれます。

ひょっとしたら、この再開発は、前橋のまちなかが元気になる大規模事業の最後のチャンスかもしれません。実現を期待します。

そして、かつてはまちなかにあり、敷島町に移転してしまった小石神社を、この再開発の中で、分祀でもいいので、まちなかに戻してほしいです。







 
18 3月

ハイブリッドエレキ箏:その3

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

ハイブリッドエレキ箏の紹介シリーズ第3回です。

今回は、コンデンサーマイクを使って録音をしてみました。
使っているマイクは、オーディオテクニカのAT2035です。


2021-03-18 10.31.26


前回と同じく、音の比較をしてみます。

まずは、前回の「その3」と同じデータで、ハイブリットエレキ箏の音を直接録音した音です。
その3:こちらからお聴きください。

その4:マイクだけで録音した音です。こちらからお聴きください。

その5:マイクとハイブリットエレキ箏の音を両方入れた音です。こちらからお聴きください。

その6:「その5」と同じですが、マイクの場所を、お箏の龍尾側に置きました。こちらからお聴きください。

「3」はやはり、電子音っぽさがどこかにあります。

「4」は綺麗に録れていますが、「5」「6」と比較すると、音が少し遠くにある様な感じがします。

やはり「5」「6」は、「3」「4」と比較すると、音の厚みやクリア感がありますね。

「5」と「6」を比較すると、マイクの場所を変えただけで、「6」の方が低音部が強くなっていいます。

このほかに、歌を入れた録音もしてみたのですが、マイクとエレキを併用したら、自然に違和感ない音となっておりました。

このハイブリットエレキ箏を使い、マイクとエレキの併用の録音が一番いい音になりますね。
 
17 3月

ハイブリッドエレキ箏その2

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

先日紹介したハイブリッドエレキ箏ですが、今日は、録音に挑戦してみました。

いくつかの方法を試してみたので、音を聴き比べてみて下さい。

その時の様子は、こんな感じです。

2021-03-17 18.31.02

お箏の向こうに、右からUSBのマイク、MacBookAir、オーディオインターフェースが並んでいます。
オーディオインターフェースは、RolandのRubix22です。
2021-03-15 13.36.45

Mac側は、全てのパターンでQuickTimePlayerを使って録音しております。

各パターンの音をお聴きください。

1つ20秒程度で、m4a形式のファイルとなっております。
Dropboxにアップしたファイルを共有する方法となっています。


パターン1:MacBookAir内蔵のマイク
音声はこちらからお聴きください。 

パターン2:USB接続のマイク(BLUE)
音声はこちらからお聴きください。 

パターン3:お箏から直接ケーブルで接続
音声はこちらからお聴きください。 

「直接ケーブルで接続」と書きましたが、厳密には、
「お箏」→「バッファー」→「USBオーディオインターフェース(Roland Rubix22)」→「MacBookAir」となっております。

聴き比べると、「1」と「2」はやはり「2」の方がお箏の音がよりクリアに撮れていますね。

「3」はやはり音が一番クリアですが、爪が糸に当たる音(振動)なども拾っています。弾き始める前に爪が糸に当たってしまった音を、律儀に拾っていますね。また、やはり全体的に電子音的な感じもします。

マイクを使うと、その場の空気感の様なものも伝わってきますし、音の余韻も録音できます。
しかし、録音の時に、外部の音などが入らないか気になってしまいます。

「3」の場合ですと、雑音は気にしなくても良いですが、爪を当てる音などが気になります。
また、これは当たり前ですが、歌のある場合はどうしたら良いのかも考える必要がありますね。
歌をマイクで拾った場合、そのマイクがお箏の生音も拾ってしまいます。

ですので、音をどういう目的で使うのか、どういう音が欲しいのかといったことで、適した方法を見極めることが必要ですね。ハイブリットエレキ箏があることによって、選択肢が増えるというのは素晴らしいことと思います。DTMもしやすいでしょう。そこまでやると、マイクアンプやミキサーなどが必要になってくるのでしょうか、、、(苦笑)

USBオーディオインターフェースがあるので、次は、ケーブルと、コンデンサーマイクを同時に接続して録音してみたら、どんな音になるのかも試してみます。

さらに、ケーブルからエフェクターを経由した音などもみなさんにお聞かせしたいとも考えております。

アンプ・エフェクター・マイク・マイクアンプなどの知識がないので、いろいろ試行錯誤しております。




 
16 3月

3月19日「まえきSpringコンサート(第4回)」のご案内

こんにちは。群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

私が関わる「前橋まちなか音楽会」関係のイベントの紹介です。
前橋駅に「まちなかピアノ」が設置されており、多くの方がピアノに触れて下さっています。
そして、「まえきフェス」などのイベントも開催されておりますが、イベントが継続的に開催されることとなりましたので、ご案内いたします。

まえきSpringコンサート(第4回)

日時:3月19日(金)17時~19時

場所:JR前橋駅特設会場


内容:前橋駅に設置された「まちなかピアノ」を使った、前橋に関係した演奏者によるコンサート。


1:17時~17時半:まちなか音楽祭バンド/森村恭一郎ジャズサックスカルテット

演奏者:森村恭一郎(サックス)。内藤かおる(ピアノ)。山下廣行(ベース)。高橋和美(ドラム=スネアドラムのみ、ワイヤーブラシで小音量で演奏)


2:17時半~18時
・フルートアンサンブルからっ笛(
本橋栄子・中澤美知代・栗原俊博・伊藤章)

・トリオ木村碧生(フルート)・阿部和輝(ファゴット)・小林渉(ピアノ))

 

3:18時~18時半:小板橋門下生の演奏
ピアノ独奏:舩津愛美(ふなつあゆみ/小学校1年生)
・歌:戸部雪乃(とべゆきの/大学1年生)
・合唱:斉唱(幼中~大1の8名)
・ピアノ独奏:岩元莉子(いわもとりこ/中学2年生)

 

4:18時半~19時:ピアノ独奏 

・演奏者:小暮里緒(こぐれりお/東京音大付属高ピアノ演奏家コース3年)

新型コロナウィルス対策のために会場が密にならないように配慮して椅子は設置されませ
ん。
 
・次回は、4月9日に開催予定です。 

 

15 3月

4月4日美登利会のご案内

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

4月4日に開催される、「第77回直派若柳流美登利会」に出演させていただきます。

時:令和3年4月4日(日)開演13時30分
会場:昌賢学園まえばしホール大ホール(前橋市民文化会館)
入場料:2,000円


2021-03-15 08.56.47


美登利会は、昭和12年に日本舞踊の初代若柳吉駒先生が、現在の住吉町にある愛宕神社脇にありました「柳座」で開始された、歴史ある会です。

現在は、初代のお孫さんにあたる三代目若柳吉駒先生が中心となっております。

プログラムを拝見したところ、前半はお弟子さんたちが出演され、
後半が「三代目若柳吉駒リサイタル」となっており、私はそこに出演させていただきます。

そして、後半の司会は、なんと、葛西聖司さん!
元NHKのアナウンサーで、現在は伝統芸能の解説者としても活躍されていらっしゃいます。

2曲出演させていただきますが、そのうち一曲は山田流の曲で、かつ現在出版されている楽譜がないという曲のために、なかなか準備に手間取りました。

歴史ある会で務めさせていただくことに、大変責任を感じております。
精一杯務めさせていただきます。

ぜひご来場ください。
なお、私のところでもチケットの扱いをしております。

出演者・関係者、感染症防止策を行います。
お客様にも、マスク着用や、入場時の検温・手指の消毒をお願いいたします。

電話:027-212-7284
メール:info.hajimechan@gmail.com



 
14 3月

ハイブリッドエレキ箏

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今回、新しいお箏を導入しました。

なんと、「ハイブリットエレキ箏」なんです!

なにがハイブリットかというと、普通のお箏としての機能と、エフェクターやアンプに接続できる「エレキ箏」としての機能を両立させています。

IMG_4837

お箏の裏にケーブルを接続できるようになっています。

IMG_4838 2


そして、このケーブルを、アンプやエフェクターに繋げればいいんですね。
バッファーが付属しているので、必要であればバッファーも経由できます。

大きな会場でマイクを使う場面でも、マイクは必要ありません。

また、USBオーディオインターフェースなどを使えば、音をパソコンなどに取り込むことができ、録音などもかなり楽になります。

ただ、まだ不慣れなので、爪が糸に当たる音を拾ってしまったり、どのあたりでどの程度の力で弾いたら効果的なのか、まだ試行錯誤です。

そして、アンプやエフェクターといった機会に不慣れなので、その面も勉強も必要です。

お箏の活用場面を広げてくれる可能性をもっていると感じています!

紹介動画を作ってみたので、どうぞご覧ください。


 
ギャラリー
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました