hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

群馬県前橋市を拠点とする箏曲家鈴木創の公式ブログです。
箏曲の活動のご案内や報告、そして私自身の日々のことなどを綴っていきます。
27 7月

今週の予定(7/27〜8/2)

皆様、暑中お見舞い申し上げます。
当所前橋市は全国的にも暑いことで名前が出てきていますが、
暑さに負けずに頑張りましょう!

さて、今週の材室予定です。

7/27(月):います

7/28(火):います

7/29(水):います。1730以降は不在となります。

7/30(木)
午前:不在
・午後:います

7/31(金)
午前:不在
・午後:います

8/1(土)1430以降不在

8/2(日)
・います
・夕刻から、和心会が教室を置かせていただいている「千代田町四丁目」の納涼祭に参加し、
演奏をさせていただきます。 
24 7月

お箏っていくらぐらいなの??

皆さんによく聞かれる質問があります。

「お箏っていくらぐらいかかるの?」
「すっごい高いんでしょ?」
「お稽古ってお金がかかるんじゃないの?」

といった質問です。

結論から先に申し上げると、ぜーんぜんそんなことはありません。
他にもいろいろな習い事やお稽古事はありますが、
おそらく、金額的にはあまり変わらないと思います。

では、詳しくご説明いたします。

1:楽器の値段

55

国産新品で、一式8万円程度から揃えることができます。
もちろん上をみればキリはないですが、通常の練習などで使う楽器であれば、
そんなに高いお金を出すことはありません。
また、その金額には、
・柱(じ。胴と糸の間の、糸を支えているもの)
・琴台(きんだい。箏の左下で箏を支えている台)
・譜面台
を含んでいます。

また、「最初は楽器を買わずに試してみたい」という方には、リースもあります。
1ヶ月3,000円程度です。

さらに、「家に使っていない楽器がある」「親戚から使っていない楽器をもらえる」などの場合は、
糸を張り替えたり、傷んでいる部分をメンテナンスするだけで、
また再利用できる可能性が高いです。
15,000円から20,000円程度でメンテナンスができます。
「母や祖母が使っていた楽器がある」
「昔やっていたけれど、またやってみたい」
という方にお勧めの方法です。

注:写真は、私の楽器のため、新品ではありません、、、
母から受け継いだ、50年程度前のものです。


2:初期費用

「和心会」では、一般の大人の場合、初期費用として20,000円をいただいております。
それには、下の写真のものが含まれています。
注:10歳以下のお子様や、経験者で道具を持っている方はもっと低料金です。

42

・「宮城道雄小曲集」(初心者が初歩の基礎を勉強するための楽譜)
・調子笛(チューニングする音が出る笛)
・爪と爪輪(爪輪は指のサイズに合わせて選んでいただきます)

「和心会」で使用している爪は、「宮城型」といって、
私が所属する流派である「宮城派」の爪です。
象牙でできており、薄いので、値段はちょっと高めですが、
一回購入すれば、かなりの長い間使い続けることができます。


3:お月謝

「和心会」の月謝は、楽器一種類のお稽古であれば、
お稽古月3回で8,000円
お稽古月4回で10,000円
となっております。

ほとんどの方は、「月3回」ですので、楽譜代などを含めて、
1ヶ月に1万円くらいの感覚です。


まとめますと、
・最初に新品で全て購入すると、10万円ちょっと
・その後は1ヶ月に1万円くらい

という金額を想定して下さい。

ネットでみてみたら、楽器の値段は、電子ピアノなどと同じくらいなんですね。

詳しくは、遠慮なくお問い合わせ下さい。

 
19 7月

一週間の予定(7/20〜7/26)

明日からの一週間の予定を掲載いたします。

なお、流動的な予定がありますので、急に不在となる時間もあります。

7月20日(月):東京出張のため、終日不在。 
7月21日(火):います。夕方、出張お稽古で不在。終了後、戻ります。
7月22日(水):います。
7月23日(木):16時30分までいます。
7月24日(金):います。
7月25日(土):
・午前:います。
・午後:不在。
7月26日(日):東京出張のため、終日不在。 
13 7月

今週の予定(7/13〜7/19)

おはようございます。

前橋七夕まつりも、無事に終了しました。
4日間ともに天候に恵まれ、今年の七夕はお客様も多かった様な気がします。 

さて、今週の予定です。
東京出張が入る可能性がありますが、まだ日程が決まっていません。
決まりましたら、お知らせいたします。 

ちなみに、来週20日の週は不在が多くなってしまいそうです、、、

7月13日(月):います。1130〜1400頃不在。
7月14日(火):います。
7月15日(水):います。
7月16日(木):います。
7月17日(金):います。
7月18日(土):います。16時以降不在。
7月19日(日):います。
 
8 7月

第65回前橋七夕まつり

明日7月9日(木)〜7月12日(日)の間、和心会のある前橋市千代田町では、
第65回前橋七夕まつりが開催されます。 

nanachan15 - mini

本日8日(水)は、開催の前日ということで、
七夕飾りの準備が行われ、
定休日が多い水曜日にもかかわらず、
関係の方たちなどで、賑やかな一日となりました。

昼食がてら、まちなかを軽くまわり、飾り付けの状況を見てきました。

21
弁天通りの様子。


 17
中央通りの様子。

 33
銀座通りの様子。

39
銀座通りの竹は、こんな風にして立てられています。
いつもは「七夕」と書いていある閉めっぱなしの蓋も、この時は開けられ、活用されます。 

59
和心会の目の前オリオン通りは、福祉施設の飾りが並びます。

そして、ちょっと細かいお得な情報。

一つ目。
七夕まつり初日の9日(木)は、飾りの審査が行われるために、露天が出ないそうです。
露天は10日からだそうです。
ということで、ちょっと落ち着いて見たいという方は、9日がおすすめですかね。
もちろん、お祭りの雰囲気を楽しみたいという方は、10日以降にお越しください。

二つ目。
七夕まつりといえば、浴衣(ゆかた)です。
元気21では、着付けの無料サービスも行っているそうです。
でも、浴衣は着崩れることもあります。
そんなとき、着崩れた浴衣をなおしていただけるサービスもあるそうです!

7月12日(日) 12時〜随時。 前橋まちなか音楽館 にて。
こちらのブログをご覧になってください。

では、皆様是非、前橋七夕まつりにお越しください。 
6 7月

「箏が繋ぐ世界」のご報告

昨日平成27年7月5日、群馬県高崎市のアトリエミストラルにて、
「箏が繋ぐ世界 箏とギターによる和洋の出会い」を開催せていただきました。

今年の1月、同級生の声楽家に紹介され、アトリエミストラルさんのニューイヤーパーティーに参加させていただきました。
アトリエミストラルさんに関係する音楽家の方たちがたくさんあつまり、私も箏を持参して数曲演奏させていただきました。
そのことがきっかけとなり、アトリエミストラルオーナーの櫻井さんから、「邦楽の演奏を企画したい!」 という提案をいただき、今回の開催となりました。

普段あまり身近にない邦楽をたくさんの方に親しんでいただくために、洋楽の方との共演を行い、さらに邦楽本来の曲も楽しんでいただこうという内容となりました。 

心配されていた天気も崩れることなく、おかげさまで会場は満席となり、また、「和服でご来場の方にはプレゼントをご用意」とお知らせしたこともあり、着物や浴衣でご来場の方も多くいらっしゃいました。

03

満席の会場の様子です。
オーナーの櫻井さんも浴衣を新調され、お客様の前でご挨拶。

第1部は、ギタリスト草場学さんによる、ギターの演奏です。
07

・前奏曲3曲(作曲:ヴィラ・ロボス)
・日本の歌より(編曲:三宅榛名)
・リトマス・ディスタンス(作曲:吉松隆)

草場さんの美しくかつ力のある音が会場を魅了し、
完全に「草場ワールド」となりました。

第2部は、純粋な邦楽の古曲で構成しました。2曲とも江戸時代に作曲された曲です。

・吾妻獅子(作曲:峰﨑勾当、作詞:長堀丁々)
  箏:須藤幸子、三絃:鈴木創
・秋風の曲(作曲:光崎検校、作詞:蒔田雁門)
  箏:鈴木創

20150705_164637

20150705_170429

今回の曲目解説は、箏や三絃の歴史から、演奏する曲がどのような位置付けになっているかという内容としました。ですので、ちょっと長かったかな、、、

第3部は、明治以降の邦楽曲と、ギター・フルートと箏の合奏です。

解説では、明治になり、宮城道雄先生が登場し、邦楽の世界に、伝統をベースとしながらも洋楽の影響を受けた曲を作曲し、新たな世界を切り拓いたことを説明させていただきました。
私も、和服から洋装に着替えての演奏です。

・五十鈴川(作曲:宮城道雄)
 箏:鈴木創

・機織る乙女(作曲:萩原朔太郎)
 ギター:草場学、箏:鈴木創

「機織る乙女」では、群馬が生んだ詩人、萩原朔太郎が音楽にかけた情熱を紹介し、マンドリンのために作曲した作品をギターと箏で演奏させていただきました。とても爽やかな素晴らしい雰囲気となり、弾いていても楽しかったです。

残念ながら、この時の写真が私の手元にありません、、、

・希望の朝(作曲:宮城道雄)
 箏:鈴木創、フルート:浅沼春香

・春の海(作曲:宮城道雄)
 箏:鈴木創、フルート:浅沼春香

2曲とも宮城道雄作品ですが、「希望の朝」は元々箏とフルートのために作曲された曲で、「春の海」は、尺八のパートをフルートで演奏しました。

19

第3部では、和洋の合奏により、音楽の国境のなさ、広がりを表現し、今まで邦楽を聴いたことがない方でも、邦楽を身近に感じていただいていれば、幸いです。

アンコールでは、出演者全員で「たなばたさま」をほぼ即興に近い状態で演奏し、
ご来場のお客様にも歌っていただきました。

28


 33

そして、七夕間近であったことから、会場内には竹が用意され、
お客様は思い思いの願いを短冊に認めていただきました。

 36

演奏は、やればやるほど自分の未熟さを実感します。
今回の演奏で学んだことを今後の精進にいかし、
ますます勉強をしていかなければならないと、強く思いました。

ご来場の皆さま、共演者の皆さま、アトリエミストラルの櫻井さん、ご協賛いただいた「彦太郎」さんや関係の皆様方に感謝申し上げます。 
6 7月

今週の予定(変更があります)

昨日のアトリエミストラルでの「箏が繋ぐ世界」は、
おかげさまをもちまして、満席となりました。
詳しい内容については、改めてご報告させていただきます。

今週の予定です。
・9日に変更がありました。変更箇所は赤字で表示しています。

7月6日(月):います。
7月7日(火):います。
7月8日(水):います。
7月9日(木):1700までいます。その後外部会議。
7月10日(金):1400以降不在。
7月11日(土):朝から東京出張。戻ってきて、17時以降は不在。
7月12日(日):います。

前橋中心市街地では、9日から12日、七夕まつりが開催されます。
ぜにお運びになり、色とりどりの七夕飾りなどをお楽しみください。 
2 7月

ラジオ出演します!

ラジオ出演します。

まえばしCITYエフエム M-Wave 84.5MHz

7月3日(金) 午前10時 いつだって元気よ!

午前10時は番組スタートの時間で、私の出番は10時20分前後予定とのことです。

再放送:同じ日の午後9時 

生放送ではなく、先日パーソナリティーの廣島さんと岡さんがお出でになり、すでに収録は終了しています。ICレコーダーに吹き込み、手軽にできる時代なんですね。
ちょっと言葉に詰まってしまった部分などもありましたけど、どのように完成しているかが楽しみです。演奏も録音されていたので、少し流れるかもしれません。

今日は、上毛新聞さんの取材もしていただきました。
これはいつかな?わくわく。 
28 6月

一週間の予定(6/29〜7/5)

一週間の予定です。

6月29日(月)
・午前から外部用務のため不在
・終了次第、います。16時頃戻れるか??

6月30日(火)
・午前:います
・午後:東京出張

7月1日(水):1200〜1400は不在。その他の時間は在室予定。

7月2日(木):1600までいます。

7月3日(金):終日います。

7月4日(土)
・午前:不在
・午後:います

7月5日(日)
・アトリエミストラルでの演奏予定。
11198720_701425673300492_936229765_n


 
26 6月

式典プロジェクトテープカット

和心会は、平成27年4月21日に開軒いたしました。
その数日後、4月25日は、「まえばしシャッタークエスト 式典プロジェクト」として、テープカットを行いました。

29

この日は、近くにオープンした「ギャラリーアートスープ」さんのテープカットも行われ、
2箇所連続でのテープカットとなりました。

「まえばしシャッタークエスト」とは、「シャッター通り」と呼ばれてしまうような状況となっている前橋中心市街地で、逆に「シャッターが閉まっている状況を楽しんじゃおう!」という発想の活動です。

そして、「式典プロジェクト」は、「シャッターが開いたところでテープカットをやろう!」という活動です。

それらの活動は、前橋市出身ではないけれど、前橋中心市街地に根を張って活動をしている、一人の若者によって担われています。その物語が、紹介されました。どうぞご覧になって下さい。

http://greenz.jp/2015/06/24/maebashi_shutter_quest/
 
ギャラリー
  • 舘林四小に集まったお箏
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。