hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

2023年01月

26 1月

小学校で和楽器の授業を行いました。1日目。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は、高崎市の学校へお伺いし、和楽器の授業を行ってきました。
今時の言葉で言うと、「アウトリーチ」になるんでしょうかね。

小学校4年生の3学級を対象とし、午前中の2時間目から4時間目の3コマを、それぞれ1学級ごとの授業としました。

お箏の歴史や楽器の材料などの話をしながら、2曲を演奏。

子供達、ほとんど初めてみる楽器に興味津々で、とっても興味を持ってくれました。
終わった後に楽器の前まで来てくれる子もいて、嬉しいですね。

個人的にすごく嬉しいことがあったのですが、コロナ前は高崎市内の幼稚園に毎年演奏に行っていたのですが、今日の授業にいたお子さんのなかに、その時の幼稚園生がいたんですね!その時のことを覚えていてくれて、再会に思わず胸が熱くなりました。

今、小学校では、和楽器に触れることが指導要領に定められていますが、音楽の先生で和楽器に詳しい方はあまりいらっしゃいません。なので、私どもが学校に出向いております。興味ある先生は、お気軽にご相談ください。

実は、明日も他の学校で授業があるんです。頑張るぞ! 

2023-01-26 08.44.00のコピー
 
25 1月

マイナス6度の世界へ!

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

いやあ、今日は本当に寒かったですね。
午前中、前橋市でも北の方、旧宮城村に行ったのですが、周りは真っ白!
そして車が示す外気温系はマイナス6度!


2023-01-25 11.18.21

2023-01-25 09.51.08のコピー

この場所の標高は約540mで、我が家が約100m。
これだけ標高が変わると、天気も違います。

用務先は学校だったのですが、ポンプが動かずに水道がでず、トイレの対応などが大変だった様です。

エアコンをつけても部屋がなかなか暖まらず、我々会議の参加者は、コートを脱げずに会議に参加していました。

その中でも、ご自分の経験と知識に基づいて的確なアドバイスをされていた参加者がいらっしゃいました。そういうブレーンを持つというのは、とっても有益だということを感じましたね。

一旦自宅に戻り、自分の練習や事務作業。

そして、夕方からは桐生教室でのお稽古でした。

普段通りの1日なのですが、何気に100kmを運転していましたね。

さて、明日と明後日は早起きです!

 
24 1月

寒波到来の日

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今朝はいつもより早く起床。というのも、昨日いつもより早めにおうちに上がったら、特にやることもなかったので早寝をし、そのまま早起きをしました。 

早く起きると、朝のルーティーンを焦ることがないので、リズムが整っていいですね。

午前中から夕方まで門人さんのお稽古。

終わってからは中央通りのLAUGH COFFEEさんに行き、 一休み。
コーヒーミルや、コーヒー用のケトルなどの情報をいただきました。

おうちに戻り、自分の練習。
技術・音楽性の他に、「想い」も込めなければということを意識する。
短時間でも疲れるが、音楽が良くなったと思っている。

日々新しい発見や、自分に足りないところに気付かされる。

さて、 今当地前橋は、風が吹いています。
寒波がやってきた様です。
みなさんお気をつけてお過ごし下さい。
私は今朝、外部水栓にタオルを巻いておきました。 
23 1月

予定のない月曜日

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は久しぶりの、仕事の予定がない月曜日。

午前中は自分の練習。
うーん、もっと丁寧に弾かないと。

昼は、友人と昼食。

帰宅後は、今週行う学校訪問の準備と、週末の会議の準備でした。 
頭脳労働はけっこう疲れますね。

で、今ニトリにちょっと行ってきました。
長く使っているシーツに穴があいたので、後継者を物色。

さて、もう少しでおうちに上がります。 
22 1月

楽器のメンテナンスの合間に、萩原朔太郎の自宅跡地を見てみる

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は、楽器のメンテナンスのために、楽器屋さんを訪問。

そして、作業を待っている間に、ちょっとミニトリップ。


2023-01-22 15.37.09


この鉄塔が何かというと、小さなプレートが貼ってあります。

 2023-01-22 15.37.14

萩原朔太郎が東京で自ら設計して建てた家の場所なんですね。

その家やこの鉄塔は萩原葉子さんの小説にも出てきておりますし、その家は葉子さんが子供の頃実際に住んでいて、戦災で焼けてしまったんですね。

現在は周りには住宅が建て込んでおり、実際に朔太郎の家がどこに合ったのかを厳密に示す様なものはありませんでした。あまりゆっくりしていると怪しまれますし、住民の方に迷惑になります。なので、小田急の代田駅まで歩いてみました。5分くらいの距離でしたが、朔太郎が酔っ払って家に帰ってくる様子を疑似体験したかの様な気持ちになりました。

そして、代田駅って、小田急が地下化されているので、ちょっとした公園の様になっているおしゃれな場所でした。

道路は狭いのでちょっと車の運転はしずらかったけど、東京に住むことができたら、こんなところならいいなあとも思える場所でした。 
ギャラリー
  • 今の学生さんたちに伝えたい
  • 前橋立教会総会でした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • 日本茶抹茶サロン324で三味線とお抹茶
  • 日本茶抹茶サロン324で三味線とお抹茶
  • ライブドアブログ