hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

2021年12月

26 12月

年賀状を書きました

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日、年賀状の宛名書きが終わりました。
私、いまだに手書きなんです。

書いていると、その人との昔のエピソードや最近のやりとりを思い出したり、住んでいる町の名前くらいまでは自然と思い出します。

年賀状を出さないと決めている方もいらっしゃいますが、私は昔の友人など、年賀状が今の数少ない接点である方もけっこういるので、やめられません。

また、書いていて気づいたことなんですが、ペンの動かし方で気になることって、楽器を弾いている手の動きで直したいことと似ていることがあります。

体の動きなので、意識して直していきたいと考えています。
来年は、どんな字になっているかな。 
25 12月

前橋第九合唱団演奏会

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は、鉄子さんと、「前橋第九合唱団第49回演奏会」に行ってきました。
会場は、群馬県民会館(ベイシア文化ホール)です。

オーケストラに群馬交響楽団、指揮は現田茂夫氏、ソリストには盛田麻央さん、石井藍さん、伊藤達人さん、そして地元前橋出身の今井俊輔さんをお迎えしております。そして、合唱は「前橋第九合唱団」です。

第九に込められたと思われるベートーベンの希望や、フランス革命などの当時の時代背景を想像しながら、現田さんの穏やかだけど時にはアグレッシブな指揮、群響の調和のとれた音、そしてソリストの歌を堪能しました。

そして、今回のコンサートは、特別な意味があると思います。

昨年はコロナによって中止となり、今年もおそらく満足な練習を十分にできたとは言い切れないかもしれないでしょうし、参加団員も例年に較べて少なかったでしょう。

コロナ対策も試行錯誤を重ねたでしょう。ステージ上には透明のパーテーションを立て、客席も前の方数列はお客さまを入れず、オーケストラの方も多くの方がマスクを着用しての演奏。もちろん、お客さまの連絡先の把握や、検温に消毒、終演時の誘導など、さまざまな対策が行われていました。

そして、会場の群馬県民会館も、群馬県の方針により、閉鎖されるかもしれませんでした。もし閉鎖されていたら、練習会場と、十分なキャパシティのある本番の会場は確保できませんでした。私も第九合唱団のみなさんと共に活動をしたので、そこの不安な思いは十分承知しております。

今回のコンサートのサブタイトルは、「苦悩を突き抜け、歓喜に向かおう!」です。

まさに、コロナや会場といったさまざまな苦悩を突き抜け、歌い上げた歓喜を実現したと感じました。

ほんとうにいろいろな問題をクリアし本番の実現にたどり着けた、舞台に乗っている方や関係者一人一人の想いがまとまって一つの音楽になって私に届き、私は心を動かされました。

どんなことがあっても、人間に音楽は必要です。
そして、音楽を奏でる会場も必要です。

年末のひととき、そんなことを実感したコンサートになりました。


 
24 12月

固定資産税の調査を見て思ったこと

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日、前橋市役所の方が、固定資産税の調査にお見えになりました。

各部屋を見てまわり、床・壁・天井の仕様を確認し、天井の高さを計測。
また、洗面所やキッチンは、洗面台とキッチンの幅を計測。
建具の様子なども調べていきました。

調査に来られた担当の方は、かなり慣れている様子で、部屋に入ると瞬時に仕様を判断し、もう一人の方がそれをメモします。

計測は赤外線の機械で行っているので、あっというまに終了。

また、外回りの仕様も確認しておりました。

丁寧に対応していただいたいのですが、調査の内容は、確認申請で市役所に提出している図面とほぼ同内容のことを確認しているんですね。

市役所は、竣工時の検査も行い、検査済書も発行されているので、確認申請に則った内容で建物ができていることは把握しているはず。

おまけに、私の手元にある確認申請の副本の内容を確認し、自分達の書類にメモをしていきました。正本は市役所にあるのだから、それを見ればいいのでは、と思いました。

行政には、一つの目的で取得した情報を、他の目的に使わないという原則があるようですが、確認申請から建物を建てて、完成後に固定資産税を賦課するのですから、私からしてみると、一連の流れです。

そういったところから、行政の仕事の見直しや、重複する業務の整理ができるのでは、と思いました。 
23 12月

ギリギリの楽譜準備

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日はほぼ1日、楽譜を書いたり、アレンジをちょっと考えたり、の1日でした。

というのも、1月から2月にかけて、いくつか演奏のお仕事や、学校訪問などが予定されております。

そこで演奏する曲を考えたり、楽譜を準備したり、共演者に送ったり、そんな作業を1日しておりました。

でも、本当であれば11月中には済ませたかったこの作業、ぎりぎりになってしまい、自分も大変だし、共演者の方にも負担をかけてしまいます。

もうちょっと時間管理をしっかりしないと、、、

それに、最近目の乾きがひどく、今日は楽器の前と机の上とパソコン作業の連続だったので、いつもにも増して、目が乾いています。ちょっと充血してるし。

よく寝て目も養生します!

 
22 12月

まえきクリスマスコンサートでした

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日12月22日、JR前橋駅で「まえきクリスマスコンサート」が開催されました。

私が運営委員を務める「前橋まちなか音楽祭実行委員会」でお手伝いをさせていただいております。

出演は、ジャズミュージシャン、大学生と高校生の姉妹、高校生、そしてお子さんと、群馬の地元で音楽活動をしていたり、学んでいたりする方たちです。

曲目は、クリスマスソングを中心に、時にはクラッシックもちょっと交えておりました。

高校生の演奏は、とてもフレッシュで、そしてこれからの可能性を感じました。 

駅を利用している人も、ちょっと足を止めて耳を傾けてくださったりと、音楽が仕事で疲れた心身を少しでも癒してくれ、また駅が単なる電車の乗降場所ではない文化の発信拠点にもなっております。

毎月開催されている「まえきコンサート」、前橋駅には普段からストリートピアノが置かれておりますが、JR高崎駅にも設置され、先日同様なコンサートが開かれました。また、他市の駅にも設置の動きがあります。音楽でまちを、地域を元気にする。そんなことにつなげていきたいですね! 

2021-12-22 17.14.24

2021-12-22 17.33.26

2021-12-22 17.59.13
山本龍前橋市長もご来場。

2021-12-22 18.02.11

時間の関係上、最後の小学生や中学生の演奏の写真を撮ることができませんでした、、、

 
ギャラリー
  • 今の学生さんたちに伝えたい
  • 前橋立教会総会でした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • 日本茶抹茶サロン324で三味線とお抹茶
  • 日本茶抹茶サロン324で三味線とお抹茶
  • ライブドアブログ