こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日13日から世の中はお盆に入り、お盆休みの方も多いみたいですね。
私も今朝はお墓に行き、お盆迎えをしてきました。

我が家は、お墓で蝋燭に火を付け、その火を提灯に入れて家まで持ってくるというやり方で、お盆迎えをします。

16日のお盆送りの時はその逆で、家で蝋燭に火を付け、その火を提灯に入れてお墓まで運び、お墓の前で火を消します。

実は、「お盆休み」といっても、あまり実感はありません。
今日も門人さんのお稽古がありますし、お稽古場にいればなんやかんややることはあるし、自分の練習もします。

昔を思い出すと、会社員の頃も、まとまった夏休みやお盆休みをとったことは、あまりありませんでした。

というのも、営業の仕事をしていたので、お客様や関係先の新盆のお宅に行ってお線香を上げたりする日もありましたし、また独身でしたので、ご家族がいらっしゃたりと、お盆に休む必要がある社員に休みをとってもらい、自由の身の私は出社していました。

でもそういう日は、外部からの電話などもあまりかかって来ないので、机の中やロッカーの整理などができて、けっこう有効に使うことができましたね。

まあ、2回ほどお盆休みをとった年もありましたが、 それは、それぞれ祖父と母の新盆の年で、親戚やお客様が訪ねて来て、忙しくバタバタしていました。

というわけで、「お盆休み」「夏休み」という概念が希薄な私は、いつも通りの日々を過ごしています。 15日と16日くらいは、少し寝坊しようかな〜