hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

箏曲のこと

5 1月

お稽古の考え方

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

先日、ある門人さんとお話しをしていて、悩む部分があります。

私は、門人さんのお稽古の時に、あまり「このくらいはいいか」ということができません。
私にしてみれば、それは「手抜き」であり、「自分の仕事をいいかげんにしている」ということになります。

ただ、門人さんもお稽古に来る目的は人それぞれであり、ちゃんとしたお稽古を望む人もいれば、「楽しく弾ければ良い」という人もいます。

「楽しく弾ければ良い」という人に対しては、私は「楽しく弾くためには、最低限のことができなければ楽しく弾けないでしょ。」と言ってしまいます。

また、門人さんの性格にもよりますが、私のお稽古をある程度受け止めながらも、過剰な部分を柳に風と受け流す人もいますし、私も、そういう人には同じ事を何回も指導することもあります。それは嫌ではありません。

でも、他方、過去には私のお稽古をストレスに感じていた人もいる様なのです。

門人さんの考え方によって、お稽古の内容を変えることも考えてみたのですが、結局後々になって細かいことを指導しなかったことによって悪い癖がついてしまい、自分が後悔することが想像でき、できていません。

また、もし門人さんが人前で弾く様なことがあるときに、恥ずかしい思いをしてほしくないという私の想いもあります。

もうちょっと柔軟性をもって考えた方がいいのかな〜、とも思うこともありますし、それは自分の仕事を全うしていないし、悪い癖がついちゃうよな〜とも考えてしまいます。

うーん、どこが程々のところなんでしょうかね、、、

ーーー後刻追加ーーー

このブログを公開した直後にふと思ったこと。

ひょっとしたら、自分のやりたい方法だけで行くのは自分のエゴなのかな。
門人さんの要望があれば、それに寄り添うのが、指導する者の役割なのかな〜。

 
9 12月

和楽器の切手

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日郵便局に行ったら、こんな切手シートを発見!


2020-12-09 20.01.53

「楽器シリーズ第3集」となっており、一枚一枚の切手に和楽器が描かれています。

これは、63円の切手なので、ハガキ用。

封書の84円の切手シートもありました。

違いは、84円の方は、雅楽の楽器が中心となっていました。

買ってはみたものの、もったいなくてあまり使えないかもしれない😅

 
7 12月

あー、やっちゃった。お気に入りの駒が傷物に、、、😢

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

やっちゃいました、、、

今日、お稽古の合間に、ちょっと楽器などの配置を直していました。
譜面台を動かしていたら、足がスポッと抜けて、下に落下、、、

不幸にも、そこにはツヤ布巾(布)がかかったお三味線の胴が!!

恐る恐るツヤ布巾を外してみると、お三味線自体は無事。
しかーし、よく見ると、駒に傷が!!


2020-12-07 16.13.30

この写真の様に、斜めのヒビと縦のヒビが入ってしまいました。
内部のヒビの様なので表からは触ってもわからないのですが、
裏面を触ると、ヒビが交差する所でヒビの感触を肌に感じます。


2020-12-07 16.13.52

楽器屋さんに写真を送って聞いてみると、
・水牛は繊維質なので修理できない。
・とりあえず瞬間接着剤を流す方法はあるが、余分な所は剥離剤で剥がすと良い。
・ただし、剥離剤は手に入りにくい。
との回答が、、、

この駒、私の普段使いの駒で、けっこう気に入っているんです。
駒は、中に入っている金属が、鉛→銀→金の順番で高価になります。
この駒は鉛なのですが、下手な銀の駒よりも音が良いんです、、、


「後悔先に立たず」とは行くけれど、楽器を扱う時には注意をしているつもりですが、ちょっとした気の緩みで、お三味線の上空に譜面台を通してしまった私が悪いんです。

駒だけで済んだと思って、これからは、もっと楽器の扱いに気をつけます。。。




 
2 12月

新しい糸

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日12月2日、お三味線の糸を交換しました。
これは、月の頭の恒例行事です。

お三味線には三本の糸が掛かっており、太い方から一・二・三と呼んでいます。

一番細い三の糸はほぼ消耗品なので、切れたり音色が変わったりしたら交換するのですが、一と二は、あまり切れません。
でも、使い続けると、左手で押さえる所や撥が当たるところが毛羽立ってきて、音が悪くなって来ます。

ですので、演奏会の本番前には新しい糸に変えるのですが、今の様に本番がなく当面変えることが見込まれない場合は、月の頭に変えるのを恒例としています。


2020-12-02 11.23.55
 
先日、私の普段使い様のお箏も糸を貼り替えました。
その効果は顕著で、音も良く、柱も動きません。
気持ちが新たになります。

お箏・お三味線ともに糸を変え、また新たな気持ちで向き合えます。 
1 12月

来年の公演の会場下見に行って来ました。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、門人さんのお稽古の合間に、会場下見に行って来ました。
来年の1月に企画している公演の共演者さんと一緒に会場にお伺いし、会場の方と打合せ。
また、当日の会場設営なども協議。
だいぶ具体化してきました。

あとは、チラシのデザインができたら、皆さんに告知ができます!

コロナの状況でひょっとしたら内容などが変わるかもしれませんが、
現在のところ、開催に向けて動いています。

2020-10-10 09.04.36



 
ギャラリー
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • とうとう明日
  • 群馬県立歴史博物館のブルーノ・タウトの世界