hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

2017年10月

19 10月

久しぶりに昼の予定がない一日。夜はまぐろにビールに日本酒。

みなさんこんにちは。群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

昨日10月18日は、久しぶりに昼間の予定がない一日でした。
ですので、ゆっくりと、自分の練習に充てることができました。

その間に、なんやかんやで、来客があったり、昼食のついでに細かい用事も済ませることができました。

来客は、ありがたいことに、11月25日の「音の出会い」コンサートのチケットを買いに来て下さいました。
プレイガイド以外に、私の所でも購入できますので、どうぞお稽古場にお出でになって下さい。

290912音楽祭チラシ0912_18時30分2


午前中は、お箏の自分用のお稽古。
新たな気づきや、気をつけなければならない点を発見。
それを無意識にできるところまで行くのは大変だなあ。

13時頃お昼を食べに出たのですが、なんと、行こうと思ったお店2軒がお休みで、3軒目でやっとありつけました。でも、その代わりに、時間も遅かったので他のお客様もおらず、お店の方とゆっくりと話しをしながら食べることができました。
コンサートのチラシも置いて下さり、ありがとうございます。

その足で、「元気21」に行き、衆議院議員総選挙の期日前投票。
52
今回の選挙は、いろいろ思うことがあります。
でも、それは私の心の中に留めて、自分なりの投票をしてきました。

「元気21」の中では、偶々数人の知人と会い、いろいろ雑談。

午後は、お三絃のお稽古。
今勉強している曲を進めたり、次の演奏予定の曲を練習したり。
お三絃、いま本当に面白みを感じています。
自分の音の変化も感じています。
もっともっといい音、やさしく響く音を出したいですね。

それと、お稽古場の暖簾を秋冬バージョンにしました。
夏バージョンは麻の暖簾なのですが、ちょっと雰囲気変わったかな。
02


夜は、行きつけの美容院に行き、散髪。
これまた他のお客様がいなかったので、オーナーさんにカットをしてもらいながら、町内の話しや前橋まつりの話しをしながら時間を過ごしました。

その後は、妻鉄子と、知人を含めて夕食。
妻鉄子は知人と打ち合わせを兼ねてだったのですが、私は話しを聞いていれば良い立場だったので、まぐろ御膳を食べながら、ビールと日本酒をぐびぐび。

さて、今日は桐生教室でのお稽古です。
桐生方面でお稽古をご希望の方、お気軽にお問い合わせ下さい。
027-212-7284
info@hajime-koto.jp


 
12 10月

11月25日「音の出会い」コンサートのご案内

みなさんこんにちは。群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

コンサートのご案内です。

「音の出会い〜フルートと和楽器の共演〜」
・時:平成29年11月25日(土) 17時開演(開場16時30分)
・所:煥乎堂ホール(前橋市本町)
・料金:一般2,000円、高校生以下1,000円(当日券各500円増)

出演
羽鳥美紗紀(フルート)
鈴木創(箏・三絃) 
tumblr_inline_ow6762Lvzu1v5yzxu_500

本コンサートの共演者、羽鳥美紗紀さんは、玉村町出身で前橋の高校を卒業し、東京藝術大学でフルートを学びました。

現在は東京を拠点に活動しており、最近ではNHKの連続テレビ小説「わろてんか」にも音楽で参加されております。

そんな羽鳥さんを故郷群馬にお迎えし、私と共演していただきます。

フルートのソロ曲と、お箏・三絃のソロ曲、そしてフルートとお箏の合奏と、多彩な音をお楽しみいただけます。

和洋の楽器の、まさに「音の出会い」です。

演奏曲目は、フルートソロでドビュッシーの「シリンクス」、お箏ソロが光崎検校の「秋風の曲」、合奏は宮城道雄作曲の「春の海」などを予定しております。

いま、他の演奏曲目を検討中ですが、「え、こんなのできちゃうの!?」っていう曲もあるかもしれません。

会場の煥乎堂ホールは、定員が170名弱と、コンパクトなホールです。
ですので、私たち演奏者との距離が近く、マイクを通さない生の音を、ダイレクトにお楽しみいただけます。

また、土曜日の夕方ということですので、ぜひ主演後は、前橋のまちなかの飲食店で夕食や「ちょっと一杯」をお楽しみ下さい。

というのも、このコンサートは、「第3回前橋まちなか音楽祭」の一環として開催されます。
「前橋まちなか音楽祭」は、前橋のまちなかの音楽施設で、前橋に縁のあるプロの演奏家が多彩なコンサートを開催し、音楽の力で前橋のまちなかを元気にしよう、というイベントなのです。

ですので、ご来場のお客様が、コンサート以外にも、まちなかを散策して下さったり、買い物や食事を楽しんでいただけると、前橋の活性化に繋がります!

今年は11月24日から26日にかけて開催されます。

290912音楽祭チラシ0912_18時30分


私たちのコンサート以外にも
・オペラ(角田和弘とトリオベルカントの世界)
・オルガン(橘ゆりオルガンコンサート)
・富岡製糸場や絹の街前橋にちなんだ「絹と詩の街・前橋コンサート」
・ジャズの祭典
など、多彩な企画が目白押しです!

主たる演奏者は、全員が前橋に縁のある方です。
そして、会場は前橋のまちなか。
前橋発の音楽を、ぜひお楽しみ下さい。

「音の出会い〜フルートと和楽器の共演」のご予約などは、こちらから。
第3回前橋まちなか音楽祭の詳細は、こちらから。


 
2 10月

中学生・高校生の皆さんに、「日本文化体験」講習を行いました。

みなさんこんにちは。群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

9月28日、群馬県立中央中等教育学校を訪問してきました。
同校は、元々は「群馬県立中央高等学校」という高校で、私が高校生の頃は、「中央高校」と呼ばれていましたが、2004年に群馬県初の公立中等教育学校として再編・開校した、中高一貫校です。

教育理念として「地球市民としての日本人」を掲げ、グローバルな視点や課題解決力を身に付けることを目指しており、スーパーグローバルハイスクール指定校にもなっております。
校内には「日本文化学習室」という部屋もあり、お箏やお三味線が常備されており、書道や百人一首の学習にも使われているということです。
そのほか、管弦楽部の活動も活発で、群馬音楽センターで定期演奏会を開催するなどの活動を行っています。

今回は、「平成29年度日本伝統文化体験」という時間に講師としてお呼びいただきました。
中間テスト終了後の午後、体育館に全校生徒が集まり、1時間半程度の講習です。

K05_6252

お箏やお三味線の歴史、楽器の構造や素材などについて話しをさせていただき、
その中で、お箏の曲・お三味線の曲をお聴きいただきました。
みなさん、とても真剣で、興味深そうに頷いてくれたり、頻繁にメモをする姿が見えました。

K05_6259

K05_6263

また、事前に担当の先生から、「当日生徒が楽器の演奏を体験できないか」というお話をいただいたのですが、せっかくなので体験する生徒さんには、ちゃんとした体験をしてほしいと思い、希望する数人の生徒さんには7月中旬から練習していただき、私も数回訪問してお稽古を行い、今回の講習の最後の時間に、全員で合奏をしました。

DSCN0183

ほぼ初めて触る楽器を、2ヶ月の練習で、それも全校生徒の前での演奏という状況ですが、みんなとてもよく演奏することができました。その努力と度胸に、私も嬉しくなりました。

終了時に、生徒会長さんからお礼の挨拶を頂いたのですが、
「学校でこういった機会を造っていただかないと、なかなか触れる機会がない」という主旨のお話がありました。
残念ながら、今の日本人の日常生活の中で、日本の文化に触れることはなかなかありません。
ですので、「敷居が高そう」「触ったことがない」といったイメージを持つ方が多いです。
しかし、実際に触れていただき、音を聴いていただいたりすれば、「楽しい」「音が綺麗」などと感じていただき、その良さを実感していただけます。
ですので、こういった機会をなるべく多く行い、日本の皆さんに、日本の文化の素晴らしさに触れていただきたいです。

今回の実現にご尽力して下さった皆様、また合奏に参加してくれた6人の生徒さん達、本当にありがとうございました。



 
ギャラリー
  • ビールとビオラ
  • ビールとビオラ
  • めぶくPayが使える様になりました
  • 今の学生さんたちに伝えたい
  • 前橋立教会総会でした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • ライブドアブログ