こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

先日、ちょっと久しぶりにお会いした画家の方とちょっとお話をする時間がありました。

お互い、コロナで仕事や生活に影響が出た中で、いろいろなことを考え、試しており、そんなことの経験を語り合いました。

その会話の中で気づいたことや、コロナ禍で学んだことがあります。

それは、

・新しいものは、拒否せずに試してみる。

・世の中に合わせて、自分も変化していく。

・人の意見を聞き、自分の思考を柔軟にすること。 

といったことです。

私はけっこう頑固なところがあります。
また、「ここは守りたい」という部分ももっています。

しかし、それを守りながらも、新しいものを柔軟に取り入れていく思考がなければ、これからの時代に取り残されていくでしょう。

そして、そういったことを実現するためには、身の回りで起きている変化などに気づく感受性と、それを自分に結びつけて考える思考力。

そういったものを意識的に行ってみようと考えています。

やはり、人との会話は刺激があります!!