5月20日、桐生市まで出張演奏にお伺いしてきました。

お付き合いのある方の桐生市のご自宅に、長くニューヨークにお住まいになっている日本人の方がお泊りになることとなり、おもてなしの一環として、私の箏の演奏をプレゼントしよう、ということでご依頼を頂戴しました。 

その「ご自宅」ですが、かつてはレースなどの仕事を手広くなさっていたご家庭で、
建物も趣のある大変すばらしい日本家屋です。
また、松などのある庭も手入れが行き届いております。
東日本大震災もくぐり抜けた歴史あるしっかりとした作りの建物ですが、
維持していくのはなかなか悩みがつきないと思います。

まずは、ご家族総出でご準備いただいた夕食をいただきました。
全部手作りです。いろいろなところから食材を集めて下さり、
まさに本当の意味の「ご馳走」です。
お蕎麦も手打ちで、どこに出しても負けない美味しさです。
23

みなさんでお食事をいただき、歓談の後に、私の演奏となりました。

この日は、「日本人がアメリカで発信できるように」という考え方もあり、
箏の歴史や、楽器の作りなどの解説も交えて、演奏させていただきました。
11358679_1667555883478589_528978958_n

演奏が終わった後は、体験をしていただきました。
11303649_1667555756811935_143314667_n

私のプログラムが終わった後も、思い思いにみなさんが語り合いました。
お母様がこのお宅に嫁いできてからのお話をお伺いしたり、
お持ちになっている古い琴柱などを見せていただいたり、
お父様の事業の思い出を聞いたり、
私とお付き合いのある方が細棹のお三味線を出してきたり、
気がついたらあっというまに遅くなってしまっていました。

アメリカからのゲストの方も、大変お上品で、
あちらでも日本人としての品性を保ってらっしゃるすばらしい方々でした。

少しでも、故郷日本の思い出として心に残っていただければ幸いです。