hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

箏曲のこと

8 4月

オンラインお稽古

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、オンラインのお稽古に挑戦してみました。

最初はMacBookAirでLINEの「ビデオ通話」機能を使おうと思ったのですが、ビデオ通話のウインドウがあまり大きくならずに、断念。
「全画面表示」になるかと思ったのですが、、、、

iPadのLINEの方が大きくなり、iPadに切り替えました。

やってみての感想等。

・1:門人さんの音が聞きづらい。
・2:自分の音で門人さんの音が消えてしまう。
・3:タイムラグがある。
・4:門人さんがiPhoneの画面を見ているので、視線が合わない。
・5:門人さんの手の形や、どこの糸に爪を当てているのかがわかりずらい。
・6:自分の手の形を説明するときに角度を工夫する必要がある。

といった様に感じました。

1は、最初にMacBookAirにBluetoothスピーカーを接続していて、その後にiPadに切り替えたのですが、その際にiPadにスピーカーがすぐに接続できず、iPadの音だけでお稽古をしたからでしょう。iPadにBluetoothスピーカーを接続すれば、改善されるかもしれません。

2は、iPadのスピーカーの音が必要なボリュームまで大きく出来ず、私がお箏を弾くと、その音でスピーカーの音が聞こえなくなってしまいます。ですので、同時に弾くお稽古ではなくて、お互いがお互い弾く音を聴き合う様なお稽古の仕方の方が良いのでしょう。

3は、機器や回線の都合もあるかもしれません。どうしても、門人さんの動きが遅れてくるように感じます。これは2と同様に、お互いに聴き合うお稽古の方法にしてみたいです。

4は、慣れの問題ですね。逆に門人さんも、私の視線に不自然さを感じたかもしれません。iPadに映っている門人さんの手を見ると、伏し目がちな自分が向こうに映っているはずですからね。

5は、カメラの角度や画像の粗さに一つの原因があると思うので、これも慣れでしょうかね。

6は、「手の形をこうして」「弾き方をこうやって」ということを示すときに、自分の場所やカメラとの角度を変えたりする必要があります。今日もお稽古中に何回か動きました。

始めてだったので、試行錯誤や慣れない部分もありましたが、良い経験となりました。少しずつ慣れて、改善していきます。

でも、やっぱり、リアルに対面するお稽古が一番ですね。

最初はこんな風に準備をしていました。
パソコンの下に置いてあるのは、Bluetoothスピーカーです。
譜面台も、まさか自分がノートパソコンの台になるとは思っていなかったでしょう。
2020-04-08 16.54.42

で、iPadに切り替え。
横よりも縦の方が、顔から楽器まで映ります。
2020-04-08 17.56.33

自分から見るとこんな感じ。
この写真のiPadの画面には、インカメラで自分が映っています。
2020-04-08 17.56.02






 
6 4月

この音とまれ!最新刊22巻が来ました!

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日、届きました!


2020-04-06 20.27.15


「この音とまれ!」の最新の単行本、22巻です。

ブログでは何回も紹介させていただいておりますが、
廃部寸前だった高校の箏曲部に、天才少女と元不良少年たちが入部し、全国大会出場を決めるというマンガです。
一人一人の登場人物にストーリーを抱えていて、とても広がりのある繊細なストーリーです。

22巻も、全国大会へ向けて、新入部員の心の変化や部員へ及ぼす影響、そして最後は天才少女と元不良少年の関係がどうなるのか!?という風に進んで行きます。

ぜひお読みになって下さい!


 
27 3月

お稽古場のウイルス対策の一部を紹介いたします

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日3月26日、「親子でちょっとお箏」に参加の親子連れの方がいらっしゃいました。

それに先駆け、改めてお稽古場のウイルス対策を行いました。その一部を紹介いたします。

以前もお伝えした通り、私のお稽古場ではウイルス対策として、医師に相談の上、アロマスプレーを使っております。今回のウイルス対策もそのアロマスプレーを使いました。

2020-03-26 10.07.37
手に触れるかもしれない、柱を一つ一つ、アロマスプレーを吹きかけたティッシュで綺麗に。

2020-03-26 10.12.11


同様に、譜面台、そして手につける体験用の爪も一つ一つ拭き取り。

2020-03-26 10.18.27


その他、お箏の龍角の回り・入り口の扉の取っ手などをふきふき。

そして、壁などにもスプレーをぷしゅぷしゅ。

こんな感じの対策を行い、体験やお稽古のリスクをなるべく減らすようにしております。 
26 3月

オンラインお稽古の実験を延期としました、、、

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日のブログでお伝えした、「オンラインお稽古の実験」ですが、残念ながら延期としました、、、

ブログを更新した直後に飛び込んできた、小池知事からの「週末外出自粛要請」のニュース、、、

今回のオンラインお稽古実験の相手の門人さんが都内在住なんです。

実験の場所としてお借りした場所は濃厚接触が心配される場所ではないのですが、そこに行くまでの移動の中での危険性があります。

また、都内の感染者も急増し、その中に感染経路が分からない人が多く、「症状がないにもかかわらず感染している人がいる可能性がある」ということからも、関係者の安全を優先いたしました。

残念です。

また、状況を見て可能な環境になったら、実施してみたいと考えております。


 
25 3月

オンラインお稽古の実験

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

近々、「オンラインお稽古」の実験を行ってみます。

元々、私はオンラインのお稽古には懐疑的です。
やはり、弾き方による音の違いなどを実感するには、実際の音を聴かなければわかりませんし、
また、間や空気感を感じるには、リアルな対面が一番です。

でも、現在の様にコロナウイルスの影響が大きくなり、遠方からの移動をためらっている人や、出歩くことを躊躇している人などもいます。

そういった方のための臨時の措置として、オンラインでお稽古ができないかと考えました。

基本的な考え方は、
・追加費用がかからない
・新たな機器の導入やアプリの登録などを必要としない
として、私も門人さんも、新たな負担を追わないようにしました。

現在考えている方法は、
・ノートパソコンをWi-Fiにつなぐ
・Facebook MessengerやLINEの「ビデオ通話」機能を使う
というものです。

画面がなるべく大きい方がいいので、スマホやタブレットでなく、ノートパソコンとしました。また、角度の調整なども、ノートパソコンだとやりやすいでしょう。
そして、通信費やパケット代の問題をクリアするためにWi-Fiを使い、既に使っているものが活用できればとおもい、FacebookやLINEを使います。

いまはお金の送金も、LINEやPayPayでできますし、便利になりましたね。

週末に都内に住んでいる門人さんと実験をしますので、やってみた結果をご報告したいと思います。 

注意!!:お稽古の基本は対面で、「どうしても」という場合の実験です!! 
ギャラリー
  • オンラインお稽古
  • オンラインお稽古
  • オンラインお稽古
  • この音とまれ!最新刊22巻が来ました!
  • お稽古場で桐生まちなかテレビの収録
  • お稽古場で桐生まちなかテレビの収録
  • 正座椅子、合引き
  • 正座椅子、合引き
  • 正座椅子、合引き