みなさんこんにちは。群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

毎日暑くなってきましたね。
これから夏本番です!
皆様、楽しい夏をお過ごし下さい。

そんな夏の思い出の一つに、音楽はいかがでしょうか。

弦を爪弾く、日本を紡ぐ
箏とギターで綴る古典と現代

時:7月22日(土)14時開演
所:アトリエミストラル(高崎市下小鳥町312-4)
入場料:一般3,000円(当日3,500円、高校生以下1,500円)

19222605_2310621485830110_2989032325926378351_o

ショパンの愛したピアノ、プレイエルのあるコンサートホール、アトリエミストラルさんの企画によるコンサートです。

「世界を旅するコンサート」シリーズの、「日本」をテーマとし、今回は「古典と現代」を切り口に、日本の調べをお送りします。

出演は、
・ギター:草場学
・尺八:牧原笳童(琴古流)
・箏・三絃:鈴木創
の3名です。

全体は3部に分かれております。

第一部:日本の古典
三絃と尺八による「七小町」をお送りします。
小野小町にちなんだ、七つのエピソードをテーマとした曲になっております。
江戸時代の作曲をされた方々の並外れた能力に挑戦します。

第二部:日本の現代
ギターの草場学さんが、武満徹作品他を演奏します。
草場さんの音色は、とても爽やかですよ!

第三部:和洋の協演
三絃・箏・尺八・ギターで協演します。
いったい何が起きるやら!?

和服でお見えのお客様には、プレゼントのご用意があります。ぜひ、浴衣や着物でお出で下さい。

・チケットやお問い合わせは:090-8047-3757まで(アトリエミストラル櫻井さん)
・アトリエミストラルホームページ