こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

先日、自宅兼お稽古場を建てる土地が決まったことをお話しさせていただきました。

その後、建物の設計がほぼ固まり、数社の施工業者さんに見積もりをお願いして、見積もりが出てきました。

しかし、残念ながら予算オーバー。

私の目論見は、

・多少の予算オーバー → 内容変更や金額交渉 → 落とし所を見つけて工事着工

となる予定でした。

しかし、 予算と見積金額の乖離が大きいため、落とし所に到達しないと判断しました。

建築士さんには面倒をかけますが、プランを見直します。

それによりスケジュールは少し伸びてしまいますが、致し方ありません。
本当は、一日でも早く、新しいお稽古場で仕事をしたいです。

今までの計画は、予算は建築士さんには伝えてあったものの、お互いに実現したことをたくさん盛り込んだ様な部分もあります。

また、計画地が都市計画上の用途地域では商業地域内のため、防火設備を使わなければならないなどの制約があります。建築士さんはその中で、私の希望を実現すべくいろいろと考えてくれました。

しかし、金額的に無理をすれば、今後のライフプランにも関わってきますので、納得できる形で着工したいですね。

正直なところ、ネットでいろいろな建物の写真をみると、「こんな部屋、いいな〜」などと思うこともあります。

逆に、こういうことになったので、そういう憧れや希望を、いろいろな条件の中でどうやって実現するかの知恵を私も考えたいですし、「お、そうなんだ!!」「いいねー!」という提案も欲しいですね。

また、どうしてもゼネコン時代の感覚が出てくるのですが、ゼネコン時代に扱った建物と個人住宅の違いも感じました。

建築士さんと腹を割って、納得できる家づくりをしたいですね。