hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

2020年12月

25 12月

群馬の豊かさとクリスマス

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は12月25日、クリスマスですね。
皆様はどんなクリスマスをお過ごしでしょうか?

我が家は昨晩、クリスマスらしく、すき焼きを食べました。

え、おかしいって??

まあまあ、聞いて下さい。

ちょっと前に、エフエム群馬さんのあるキャンペーンに応募したのですが、 そのキャンペーンが見事当選し、賞品がすき焼きのセットだったんです!

賞品が22日に配達されたため、長持ちするものでもないので、24日に食べました。 

キリスト教の盛んな西洋では、クリスマスは家族で過ごす時間。

我が家は、普段の生活の中では、帰宅の時間がまちまちなので、家で一緒に夕食を食べることはあまりありません。 
こういう、何かのきっかけがあると、「じゃあ、この日は家で食べようか」と相談し、夫婦揃って夕食を食べます。

昨晩は、すき焼きセットが届いたことと、夕方から夫婦で一緒に打合せに参加する予定があったので、打合せ後そのまま帰宅して、家で夕食を一緒に食べたんです。

久し振りに家で夫婦揃って家族で食事。
それがすき焼きでした。
だから、すき焼きがクリスマスらしいんです! 

このすき焼きセット、全て群馬県の食材なんです。

牛肉、しらたき、下仁田ネギ、しいたけ、うどん。

どれも味わいがあり、とっても美味しい!
下仁田ネギは、真ん中がとろとろ。
しいたけは肉厚でジューシー!

群馬の食材の豊かさを感じたクリスマスでした。 
23 12月

12月23日

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日12月23日は、以前は「天皇誕生日」でした。そう、今の上皇陛下のお誕生日ですね。 

会社員時代は、この休日の存在を、ちょっとやっかいに感じていました。

この時期は、年末の挨拶回りをしたり、年内に目処をつけなければならない仕事があったりと、けっこう忙しかったのですが、そこに1日休日が入ると、「この1日がなければ!!」と思うことがけっこうありました。

今の仕事になってからは、平日も休日も関係ないのですが、今日はそんなことを思い出しました。

思うに、上皇陛下は青春を戦中戦後の時代に過ごし、君主を継ぐ身から象徴天皇制の皇太子へと環境が変わりました。

現在の憲法下で初めて即位した天皇として、新しい皇室像を必死に模索されてきたでしょう。

その中で、国家や国民の安寧を願い続けてこられました。
退位直前まで国民のことを想い、天皇としての努めを続けてこられた姿には、私は穏やかな威厳や尊さを感じます。

今の様に、平均寿命が長くなってくると、今の陛下は還暦近くなってからのご即位です。
同級生などは、もう少しで引退する頃から、天皇としての努めが始まります。
それは、制度上は老後を天皇として務めなければならず、ちょっと大変なのではないのでしょうか。

生涯を国家のために祈り、捧げて来た天皇陛下が、お歳を召されてからはもう少しのんびりと過ごせる様な環境があるといいな、と思います。

因みに、上皇陛下のお誕生を記念して宮城道雄先生が作曲された曲が、「さしそう光」ですね。

12月23日という日付から、普段はあまりお話ししないことを書かせて頂きました。

 
21 12月

オフと年末

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日は久し振りに、一日オフをいただきました。

朝はゆっくりと横になって過ごし、昼から葬儀に参列。
ただし、コロナスタイルなので、すぐにお焼香をしてお終い。

帰りに鉄子さんと遅めのお昼を食べて帰宅。

その後は予約してあった散髪に。
客席と客席の間には透明のシートが天井から下がっており、気を遣って対策をしているのがわかります。
シャンプー台への移動の時、気づかずに突っ込みそうになりましたが😅

そして帰宅後は年賀状の宛名書き。
一気に終わらせました。

気が付くともう21日。今年もあと10日。

コロナに振り回された年でしたね。
年賀状を書いたり、お節を注文したりするけど、行事やイベントがないので、季節感を感じない一年でした。 

でもまだ10日。今年も最後まで頑張るぞ! 
19 12月

曖昧な自粛要請

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今朝の上毛新聞や、県のホームページを見ていても、どうもわからないんです。
何が?というと、昨日もお話しをした、群馬県の新型コロナウイルスの警戒度「4」についてなんです。

・外出自粛(生活に必要なものを除く)。
でも、 イベントの開催制限は緩和したまま。飲食店の営業時間短縮要請は一部対象地域のみ。

・県教委管轄の部活動は、他校との対外試合や合同練習の自粛。冬休み中は自校内での練習も自粛。
でも、全国大会と、全国へ続く公的な地方大会やそのための練習は認める。
また、市町村と私立学校はそれぞれの判断に委ねる。

という感じなのです。

で、Q&Aを見てみると、
・年末年始の帰省 → 県外の帰省が「不要不急の外出」にあたるかはそれぞれ判断
・イベントの開催可否判断 → 主催者が判断
・年末年始の挨拶回り → 必要性を踏まえ、それぞれ判断
・初詣 → 不要不急に当たるかそれぞれ判断
という回答。

結局、ほとんど「自分で決めてね」、ということなんですね。
そもそも個人の外出も「自粛をお願い」なので、何も積極的な呼びかけをしていないに等しいように感じてしまいます。

今年のコロナ禍の中、政府もそうですが、強制的な措置をあまりとらず、「自粛要請」という曖昧なことを続け、素直な日本国民の我慢と自制でここまでやってきました。

今悩んでいるのが、1月17日の公演をどうするかということです。
1月8日までが警戒度「4」ですが、9日以降どうなるかわかりません。
「3」になるかもしれないし、「4」のままかもしれません。
その状況の中で、お客様に「来て下さい」とは言いにくいです。

これまでチラシを印刷したり、会場費を払ったり、体温計を購入したりと、お金がかかる準備をしております。
また、プログラム内容を打合せたり、自分の演奏を録音して音源を送ったりと、時間や手間もかけています。

いっそのこと、「イベントは禁止」と言ってもらえれば、悩まなくて済むのですが、、、

 
18 12月

群馬県が新型コロナ警戒度「4」に

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨夜、山本一太群馬県知事が臨時記者会見を行い、12月19日から1月8日の間、群馬県内の新型コロナウイルスの警戒度を「4」にすることを発表しました。

「4」は、一番高い警戒度で、

生活に必要な場合を除き、不要不急の外出を自粛してください。(12/19~1/8)

ということが県民に求められます。

でも、

ただ、パブ、ホストクラブ、キャバクラなど接待を伴う飲食店を利用する際は、ホームページ、SNS や電話での事前確認をするほか、店頭での掲示や「ストップコロナ!対策認定ステッカー」などで、店側の感染防止対策を確かめ、対策が不十分な店舗の利用は自粛してください。


とも記載されているので、飲みに行くのはいいのかなあ😅

そんなことが発表されたので、今日は
・その期間中のお稽古をどうするか
・1月の公演をどうするか 
について、情報収集をして、考えて、いろいろなシミュレーションをしてみて、関係者と協議して、門人さんへ連絡をして、などを行い、あっという間に一日が過ぎてしまいました。

今辛くても、それがいつまでなのかが分かっていれば、希望が持てます。
でも、新型コロナウイルスがいつどうなるか、それは誰にもわかりません。

だから、発想を変えて、「コロナの中でどうやって行くか」ということを考え、「今年はコロナで振り回された一年だったけど、来年からは打って出るぞ!」と考えていました。
だけど、そんな想いがいきなりがつーんとひっぱたかれた感じがしています。
 
ギャラリー
  • 今の学生さんたちに伝えたい
  • 前橋立教会総会でした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • 日本茶抹茶サロン324で三味線とお抹茶
  • 日本茶抹茶サロン324で三味線とお抹茶
  • ライブドアブログ