hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

2015年07月

27 7月

今週の予定(7/27〜8/2)

皆様、暑中お見舞い申し上げます。
当所前橋市は全国的にも暑いことで名前が出てきていますが、
暑さに負けずに頑張りましょう!

さて、今週の材室予定です。

7/27(月):います

7/28(火):います

7/29(水):います。1730以降は不在となります。

7/30(木)
午前:不在
・午後:います

7/31(金)
午前:不在
・午後:います

8/1(土)1430以降不在

8/2(日)
・います
・夕刻から、和心会が教室を置かせていただいている「千代田町四丁目」の納涼祭に参加し、
演奏をさせていただきます。 
24 7月

お箏っていくらぐらいなの??

皆さんによく聞かれる質問があります。

「お箏っていくらぐらいかかるの?」
「すっごい高いんでしょ?」
「お稽古ってお金がかかるんじゃないの?」

といった質問です。

結論から先に申し上げると、ぜーんぜんそんなことはありません。
他にもいろいろな習い事やお稽古事はありますが、
おそらく、金額的にはあまり変わらないと思います。

では、詳しくご説明いたします。

1:楽器の値段

55

国産新品で、一式8万円程度から揃えることができます。
もちろん上をみればキリはないですが、通常の練習などで使う楽器であれば、
そんなに高いお金を出すことはありません。
また、その金額には、
・柱(じ。胴と糸の間の、糸を支えているもの)
・琴台(きんだい。箏の左下で箏を支えている台)
・譜面台
を含んでいます。

また、「最初は楽器を買わずに試してみたい」という方には、リースもあります。
1ヶ月3,000円程度です。

さらに、「家に使っていない楽器がある」「親戚から使っていない楽器をもらえる」などの場合は、
糸を張り替えたり、傷んでいる部分をメンテナンスするだけで、
また再利用できる可能性が高いです。
15,000円から20,000円程度でメンテナンスができます。
「母や祖母が使っていた楽器がある」
「昔やっていたけれど、またやってみたい」
という方にお勧めの方法です。

注:写真は、私の楽器のため、新品ではありません、、、
母から受け継いだ、50年程度前のものです。


2:初期費用

「和心会」では、一般の大人の場合、初期費用として20,000円をいただいております。
それには、下の写真のものが含まれています。
注:10歳以下のお子様や、経験者で道具を持っている方はもっと低料金です。

42

・「宮城道雄小曲集」(初心者が初歩の基礎を勉強するための楽譜)
・調子笛(チューニングする音が出る笛)
・爪と爪輪(爪輪は指のサイズに合わせて選んでいただきます)

「和心会」で使用している爪は、「宮城型」といって、
私が所属する流派である「宮城派」の爪です。
象牙でできており、薄いので、値段はちょっと高めですが、
一回購入すれば、かなりの長い間使い続けることができます。


3:お月謝

「和心会」の月謝は、楽器一種類のお稽古であれば、
お稽古月3回で8,000円
お稽古月4回で10,000円
となっております。

ほとんどの方は、「月3回」ですので、楽譜代などを含めて、
1ヶ月に1万円くらいの感覚です。


まとめますと、
・最初に新品で全て購入すると、10万円ちょっと
・その後は1ヶ月に1万円くらい

という金額を想定して下さい。

ネットでみてみたら、楽器の値段は、電子ピアノなどと同じくらいなんですね。

詳しくは、遠慮なくお問い合わせ下さい。

 
19 7月

一週間の予定(7/20〜7/26)

明日からの一週間の予定を掲載いたします。

なお、流動的な予定がありますので、急に不在となる時間もあります。

7月20日(月):東京出張のため、終日不在。 
7月21日(火):います。夕方、出張お稽古で不在。終了後、戻ります。
7月22日(水):います。
7月23日(木):16時30分までいます。
7月24日(金):います。
7月25日(土):
・午前:います。
・午後:不在。
7月26日(日):東京出張のため、終日不在。 
13 7月

今週の予定(7/13〜7/19)

おはようございます。

前橋七夕まつりも、無事に終了しました。
4日間ともに天候に恵まれ、今年の七夕はお客様も多かった様な気がします。 

さて、今週の予定です。
東京出張が入る可能性がありますが、まだ日程が決まっていません。
決まりましたら、お知らせいたします。 

ちなみに、来週20日の週は不在が多くなってしまいそうです、、、

7月13日(月):います。1130〜1400頃不在。
7月14日(火):います。
7月15日(水):います。
7月16日(木):います。
7月17日(金):います。
7月18日(土):います。16時以降不在。
7月19日(日):います。
 
8 7月

第65回前橋七夕まつり

明日7月9日(木)〜7月12日(日)の間、和心会のある前橋市千代田町では、
第65回前橋七夕まつりが開催されます。 

nanachan15 - mini

本日8日(水)は、開催の前日ということで、
七夕飾りの準備が行われ、
定休日が多い水曜日にもかかわらず、
関係の方たちなどで、賑やかな一日となりました。

昼食がてら、まちなかを軽くまわり、飾り付けの状況を見てきました。

21
弁天通りの様子。


 17
中央通りの様子。

 33
銀座通りの様子。

39
銀座通りの竹は、こんな風にして立てられています。
いつもは「七夕」と書いていある閉めっぱなしの蓋も、この時は開けられ、活用されます。 

59
和心会の目の前オリオン通りは、福祉施設の飾りが並びます。

そして、ちょっと細かいお得な情報。

一つ目。
七夕まつり初日の9日(木)は、飾りの審査が行われるために、露天が出ないそうです。
露天は10日からだそうです。
ということで、ちょっと落ち着いて見たいという方は、9日がおすすめですかね。
もちろん、お祭りの雰囲気を楽しみたいという方は、10日以降にお越しください。

二つ目。
七夕まつりといえば、浴衣(ゆかた)です。
元気21では、着付けの無料サービスも行っているそうです。
でも、浴衣は着崩れることもあります。
そんなとき、着崩れた浴衣をなおしていただけるサービスもあるそうです!

7月12日(日) 12時〜随時。 前橋まちなか音楽館 にて。
こちらのブログをご覧になってください。

では、皆様是非、前橋七夕まつりにお越しください。 
ギャラリー
  • 7月19日Zoomで「地歌のエロス」
  • お三味線の体験
  • お三味線のアクシデントが頻発!
  • お三味線のアクシデントが頻発!
  • 大渡橋の石碑
  • 大渡橋の石碑
  • 大渡橋の石碑
  • 県の政策を利用し、四万温泉へ!
  • 県の政策を利用し、四万温泉へ!