こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日11月25日は、父方の祖父の13回忌法要でした。
朝一番父の自宅に行き、私の車に父を乗せて出発。片道約3時間かけて、父の故郷である神奈川県横須賀市にある、臨済宗建長寺派の満昌寺というお寺に到着。実は、10分ほど遅れてしまったのですが、ご住職を含め、一同我々親子の到着を待っていてくれました。

その後、ご住職の般若心経に始まるお勤めがあり、一同焼香。そして、お寺の境内にあるお墓にお参りを済ませました。

それから、こういった時にいつもお世話になっているお寿司屋さんに行き、お食事をして、解散。しばし伯父(父の兄)の家に立ち寄り、一休みました。

父方に私の従兄弟は2人いるのですが、そこには高校生を筆頭に合わせて5人の子供たちがいます。もちろんですが、会うたびに大きくなり、みんなそれぞれ野球やサッカーを頑張っています。小学校3年生の女の子は、サッカーチーム唯一の女の子ですがゴールキーパーを務め、地域の優秀選手にも選ばれているとのこと。すっごいですね。

その反面、毎回お世話になっているお寿司屋さんのご主人夫妻が、ちょっとお年を召していることが心配になったり、身内の病気や入院などの話題も出たりと、時の流れを感じますね。

夕方横須賀を出て、夜には前橋に戻ってきました。