hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

2019年03月

23 3月

群馬大学附属幼稚園の新園舎

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、私が卒園した群馬大学教育学部附属幼稚園に行って来ました。
というのも、この度園舎が建て替えとなり、新園舎・園庭の公開が行われたのです。

因みに、昨年の3月11日は、私も通った旧園舎が、解体前に公開されました。
その時の様子はこちらをご覧になって下さい。

旧園舎は、昭和42年に完成し、昭和51年に増築されておりましたから、
私が通っていた頃は、出来てから10年ちょっと、増築の部分は5年も経っていない頃でした。
今となっては、50年程度経過しているのですから、だいぶ老朽化していたのでしょう。

2019-03-23 12.20.36
入り口の看板は、前と同じかな?

さて、この度供用が開始された新園舎、間取りの考え方が、以前の園舎とは大きく異なります。

以前の園舎は、各教室が独立していて、さらに大きな「遊戯室」という部屋が独立していました。
その「遊戯室」では、入園式や卒園式などの行事の他、歌ったり踊ったりしていた記憶があります。

今の園舎は、「遊戯室」に変わって「プレイルーム」という大きな空間が真ん中にあり、そのプレイルームを囲むように、周りに各教室が配置されています。

各教室は、プレイルームとの間はスライド式の扉で仕切ることもできるし、全部を解放することもできます。でも、教室同士は壁が途中で途切れていて、完全に仕切られず、ゆるっと繋がっています。

今日いただいたパンフレットによると、「扉や壁の仕切りが少なく、異年齢の遊び相手とつながる工夫が一杯です。」と説明がされていました。

内装は、木をふんだんに使っており、柔らかい雰囲気になっております。

2019-03-23 12.11.09
これがプレイルームです。左が教室です。
敷居になっているところで、プレイルームと教室を仕切ることができます。

2019-03-23 12.11.05
教室は、この様に壁はありますが、廊下の様に緩やかに繋がっているところもあります。
クラスの名前は、昔と一緒ですね。

園庭も大分様子が変わりました。
こんなに大きな山ができました。
2019-03-23 12.18.08

2019-03-23 12.17.54
幼稚園の園歌にも謳われている「あずさ」ですが、今回の建て替えで伐採の危機にありました。
しかし、多くの有志の方が「あずさプロジェクトの会」を立ち上げて寄付を募り、園庭の整備に協力し、あずさも残りました。
私も少しですが、協力させていただいております。

そして、そのことをプレートで記録してあります。

2019-03-23 12.20.22


今日のパンフレットの裏に、園歌が記載されておりました。

2019-03-23 17.31.44


それを見て、びっくり!
「昭和55年3月制定」と記載されています。
私が在園時に園歌ができたんです!!


園舎は建て替えられましたが、制服はそのままでした。
変えるべきものは変え、変えてはならないものは残し、
新しい時代にふさわしい、伝統と革新を併存した教育を続けて欲しいですね!

 
20 3月

定番の無印良品の廃盤で、ノートジプシーか!?

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

以前にもお話ししたことがありますが、私は文房具にこだわりがあります。

私と打ち合わせなどをしたことがある方は、この様な組み合わせを見たことがあるかもしれません。

2019-03-20 20.42.18

左がスケジュールやto do、生活の記録などに使っている「手帳」
右が、打ち合わせのメモやいろいろ調べたこと、その他もろもろを書いている「ノート」
そして、「万年筆」です。
この組み合わせが定番となっています。

今使っている「ノート」のページが少なくなってきたので、今使っているノートと同じ製品を買おうと思い、無印良品に行って来ました。

しかし、店頭にありません!!

お店の方に聞いたら、
「在庫は10冊ほどありますが、廃盤なので新しいのが入って来ません」
という回答。

さしあたり、今回は在庫から一冊買い求めましたが、今後困ります、、、


というのも、この「ノート」に求める条件がいくつかあります。

・黒基調のデザインで、他の手帳や万年筆などど統一感があること。
・立っても字が書ける様に、ハードカバーであること。
・手帳に近いサイズであること(A6くらいが良い)。
・万年筆でも書き味が良い紙を使っていること。
・開いたときに、できるだけ平らになり、書きやすいこと。 
・横罫で、罫の幅は6mmか6.5mmであること。

これらの条件を満たすノートは、なかなかありません。

・モールスキン
・ロイヒトトゥルム 
・ロディアのwebnotebook

あたりが候補になります。
今までもいろいろ使ってきました。

2019-03-20 20.44.14
左から、「ロイヒトトゥルム」「ロディア」「無印良品のA6サイズ」「無印良品のちょっとサイズ違い(今はこれが現役)」。

この中で、無印良品が最も求めやすい値段で、かつ、もし終わっても全国の主要都市にある店舗で購入できるので、便利に使わせてもらっていました。

でも、 無印良品が廃盤ですので、どうしよう、、、
しばらく「ノートジプシー」かもしれません。。。 
20 3月

引っ張る

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

4月20日の「箏の音に夢乗せて」で、「二軒の雨だれ」に出演する小学生ですが、主催の先生のご指導を受けて以降、全員の個別のお稽古が終わりました。

私も、先日のご指導の内容を確認し、皆さんが良い演奏を出来るよう、気合いを入れてお稽古をしています。 
そうすると、みなさんの反応が違います。
食いつきがいいんです。
曲想が豊かになり、いい音が出てくると、やはり楽しいでしょう。

また、お家の方とお話しをしていると、いつものお稽古の時とは違う角度から見るので、違ったことに気づきます。

やはり、指導する方の引っ張り方によってお子さんが変わってきますし、私自身の指導の成長ももっとしなければなりません! 
19 3月

5日ぶりのブログ。より良い音を目指して。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

5日ぶりのブログになってしまいました。
更新できなかった日々も、下合わせ・会議・お稽古等でバタバタしておりました。

特に、4月20日の「箏の音に夢のせて」に向けて、主催の先生が前橋にいらっしゃり、会場で舞台打ち合わせを行い、その後小中学生が出演する曲を見ていただきました。

「二軒の雨だれ」という宮城道雄作曲の童曲なのですが、
お稽古が終わる時には、最初と較べると曲が変わっており、ご指導いただいた成果がありました。
出演するお子さん達が、良くなった曲を本番まで繋げるのが、私の役割です。

そしてその後、私もお三味線を見ていただきました。
弾き方をご指摘いただき、現在それを定着させるべく自分の練習をしております。

無意識でやっていることを直すので、意識的に繰り返さなければなりません。
気を抜けば、戻ってしまいます。
大変だけど、身に付ければ、音などに変化が生まれます。 
頑張ろ。 

4月20日「箏の音に夢のせて」、まだまだお席に余裕があります。
オーケストラみたいな曲や、三味線音楽など、和楽器を初めて聴く方にも楽しんでいただける内容となっております。
チケットは、私にご連絡下さい。

夢チラシ2019 1
 
14 3月

今日は練習日

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は一日特別な予定がなく、ほぼ一日自分の練習に充てました。

十七絃は、「越天楽変奏曲」「大和の春」「飛鳥の夢」。
「大和の春」は、もうちょっとで暗譜ができそうです。

その後は、お箏と三絃。
「名所土産」の三絃、うーん、まだまだだなあ。

やればやるほど、次の課題が見えてきます、、、 
ギャラリー
  • 今の学生さんたちに伝えたい
  • 前橋立教会総会でした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • 日本茶抹茶サロン324で三味線とお抹茶
  • 日本茶抹茶サロン324で三味線とお抹茶
  • ライブドアブログ