こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は、朝から邦楽関係の会議。

その後、昼食を挟んで、TinyMarketに参加しました。


2021-07-25 13.10.32


TinyMarketでは、前回から共愛学園前橋国際大学奥田ゼミの学生さんたちが、30分の模擬授業をしています。大学生が先生役になり、高校生や我々大人が生徒になります。

今回は、「浴衣会議」とタイトルが付き、浴衣についてみんなで考えました。
これは、中央通りにある老舗呉服店、小川屋さんとの協力企画です。

2021-07-25 13.11.12

いくつかプロセスはありますが、最終的には、参加者が2つのグループに分かれて、
「もし◯◯すれば、浴衣を着る様になる!」
を考えます。

例えば、「3秒で着られる浴衣があったら!」「身近に借りられるとことがあったら!」とか。

そして、最後は出て来たアイデアを付箋紙にして、笹の葉が書いてある紙の上に短冊の様に貼り付けました。

そこで出た内容ですが、邦楽の世界にも通ずるものがあり、小川屋の社長さんと、「もっと発信をしなければ」という共通認識で一致しました。

そして、とても関心したのが、大学生たちの授業運営がとっても上手なことです。
全体を仕切った学生さん、グループに分かれた時に私たちのグループに入ってイニシアチブをとってくれた学生さん、それぞれ参加者の発言を促し、みんなの意見をまとめるのがとても上手でした。

こういう人材が、会議に入ってくれたら、スムーズに話がまとまりますね。

また、他のメンバーに聞いたところ、この模擬授業も3週間くらいかけて綿密な準備をしたといいます。なので、とても練られており、かつ洗練されていて、30分の時間があっという間でした。

2021-07-25 11.44.57


私の大学生の頃は、一方通行の授業が多く、みんなでディスカッションをしたり、それをまとめるということはあまりしていませんでしたが、大学の教育も変わって来ています。

私自身も、大学生などとの会話は普段と違う感覚に触れることができ、とても刺激になります。TinyMarketでの奥田ゼミのみなさんとのコミュニケーションが、貴重な時間になっています。

そして、単純に、若い人が大勢浴衣や甚平でまちにいるというのは素敵な景色ですね!

2021-07-25 12.58.32