こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

みなさん、「鈴木貫太郎」さんをご存知でしょうか?
この方は内閣総理大臣なのですが、在任時の最大の功績は、ポツダム宣言を受諾したことです。
あの戦争を終わらせた人なのです。

海軍軍人で日清日露の戦役に従軍し、侍従長として昭和天皇のそばに仕えました。
そして奥様は「タカ」といい、昭和天皇幼少の頃の養育係。
そんなことから昭和天皇の信頼を得て、難局に立ち向かいました。

当時の日本の状況から、戦争を終わらせるのは大きな困難があったでしょう。そんな中で、結果として批判される一面もあります。また、ポツダム宣言受諾の際には自宅を焼き討ちに遭い、帰る家を無くしました。そして、戦争を終わらせたら、潔くその職を辞しています。

なぜこの方を取り上げるかというと、前橋に縁があるんです。お父様が群馬県庁に勤務していた縁で前橋に住み、桃井小学校を卒業し、旧制前橋中学(現群馬県立前橋高等学校)に在籍していました。

しかし、前橋の人でそのことを知っている人は少ないんです。実はいくつか、貫太郎氏の残したものが前橋にも残っております。前橋縁の人が今の平和国家のきっかけを作り、かつ人格形成期に前橋にいた。前橋市民にとって誇りあることだと思いませんか??

Wikipedia

2023-08-11鈴木貫太郎氏揮毫
元気21の横にある、鈴木貫太郎氏揮毫の石碑。