hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

2017年05月

31 5月

様々な記事で紹介されております。

みなさんこんにちは。群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

先日駐日デンマーク大使も出席されてレセプションパーティーが開催された
インテリアショップALTOcafe altoですが、様々なメディア等に紹介されております。 
ぜひご覧になっていただき、高崎のお店にお立ち寄り下さい。

高崎新聞
http://www.takasakiweb.jp/wadai_cat/5378/ 

ROBE
http://robe.tokyo/2017/05/26/cafe-alto/ 
この記事が、お店の概要や、デンマークのライフスタイル「ヒュッゲ」を詳しくお伝えして下さっております。私たちの演奏も「こんな風に感じて下さったんだ!」と、ちょっと感動しました。

経営される芳子ピューエルさんのブログ
http://yoshiko-buell.com/archives/1716

地元、上毛新聞の記事。
290523上毛alto


29 5月

ラジオ出演のお知らせ

みなさんこんにちは。群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

ラジオ出演のお知らせです。

5月30日(火)
まえばしCITYエフエム(M-Wave)84.5MHz
ひるどき845カフェ

番組は12:00開始ですが、私の出番は12:15頃になります。

「地歌箏曲を愉しむ」の告知などをさせていただきます。

この番組のパーソナリティの方とは以前からの知り合いで、お昼を食べに行ったお店で偶然お会いし、出演の話しが進みました。

直接ラジオが受信できな地域でも、「リスラジ」で聞くことができます。
いはば、世界同時生放送です。

どうぞお聴きになって下さい。


 
25 5月

美人アナウンサーの壮絶人生

みなさんこんにちは。群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

今日はお箏ネタではありません。 講演会のお知らせです。

十年介護〜車椅子の母と過ごした奇跡の時間〜
町亞星さん(フリーアナウンサー)
平成29年5月27日(土)15時開始
会場:群馬会館
入場無料 

主催:前橋立教会
お問い合わせ:080-3514-8160

17626528_1562686413795374_408264713106863875_n


町亞星さんは、 日本テレビの局アナとして活躍されていました。
私は20才くらいのころ、局アナ好きで、けっこういろいろなテレビ局のアナウンサーをチェックしていました。町亞星さんはハーフの様な顔立ちで、けっこう印象が強い方でした。

でも、そんな華やかな世界にいながら、実はプライベートは壮絶な日々を過ごされていました。高校三年生の時にお母様がくも膜下出血で倒れ、そのまま認知症に。その後10年にわたり、お母様の介護や、妹弟の世話、家族が済むマンションのローンの返済も担っていたといいます。

大学生や新人局アナという、端から見れば若くて華やかで輝いている時代、じつはそんな生活を送っていたんですね。

そのときの経験を元に語られることは、これからの高齢化社会への示唆もあるでしょうし、家族をもう一度見直すきっかけになるかもしれません。

入場無料で事前申し込みも特に必要ありません。
お誘い合わせの上、お越し下さい。 
24 5月

人ってとっても大切ですね

みなさんこんにちは。群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

本日5月24日は、出張演奏でした。
場所は、群馬県高崎市新町(合併前の新町)にある、介護付有料老人ホームウッディタウン高崎南

初めてお伺いする施設なのですが、まず第一印象は、「建物が凝っている」

鉄筋コンクリート造なのですが、建物全体がカーブしており、エントランス付近は何段にも壁が折れ曲がっています(ホームページから写真を見て下さい)。
また、外壁の色もなかなか斬新でした。
スタッフの方に聴いてみたところ、経営者が建設会社のご身内とのことで、こだわって施設を作られた様です。

次の印象が、「庭が綺麗」
36

この写真は、控え室から撮影したごく一部なのですが、草取りもしっかりされていて、お花がたくさん植えられています。
メンテナンスの方が、敷地中の植栽などを、丁寧に手入れして下さっているそうです。
窓からの景色が美しいと、心も和みますね。

そして、最大の印象が、「スタッフの方が礼儀正しい」
外から来訪者があると、立ち止まってその方の方を向き、深々と頭を下げて「いらっしゃいませ」とお迎えをして下さいます。

私が驚いたのが、演奏が終わってから、利用者の方がご自分のお部屋に戻ろうとエレベーターに乗ると、扉が閉まるたびに、スタッフの方達がエレベータのドアに向かって深いお辞儀をして、「ありがとうございました」と挨拶するのです。 
いくつかの福祉施設に訪問させていただいておりますが、これは初めての経験でした。

いただいたパンフレットを拝見すると、
「ホームではなくホテル」とか、「リゾートホテル感覚」などの言葉が使われております。
ただパンフレットの中だけでなく、スタッフの皆さんの実際の立ち居振る舞いから、「おもてなしのこころ」を一番大切にしている、という コンセプトが伝わってきます。

また、介護等のサービスの他に、アロマやネイルなどのオプションサービスもあるようです。

そんな施設であるためでしょうか、今日お聴きいただいた利用者の方も、お元気でお洒落な方が多かった様に感じました。

若い頃にお箏をやられていたという方もいらっしゃり、演奏後に何人かの方とお話をさせていただきました。

音楽は、雰囲気を作ったり、人の心を癒やしたり、そんな力があります。
そして、普段からおもてなしの心を大切にしている施設ですと、利用者の皆さんも落ち着いていらっしゃいますし、訪問する我々も気持ちよく演奏することができます。

ありがとうございました。

ウッディタウン高崎南ホームページ

30

 
23 5月

上毛新聞に紹介されました!

みなさんこんにちは。群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

3日連続のaltoの話題となります。

本日5月23日の上毛新聞に記事が掲載されていましたので、紹介させていただきます。

 290523上毛alto
ギャラリー
  • 小学校へのお箏の寄贈
  • 小学校へのお箏の寄贈
  • 最後のお正月演奏
  • 学校がお箏を必要としています!
  • 小学校で授業をしました!
  • 小学校で授業をしました!
  • 小学校で授業をしました!
  • 道山会尺八演奏会
  • 演奏報告:セントポールズサロン銀座