hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

群馬県前橋市を拠点とする箏曲家鈴木創の公式ブログです。
箏曲の活動のご案内や報告、そして私自身の日々のことなどを綴っていきます。
17 6月

「うぶすな」

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

先日、ひょんなことから「うぶすな」という冊子をいただき、目を通しました。
この「うぶすな」は、首都圏在住の群馬県出身者や群馬県ゆかりの人の団体である「群馬県人会連合会」の会報です。同会は、一般財団法人の法人格を取得しており、役員さんの中には、私も面識のある方が何人かいらっしゃいます。


2020-06-17 09.07.24


「うぶすな」を読んで感じたことは、東京などで活躍している群馬県出身の方や、都内で開催されている群馬県関係のイベントなどの情報が、集約されていることです。

群馬にいると、上毛新聞で、
「群馬出身の〇〇さんが、何某会社の社長に就任」
「群馬をPRするイベントを、何処何処で開催」
などの記事を散発的に見ることはあります。

これだと、あまり記憶に残らないんですね。

それが、「うぶすな」はそういった情報が比較的集約されていますから、わかりやすく感じました。

群馬にいながらわからない、群馬県縁の方の活躍を、知ることができます。

私共群馬にいる者は、都内などで活躍されている方が、群馬を故郷として誇れる場である続けられるように、日々精一杯生きていかないと。

群馬県人会連合会は、充実したサイトがありますので、ご興味のある方は検索されてみて下さい。
 
15 6月

久しぶりの休暇

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日14日は、久し振りにお休みをいただきました。
前の晩がちょっと夜更かしをして、14日はそのまま目が覚めるまでベットの中。
目が覚めてからも、ベットでごろごろ〜

その後も、YouTubeで動画を見たり、テレビをみたり、、、
そんな風に一日を過ごすのは久し振りでしたね。

さて、今日から水曜日までは、お稽古が入っています!!
頑張るぞ! 
13 6月

新しいスタイルの企画

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今、新しいスタイルの企画を検討しています。

「公演」という形式ではなく、お客様にお箏のことや地歌の世界観を味わっていただける内容です。
今までは、演奏がメインで、解説がついて来るという感じでしたが、今考えていることは、プレゼンや解説が主で、それに基づいた演奏がある、という感じです。

日程は、9月20日です。

本来、その日は、群馬県富岡市での演奏を企画していました。
それまであと3ヶ月。
いろいろ具体的なことを考え始めなければならない時期に来ました。

でも、新型コロナウイルスの第二波や第三波がいつくるかわからない中で、多くの人に集まっていただくことを呼びかけるのが、憚られる状況です。

それに、共演者の方に声をかけ、事前に下合わせをすることもためらわれます。

そんな中、9月20日のことを一緒に企画していたアトリエミストラルさんと電話で相談し、アトリエミストラルを会場として、地歌箏曲の世界観を感じていただく内容に変更しました。

お客様が集中しない様に、一日に何回か開催し、お客様は都合の良い時間に来ていただきます。もちろん、会場の定員は予め決めておきます。
会場内は、私とお客様、それにお客様同士の間隔を十分に確保します。
可能であれば、ネットで配信を行います。
もし、新型コロナウイルスの第二波や第三波がきた場合は、ネット配信限定にもできます。
そして、時間も演奏の公演よりは短め。


そういった対策を取りながら、お客様に地歌箏曲の世界観を感じてもらう内容を、今から作って行きます。
詳細が決まりましたら、お伝えいたします。




 
11 6月

日産シーマ

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

最近、ネットニュースで、女優の伊藤かずえさんの話題を見ました。
愛車、初代日産シーマ(Y31)を平成2年(1990年)から今でも乗っていらっしゃり、走行距離は265,000kmになるそうです。
その間、エンジンを1回載せ換え、エアサスも2回替えているとのこです。 
すっごい、Y31シーマ愛ですね。

このニュースを見て、とっても懐かしくなりました。
私の実家にも、祖父の車として、初代シーマがありました。
ボディカラーは黒。

このシーマ、当時の国産車にはない雰囲気がありました。
丸みを帯びながらもシャープなデザイン。
独特の輝きのある塗装がもつオーラ。
そして、ボンネット先端に輝くアカンサスマーク。

私、けっこうこの車が好きだったんです。
で、平成8年の夏に免許を取ったときに、祖父のシーマを狙っていたんです。
そのシーマは昭和63年か平成元年式でしたから、すでに7〜8年前の車。
おまけに、祖父はその頃、他の車を自分のファーストカーにしていました。
ですので、ちょうどいいのかな〜とも思っていたんです。

車は法人名義でしたので、簿価で買い取ってもいいと思っていました。でも、祖父は公私の区別をつけたのでしょうか、私の願いはいつのまにかうやむやになってしまいました。

私の車歴のスタートがもしY31シーマだったら、その後の好みも変わっていたのかもしれません。ひょっとしたら、今でも乗り続けていたかもしれません。
実際には、数年間はマニュアルの車を乗り続けていました。

シーマもモデルチェンジを行い、大分大きくなり、デザインの雰囲気も変わっていきました。
2代目以降のシーマは、私の心に引っかかってきません。

奇しくも、今乗っているメルセデスベンツCクラス(W204)とY31シーマは、ほぼ同じ大きさ。

このくらいの大きさのセダンが、私の好みなんでしょう。

昔のことが、懐かしく思い出されました。

 
11 6月

対象譜の作成

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、対象譜の作成を行いました。

なんじゃらほい?と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

お箏やお三味線の楽譜って、大規模な合奏曲は別として、2〜3パートの合奏の曲でもけっこうパート譜が多いんです。

ですので、普段は、相手のパートのよく注意すべきところを、書き写したりしています。
でも、曲によっては、全体が対象譜になっていた方が便利な場合もあります。

そういう時は、自作をします。

手順は以下の通り。

1:楽譜をコピー
2:楽譜を一行ごとに短冊状に切る。
3:B4サイズの紙に、短冊状に切った楽譜を、「本手1行目・替手1行目」、次は「本手2行目・替手2行目」の様に、対象譜の順番になるように並べて糊付け。
4:対象譜の1行ごとが分かるように、太い線を記入。
5:ページ数を記入
6:糊付けが終わったら、B4の紙にコピー
7:製本

という流れになります。 

2020-06-11 16.26.46

この作業中、2の時には、短冊になった楽譜が混ざらないように気をつけなければなりません。
また、3の時には、順番を間違えない様に確認しながら行います。
なので、けっこう時間がかかるんですね。

でも、出来た後は、合奏のお稽古の時など、便利ですね。

ー注意ー
楽譜のコピーなどは、著作権の関係で問題があります。
ですので、これは私が自分で使うためだけに作っております。
ご注意下さい。


 
5 6月

新しい装備を導入

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

この度、新たな装備を導入しました。


2020-06-05 13.49.27


写真がわかりづらいのですが、透明のアクリル板です。
サイズは、幅が700mmで、高さが900mm。下は100mm開いています。
アクリル板の厚みは5mm。

お稽古の時に、門人さんとの間に立てて、感染症対策に使います。

今までは、タオルハンガーに透明のテーブルクロスをかけたものを自作して使っていました。
しかし、高さが低いこと、まわりのフレームがごつくて死角が生まれること、透明のシートが徐々に白くなってきて、向こう側か見づらくなってきたこと、それに、ぺらぺらしているので拭きにくいこと、などに不満がありました。

こういった道具を使うのは短期間かと思っていましたが、どうやら中期的になりそうなので、思い切ってオーダーしました。知り合いの紹介で、前橋市内の「斎藤プラスチック工芸」さんにお願いしたところ、月曜日にお願いしたら、本日金曜日には納品となりました。

2020-06-05 13.49.09
較べると、左が新しいもので、右が従来使っていたものです。
新しいパーティションには、外部の光が反射してしまっていますが、実際はもっとクリアです。
 
3 6月

LINE公式アカウント

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今は、インターネットに様々な情報発信手段があります。

ぱっと思いつくだけでも、
Facebook
Twitter
Instagram
ブログ
LINE
YouTube
メルマガ
これくらいありますね。
しかも、どれもが無料でできます。

ただ、それぞれ一長一短あります。
例えば、SNSは情報が埋もれてしまい、伝えたい相手に伝わらない可能性もあります。
 
特定の相手にしっかりと伝えたい。
そのためには、LINEの公式アカウントやメルマガがいいのでしょう。

ということで、ここ最近放置しがちであったLINE公式アカウントの配信を増やして行きます!

元々公式LINEは、演奏や出演の情報をお伝えするために開始しました。
でも、今の様な状況ですと、お伝えする情報がなかなかありません。

そこで、私のことをもっと知っていただけるような内容を公式LINEでお伝えしていきます。

週に1回から2回程度、配信していきます。

まだ登録していない方は、どうぞお気軽に登録して下さい。
下のリンクをポチっと!

友だち追加 
3 6月

にこにこ顔の高校生たち

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、桐生教室でのお稽古でした。

桐生は3月下旬以来、約2ヶ月ぶりです。
会場を借りている方と久し振りにお話しをしたり、お互いの近況報告をしたり。

それもよかったのですが、桐生教室に向かっている時に、たくさんの制服を着た高校生を見ました。
ちょうど下校時間だったのでしょうか。

その高校生達、友達と一緒に楽しそうに歩いていました。
きっと、久し振りに制服を着て、久し振りに学校に行き、久し振りにおしゃべりをしたのでしょう。
本当に、にこにこ顔の高校生がたくさん。

そんな姿を見て、私も心が元気になりました。
ようやく取り戻しつつある日常。
大切にして行きたいですね。 
25 5月

伸ばす

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

このところ、門人さんとのお稽古を再開しつつあります。
一部、ご家族の事情などでオンラインを継続している門人さんもいらっしゃいますが、徐々にお稽古場にいらっしゃる方も増えてきました。
6月に入れば、お稽古はコロナ前の状況にほぼ戻りそうな感じがします。

あとは、演奏やイベントなどをどうするか。
また、ネットを使った発信などが新たな課題です。

やはり、対面でのお稽古は、オンラインではわからないところもわかるし、伝えたいことも伝えやすいですね。
ただ、オンラインのお稽古で得たこともあるので、それを徐々に対面でのお稽古に活用しています。 

このように、コロナの自粛期間中に学んだことがいくつかあります。
お稽古の方法もそうです。

それに、久し振りに自分と向きあった時間もありました。
その中で、これからの自分の方針を考えました。

・良い所を伸ばす
・だめなところは変える
・ないものは無理に求めない

です。

自分で感じるだめなところは、せっかちだったり早口だったり、それとせっとで体が力んでしまうこと。また、思考の言語化が足らないところ。
ないものは、ユーモアのセンス。

そうやって、これから自分の人間性を磨いていきたいと考えています。
 
21 5月

苦渋の決断

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日から今日にかけて、辛い決定をして、それに伴う諸連絡に追われました。

8月に、ある著名な方を前橋にお呼びして公開講演会を開催する予定でした。

私の中では5年ほど前から構想しており、今年漸く実現に向けて動いていました。

その方へオファーをするために、いろいろな方にご尽力いただいたり、
細かい準備のために実行委員会を立ち上げて10名ほどの方に協力いただいたり、
いくつかの企業や団体、学校法人、さらには市の教育委員会にも協力いただく体制を整えました。 

しかし、新型コロナウイルスのリスクを防止するために、中止を判断しました。

数年間かけてきて温めてきた想いや、ここまでいろいろな方に動いて頂いた労力、それを思うと、本当に残念です。「断腸の思い」という言葉の意味を、自分の内臓に感じた痛みで実感しています。

でも、うまく行けば、来年仕切り直して実現できそうです。
何年も待ったんだから、あと一年くらいは、待てるかな。
来年は実現するぞ!!

 
ギャラリー
  • 猛暑に皮も悲鳴を上げたか!?
  • 猛暑に皮も悲鳴を上げたか!?
  • 猛暑に皮も悲鳴を上げたか!?
  • なんかもったいない
  • 一人ドライブで悲愴を楽しむ
  • 千代田のお店
  • 千代田のお店
  • 桐生のギャラリー禅林で、お祭りの情熱が沸く
  • 桐生のギャラリー禅林で、お祭りの情熱が沸く