hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

前橋まちなか情報

8 11月

近所の熊野神社でお酉様。自転車がお菓子に化けた。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は11月8日、霜月の一の酉日。
お稽古場近所の熊野神社で行われている、「大酉祭(お酉さま)」に行ってきました。

このお祭りは、もともとは小石神社で開催されていたとのことですが、同神社が緑ヶ丘町に移転してからは、熊野神社で引き継がれているとのことです。

2019-11-08 13.37.51
立川町通りから伸びる参道には、いろいろなお店が出店しています。

2019-11-08 13.16.16
そして、熊手を売るお店も。
熊手は、まちなかの方の手作りとか。

2019-11-08 13.35.33
境内では、町内の皆様の甘酒やみそおでんの振る舞い(お気持ちでお賽銭)をはじめに、いろいろなお店が出店をされていたり、音楽イベントなども行われています。

拝殿の脇では、福娘が手のひらに「打出の小槌」を押してくれます。
2019-11-08 13.38.24

 
毎年、神棚に飾るお札もいただきます。
2019-11-08 13.54.36
 
抽選会も行われており、予定では一等の自転車をいただく予定でした。
なぜか、自転車がお菓子に化けてしまいました。

 2019-11-08 14.03.49

この熊野神社には、週に一回はお参りに来ておりますが、改めて、今までのお礼と、これからのことをお祈りさせていただきました。

お酉様ですが、氏子さんや町内の方を中心に運営されています。
いろいろな人が集まり、知り合いに会えたり、お話しをしたり、和やかで賑やかな時間をすごすことができます。かつての、地域の拠点としての神社の役割を垣間見た気がします。

本日夜8時まで開催しております。ぜひお運び下さい。 
28 10月

ラーメン二郎とめぶくフェス

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

本日10月28日は「群馬県民の日」で学校などはお休みですが、それに先立つ26日と27日は、お稽古場の回りではイベントが盛りだくさんでした。

まずは、「めぶくフェス」。27日の13時頃に突撃。

今年は、出店していたお店が、「あ、これ食べてみたい」と思うお店ばかり。
思わず食べ過ぎてしまい、もじゃさんにびっくりされました。

また、イベントが中央イベント広場とその回りで行われていたので、全体がすぐにわかり、お店同士の会話もあり、一体感のあるイベントでした。 

なんか、今年の「めぶくフェス」はレベルが高かった感じがします。
運営にあたっている知人とちょっと話しをしたのですが、大学生なども運営に関わってもらい、イベントの新陳代謝を図っているということです。

そして、もう一つのイベント。
(イベントといってもいいのか?)

27日の、「ラーメン二郎前橋千代田町店」のオープンです。 

27日の朝8時前、すでにお店の前には行列。そしてお店は開いていて、カウンターは満席。
どうやら、夜中から整理券を配っていたそうです。
全国からファンがかけつけ、徹夜で オープンを見守った様ですね。

ラーメン二郎のトップの方も見えており、ファンの方と記念撮影などをされておりました。
ときおり拍手や歓声も聞こえてきて、一つのエンターテインメントになっています。

翌る今日28日も、朝8時頃からもう15名くらいの行列。
お昼前も、夕方も、ずーっと50人くらいの行列。

並んでいる方は、どんなに時間がかかろうと、ずーっと順番を待っているんですね。
これだけ人をひきつける「ラーメン二郎」の魅力って、どういうものか、知りたいですね。

しばらくは、お稽古場の回りはちょっと賑やかになりそうです。

ただ、本当は、ラーメン二郎のファンの方が、ラーメンを食べるだけでなく、前橋のまちなかを回ってほしいですね。

早速、Twitterやブログなどにラーメン二郎前橋千代田町店の写真などが上がっていて、見ていたら、ラーメン食べたくなってきました、、、




 
4 10月

前橋まちなか音楽祭と、イベント盛りだくさんの週末!

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

10月となりましたが、なんか30度近くに気温が上がったりと、なかなか秋本番とはならない当地前橋です。

でも、カレンダーはどんどん進んでいます!

さて、明日10月5日と6日は、前橋のまちなかはイベントが盛りだくさんです!


前橋まちなか音楽祭

まちなかのホールで多彩なコンサートを行い、音楽の力でまちなかに人を呼び込もう!という主旨で行われています。3つの主要なコンサートがありますが、それぞれ、前橋に縁のある方が出演しております。

私は運営委員を務めている関係から、6日は会場に入っています。
当日券もありますので、どうぞご来場下さい!

そして、「タイアップ店舗」で「前橋まちなか音楽祭」の半券を提示すると、10月いっぱいまでサービスを受けることができます。「タイアップ店舗」は、会場で配布されるプログラムに記載されております。

ホームページはこちらから!


71019854_1149546725224359_4558386195838533632_n
 


オクトーバーフェスト

簡単に言うと、ビール祭。
中央イベント広場に多彩なお店が出店しております!
「前橋まちなか音楽祭」のチケットで、割引を受けることができますよ!! 
公式Facebookはこちらから!


風のまち音楽祭

公式ブログから、詳細はご確認下さい!

 
22 9月

前橋まちなかピアノと前橋まちなか音楽祭

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日、JR前橋駅や、前橋のまちなか数カ所に、ピアノが設置されました。

IMG_0245

これは、「前橋まちなかピアノ」という、「前橋まちなか音楽祭」の企画の一環です。

ヨーロッパや東京で話題になっている、公共空間に置かれたピアノを誰でも自由に演奏できるという企画です。

今日、
・JR前橋駅
・comm(中央通り)
・なか又(中央通り・電子ピアノ)
にピアノが設置されました。
10月6日までの予定です。

それ以外にも、
・前橋テルサ
・K'BIX 元気21まえばし
にも設置されております。

IMG_3033

IMG_4398


現地に行ってみたところ、前橋駅のピアノでは、けっこう上手な男性の方が演奏しており、その回りを小中学生が囲んで聞いていたり、高校生のグループが、「かえるの歌」を弾いていたりしました。

また、「なか又」のところでは、幼稚園くらいのお子さんが、お母様に手を導かれて、ドレミを弾いていました。

「音楽があるまち」という雰囲気になって、とってもいいですね!

そして、本番の「前橋まちなか音楽祭」ですが、
10月5日・6日に開催されます。


71019854_1149546725224359_4558386195838533632_n


「日韓交流コンサート」は、時節柄出演者が当初の予定から変更になりましたが、
松原広美さんと、在日3世である佐田山千恵さんのジョイントコンサートとして開催されます!

私は、今年は、運営委員に徹しております。



 
13 9月

日本一美しい散歩道

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、合間にリフレッシュを求めて、散歩。
いつも通り、広瀬川の回りを中心に歩いていました。

そうすると、先の方から、男性がこちらに向かって手を振っています。
お互い歩みを進めて距離が近づくと、その男性の正体が判明。

前橋が生んだ詩人、萩原朔太郎のお孫さんで、前橋文学館館長の萩原朔美さんでした。

朔美さん、明るく気さくで発想力も豊かで、とってもいい方。

その時の会話を再現します。
朔美さん「散歩かい?ここはささ、『日本一美しい散歩道』って言ってるんだよ!」
はじめ「そうですよね、前に目黒川を見に行ったんですけど、広瀬川の方がいいですよね!」
朔美さん「そう、あれは掘りすぎだよ。」
はじめ「目黒川は水面が遠いし、ネットで覆われているし、歩道との一体感がないですよね。」
朔美さん「昔の広瀬川は、写真を見ると川に入れるところがあったみたいなんだよね。一部を暗渠にして、広瀬川の水を浅く流して、そこに入れる場所みたいのがあるといいよね。」
はじめ「親水公園みたいな感じですよね。あそこの公園みたいになっているところだったらできるんじゃないんですかね?」
朔美さん「いいよねー。『日本一美しい散歩道』って言い続けているんだよ!」
はじめ「それ、お借りします!」

朔美さんと私の意見が見事に一致しました。

町の中を川が流れていて、河畔は自然にあふれ、そして手を伸ばせば水に触れられるような距離感。
本当に「広瀬川」は、前橋が誇るすばらしい環境です。

では、「日本一美しい散歩道」をご覧になって下さい。 

IMG_9308
川の周囲には遊歩道が整備されていて、柳など、多くの木が植えられています。

IMG_3621
この左側が、親水公園みたいにしたらいいな、と思ったところ。

IMG_1576
水量の豊富さ、そして、それが間近にある距離感。

IMG_5813
一部は、こんなに大きな木もあります。

IMG_7052
河畔にある、前橋文学館と、萩原朔太郎の銅像。
朔太郎は、実際にこのあたりを歩いていて、詩碑もあります。
そして今日は、お孫さんが歩いていました。

IMG_5160
かつてすぐとなりにあった製糸工場に水を送るための「交水堰」。

IMG_5810
昭和8年完成の「比利根橋」。


 
ギャラリー
  • 小学校へのお箏の寄贈
  • 小学校へのお箏の寄贈
  • 最後のお正月演奏
  • 学校がお箏を必要としています!
  • 小学校で授業をしました!
  • 小学校で授業をしました!
  • 小学校で授業をしました!
  • 道山会尺八演奏会
  • 演奏報告:セントポールズサロン銀座