hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

2015年05月

31 5月

一週間の予定です(6/1〜6/7)ー変更あります

もう6月ですね!
すっかり暑くなってきました。
着物も、もう単ですね。

さて、一週間の予定となります。

6月1日(月):昼に少し不在となりますが、ほぼいます。
6月2日(火):概ねいます。
6月3日(水):東京出張 ← 出張日が確定しました。
6月4日(木):概ねいます。
6月5日(金):17時頃までいます。
6月6日(土):東京出張
6月7日(日):18時頃までいます。

30 5月

世界を巡る国際文化交流

5月28日、汐留ホールで行われた「世界を巡る国際文化交流」にお伺いしてきました。
出演者の生田流箏曲 榎戸二幸 さんからFacebookでお誘いを頂戴しました。

出演者は、
ダビット・クリストファー・パンツェルさん(ウイーン国立音楽大学講師、打楽器奏者)
香取由香さん(オーストリアで活躍中のピアニスト)
榎戸二幸(えのきどふゆき)さん(生田流箏曲)
のお三方です。

打楽器とピアノと箏のどういうコラボレーションとなるのか、
とても楽しみな気持ちで会場に向かいました。
ステージの様子はこんな感じです。

51

左にあるのが、ダビット・クリストファー・パンツェルさんが演奏するマルチパーカッションです。

まずは、箏・ピアノがそれぞれ独奏をされました。
箏は榎戸さん作曲の曲。ピアノはドビュッシー。

そして、ダビット・クリストファー・パンツェルさんのマルチパーカンションとピアノのセッションが始まりました。
マルチパーカッションが、神業です!
二本のスティックで、20個はあろうかと思われる太鼓やシンバル等を巧みに操ります。手の動きだけでなく、体の移動も相当のスピードで、速さと正確さの両方が必要となります。
そして、それが素晴らしい音楽となっています。
マリンバも、片手に2本のバチを持ち、両手で合計4本のバチで、正確かつ幻想的な音が奏でられました。 

最後の曲は、お三方のセッションとなり、箏・ピアノ・マルチパーカッションという、私は初体験の音を聴く事ができました! 

榎戸さんはヨーロッパ公演などの予定もあるとのことで、
日本の文化を海外で発信すべく、ますますご活躍いただきたいです。

出演者の皆様との記念撮影です。
07
 
27 5月

さくこと

さる5月22日(金)の演奏報告です。

5月31日まで、「前橋ポエトリーフェスティバル2015」という詩のイベントが開催されており、様々なイベントや企画が進行中です。

その一つとして、前橋まちなか音楽館で、「さくこと」と題する演奏会が開催されました。
詩人であると同時にマンドリンなどのすぐれた音楽家でもあった萩原朔太郎の世界を、
邦楽で紡ぐという趣旨です。

タイトルの「さくこと」は、萩原朔太郎の「さく」と箏の「こと」をつなぎました。
文化の花が咲いて欲しい、という思いも込めています。

11350748_742876232496760_3940365923781484528_n

演奏曲目
・越後獅子(地歌):萩原朔太郎が、「和洋混合演奏会」で三味線などと一緒にマンドリンで演奏したという記録が残っています。
・機織る乙女:萩原朔太郎が作曲したマンドリンの曲を、箏で演奏。
・前橋中学:萩原朔太郎の詩「中學の校庭」の朗読を、前橋中學(現在の前橋高校)の校歌とともにお届けしました。
・広瀬川:萩原朔太郎の詩「広瀬川」の朗読を、塩原義昭さんのメロディーとともにお届けしました。
・瀬音:宮城道雄作曲の、利根川を題材とした音楽です。詩の朗読に絡めて演奏しました(上の写真)。

ほぼいっぱいのお客様にお見えいただきました。
ありがとうございました。

翌日は、ヤギカフェに行き、「ポエフェスコーン」をいただきました!
2015-05-23ポエフェスコーン1

2015-05-23ポエフェスコーン2

 
25 5月

趣のある日本家屋で

5月20日、桐生市まで出張演奏にお伺いしてきました。

お付き合いのある方の桐生市のご自宅に、長くニューヨークにお住まいになっている日本人の方がお泊りになることとなり、おもてなしの一環として、私の箏の演奏をプレゼントしよう、ということでご依頼を頂戴しました。 

その「ご自宅」ですが、かつてはレースなどの仕事を手広くなさっていたご家庭で、
建物も趣のある大変すばらしい日本家屋です。
また、松などのある庭も手入れが行き届いております。
東日本大震災もくぐり抜けた歴史あるしっかりとした作りの建物ですが、
維持していくのはなかなか悩みがつきないと思います。

まずは、ご家族総出でご準備いただいた夕食をいただきました。
全部手作りです。いろいろなところから食材を集めて下さり、
まさに本当の意味の「ご馳走」です。
お蕎麦も手打ちで、どこに出しても負けない美味しさです。
23

みなさんでお食事をいただき、歓談の後に、私の演奏となりました。

この日は、「日本人がアメリカで発信できるように」という考え方もあり、
箏の歴史や、楽器の作りなどの解説も交えて、演奏させていただきました。
11358679_1667555883478589_528978958_n

演奏が終わった後は、体験をしていただきました。
11303649_1667555756811935_143314667_n

私のプログラムが終わった後も、思い思いにみなさんが語り合いました。
お母様がこのお宅に嫁いできてからのお話をお伺いしたり、
お持ちになっている古い琴柱などを見せていただいたり、
お父様の事業の思い出を聞いたり、
私とお付き合いのある方が細棹のお三味線を出してきたり、
気がついたらあっというまに遅くなってしまっていました。

アメリカからのゲストの方も、大変お上品で、
あちらでも日本人としての品性を保ってらっしゃるすばらしい方々でした。

少しでも、故郷日本の思い出として心に残っていただければ幸いです。

25 5月

今週の予定です(5/25〜5/31)

箏曲「和心会」の今週の在室予定です。

5月25日(月)
・午前中:外部用務のため、不在。
・午後:います。

5月26日(火)
・外部用務で、ほぼ終日不在となります。
・夕方以降、いるかもしれません。

5月 27日(水)
・ほぼ終日います。

5月28日(木)
・15時頃までいます。それ以後、東京出張。←変更となりました。


5月29日(金)
・15時までいます。
・以後は、外部での会議のため、不在となります。

5月30日(土)
・13時までいます。それ以降は不在となります。
・14時から高校同窓会幹事会に参加(前橋市内)。
・17時から大学校友会に参加(桐生市で開催)。 

5月31日(日)
・遊民谷で演奏のため、不在。
・終了後は在室するかもしれません。 
ギャラリー
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 久し振りの演奏で、足利市に行きます。
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け