みなさんこんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

今日は、お箏の値段についてお話をさせていただきます。

「高いんでしょ?」
「何十万もするんでしょ?」

というご意見をよく耳にします。
そんなイメージをお持ちの方が多い様ですね。

私のお稽古場に通って下さっているみなさんに購入していただいているお箏で、一番安価なお楽器は、

8万円(税別)です。

もちろん、国産で、ちゃんとした職人さんが作った楽器です。
これには、柱(じ)という糸を支えるものや、譜面台などの付属品がついています。

何でも高級品というのはあるので、上をみればキリがありませんが、入門されて普段ご自分の練習にお使いになるのには、そのお箏で十分です。

もし予算的にもう少しかけられるようであれば、そのご予算に応じたレベルのお箏を準備いしたします。 

また、お稽古を始める時には初期費用として2万円をいただいておりますが、その2万円の中には、指に付ける爪や調子笛、最初の楽譜などが含まれております。
爪は、象牙でできた、「宮城型」と呼ばれる高品質のものを採用しております。 

もし、お家に使っていないお箏があったり、親戚や知人からお箏をいただける場合は、メンテナンスをして使える場合がほとんどです。新品を購入するよりは、安くすみます。

ということで、次回はお箏のメンテナンスなどのことをお話させていただきます。