hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

前橋まちなか情報

20 1月

前橋テルサのホールの再開にむけて②

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

前回、前橋テルサのホール再開にむけての投稿をしたところ、とってもたくさんの反響をいただいております。やはり、多くの方が再開を待ち望んでいるんですね。

シリーズ2回目として、今の前橋市内のホールの状況と、その中でのテルサのホールの意味をお話しようと思います。

前橋テルサのホールの収容人数は、約500名です。
かつて、前橋市内には同規模のホールとして群馬県民会館(ベイシア文化ホール)小ホールと、前橋市民文化会館(昌賢学園まえばしホール)小ホールがありました。他には、ちょっと小さいけど、群馬会館と群馬県公社ビル、群馬県社会総合福祉センターのホールがあります。

それらのホールの中で、群馬県民会館は今は大ホールだけ稼働し、小ホールは閉鎖されております。群馬会館と群馬県社会総合福祉センターは、反響板がないので音楽のジャンルを選んでしまいますし、駐車場の問題があります。公社ビルは、立地があまりよくない、、、

もう少し小さなホールがありますが、煥乎堂ホールは現在稼働しておらず、前橋文学館のホールは音楽系には貸し出さない方針となっております。

そういったことから、比較的使いやすいホールとしては、現在前橋市民文化会館小ホールのみが稼働している状態で、会場予約が非常にできにくい状況です。私も先日温故和楽会定期演奏会の会場予約にいったのですが、今年の11月の土日祝日10日間のうち、すでに市などが7日間を抑えてしまっており、残る3日間に20団体くらいが利用希望をしているという状態でした。

ですので、現在前橋市内の音楽教室やバレエ等、いろいろな団体が、会場を確保できず、思う様に公演や発表会などを行なえないんです。これは、目標にむかって頑張るというプロセスを奪ってしまい、レベル向上や経験値の向上や達成感を感じる機会を奪い、有意な人材の育成に支障が出てしまっているんですね。また、有料公演が行えないと、多くの方が芸術に触れる機会が減り、また実演者の収入の機会を奪うことにも繋がります。したがって、前橋の文化にとっておおきな支障がでている現状なんです。

ですので、前橋テルサのホールが再開することにより、同規模のホール数が「倍増」します!そういったことからも、このホールの再開がとても大きな意味のあることなんです。


2024-01-20 13.27.22のコピー




15 1月

面白くなってきた前橋のまちなか

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

昨日1月14日の夜は、最近の前橋らしい時間となりました。

まずは、アーツ前橋内にあるロブソンコーヒーで開催された、
「ティーンと大人のためのファッション講座/前橋とシルク/シルクの新しい可能性」に参加してきました。

主催の一人であるFashion Studiesの篠崎さんは高校の後輩。そして今回は4名の登壇者がそれぞれの立場でシルクをテーマとしてプレゼンを行いました。一人目は、前橋の歴史とシルクの関わり、二人目は和服の世界でのシルクの現状と新しい取り組み、3人目は群馬県蚕糸技術センターの研究内容や新しい光る絹糸の開発の取り組み、4人目は桐生市のまちづくりと養蚕のプロジェクトといった内容です。この講座については、今日1月15日の上毛新聞や、前橋新聞めぶくのサイトにも取り上げられています。

シルクをテーマとして、多面的に群馬や前橋を語る、とっても面白い講座で、とても勉強になりました。

そして、講座終了後は知り合いの参加者数名で中央通りの「月の鐘」に行き、カレーを食べながら講座内容やみんなで進めているプロジェクトについて語り合いました。そうしたらちょうど、篠崎さんと登壇者の一人も来店。

この夜の流れをまとめると、こういう感じです。
・アート作品に囲まれたカフェスペースで、地元関係者で知を共有。
・歩いていける話題のレストランでみんなで食事をして語り合う。

ここで私が言いたいことは、こういう流れがようやく前橋のまちなかでできる様になってきなということなんです。

地元関係者が得た知見を共有や表現し、それをみんなが享受する。そして、その後楽しい時間を楽しむ。そういう人の力と点が、線でつながってきたんです。

あとは、音楽という見地から言えば、音楽に携わる人がもっと表現できる場所がほしいんですね。そういう動きも始まってきました。

前橋のまちなかは、面白くなってきています!





9 1月

前橋初市まつり

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

毎年1月9日は、「だるま市」こと初市の日ですね!

てつこさんと一緒に行ってきました。
まずは、東和銀行前の仮宮にお参り。

2024-01-09 12.08.37のコピー


そして、福引でなんと二等が当たり、いくつか選べる賞品の中から青柳さんのおこしを選びました。このおこし、初市の時しか作っておらず、いつか食べたいなーって思っていたんですね。なんか、今年はいい年になりそうな予感!

2024-01-09 13.28.56


てつこさんはパンダを模したダルマを購入。
私はいつも通りまねき猫を我が家に連れ帰りました。

昼間なのでまだ人が少なかったけど、夕方になるともっと混むかな?
でも、おまつりのいいところは、人が集まって、いろいろな人に会えること。
今日も偶々多くの知り合いにお会いし、新年の挨拶を交わしました。

そして家では、新旧招き猫の引き継ぎ式。


2024-01-09 13.41.45のコピー
2 1月

「お正月あそび!」でした

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日1月2日は、中央通りのまちなかサロンの周りで「お正月あそび!」を開催しました。

これは、初売りに来るたくさんの方にお正月の雰囲気を楽しんでもらおうという企画です。
黒田人形店さんがいろいろな方を呼んでくださり、

・南京玉すだれの「たこっ茶」さん
・ディアブロの「casK」さん
・コマ回しパフォーマーの「なおティ」さん
そして、私です。

さらに、中央通りのコーヒー店「シープ」さんも出張出店してくださり、コーヒーなどの飲み物を提供して下さいました。

お客様は、まず中央通りで南京玉すだれやディアブロを見て、そして「まちなかサロン」の中でお箏を聴くという流れを、1時間弱の間で経験できます。もちろん、入退場自由で、無料です。

そして、コマ回しを体験してみたり、暖かいコーヒーを飲んだりもできます。

みなさんのパフォーマンスは、私が見ても楽しかったですし、コマ回しは沢山のお子さんが体験をしていました。なので、ご家族連れでいらっしゃっても、みんなが楽しめます。

おかげさまで、会場一帯は一日中にぎやかで笑い声などが響き、とっても楽しい空間となりました。そして、シープさんは準備したコーヒーが売り切れ!なので、まちなかの賑わいや、みなさんの売り上げに少しですが貢献できたと感じています。

来年も、この企画、もっとグレードアップしてやりたいな!

黒田人形店をはじめとるす準備してくださった皆さん、協力してくださったパフォーマーのみなさん、そしてご来場いただいたお客様や投げ銭をしてくださった方々に、御礼申し上げます。

2024-01-02 09.42.27


414323194_901604888216891_2680636553121127552_n


2024-01-02 13.10.54


2024-01-02 11.07.22


2024-01-02 10.44.09


2024-01-02 09.53.04
17 12月

1月2日「お正月あそび!」のご案内

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

毎年1月2日は、前橋のまちなかは「初売り」が開催され、福袋を買ったりする人でとっても賑わいます!

そんな中、お正月の気分を盛り上げるイベントをやっちゃおう!ということで、今年も開催しましたが、来年も「お正月遊び!」を開催します。

・時:1月2日 10:00〜15:00
・場所:まちなかサロン(中央通り鈴木ストア隣)


ディアボロ・コマ回し・南京玉すだれなど、楽しい出演者が集結!
そして、私もお箏を弾かせていただきます。

そして、なんと、入場無料!事前予約不要!
好きな時にふらっと来ていただき、好きな時に出て行っていただいてもいいんです。

まちなかで買い物をしたり、お食事をしたり、そしてちょっとした遊びも楽しんで下さい!

*LINE公式アカウントに入っている方は、ご来場でLINEショップカードのポイントを差し上げます!

お正月遊び



ギャラリー
  • ビールとビオラ
  • ビールとビオラ
  • めぶくPayが使える様になりました
  • 今の学生さんたちに伝えたい
  • 前橋立教会総会でした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • ライブドアブログ