hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

箏曲のこと

10 7月

7月19日Zoomで「地歌のエロス」

みなさんこんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

Zoomで地歌の世界に触れていただく、「地歌のエロス」を開催いたします。

主催は、「日本文化普及の会」
同会は、毎年5月に高崎市の観音山で「観翠会」という日本文化を体験できるイベントを開催しています。
しかし、今年は、新型コロナウイルスの影響で中止となってしまいました。

そこで、コロナのリスクを受けることなく、自宅で手軽に日本文化に触れていただく時間を企画いたしました。

どうぞ、お気軽にご参加下さい!

106582390_1161872967544896_2816682359397873558_o


『地歌のエロス』
令和2年7月19日(日)19:30〜21:00

・入場料 1000円
・zoom開催
・チケット購入はPeatixにて
※Peatixアカウント作成が必要となります。 

「地歌」とは、日本ではじめて成立した三味線音楽。
戦国時代から、御座敷芸として発展した。
江戸時代になると、三味線は庶民が自分の想いなどを表現する楽器となった。
それは、団塊世代がフォークギターをかきならした様なものか。
そこで、語られたのは、ほれたはれたの男女の色恋沙汰。
また、当時の文化サロンであった遊郭で働く
遊女の想いもたくさんうたわれた。
そんな当時のラブソングを今宵お聞かせいたしましょう。

※内容は、解説がメインとなります。

講師:鈴木創(箏曲家/生田流箏曲宮城社大師範)
主催:日本文化普及の会

参加申し込みは、こちらのリンク先から!
 
8 7月

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

私のお稽古場には、大きめの鏡があります。
普段は、表面に布を掛けていますが、その布がブランドの様に上げられます。
ブラインドを上げると、弾いている姿の全身が映ります。

今日、気になることがあり、久し振りにその鏡に自分の弾く姿を映してみました。

そうしたら、案の定、気になる部分が要改善点!

お三味線の構えです。

しばらく、その部分を意識して直さないと〜

こうやって、自分を客観的に見ることがとっても大切ですね。 
4 7月

お三味線の体験

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、お二人組の方が、お三味線の体験にいらっしゃいました。
申し込みは、ネット経由。
「椅子に座って」のご希望だったので、
テーブルを出して、その上にアクリルのパーティションを置き、準備。


 2020-07-04 13.43.07

約1時間ほど、お三味線の概要の説明や、弾き方、単純な音から簡単なメロディーを弾いていただきました。

お三味線は、左手で絃を押さえ、右手の撥で音を出します。
ですので、両方の手に気を配らなければなりません。
左手に気を遣っていると右手がおろそかになり、逆もまた然り。

けっこう苦労されていましたが、「難しいけど楽しかった」とおっしゃっていただけました。

体験などご希望の方は、お気軽にご連絡下さい!

 
1 7月

お三味線のアクシデントが頻発!

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、普段使いのお三味線に、いくつかアクシデントが!!

1:糸が切れた

お三味線の糸は三本あり、太くて低い音が出る方から、一・二・三と名前がついています。
一番細い三の糸は、はっきり言って消耗品です。
でも、一と二は、なかなか切れません。
私は、定期的に替えたり、本番前に替えたりしています。

今日は、まず三の糸が切れたのですが、その後にめったに切れない二の糸が切れました!!
20年以上お三味線を弾いていますが、二の糸が切れたのは、あまり記憶にありません。
まあ、駒に近いところが切れたので、糸巻に巻いてある部分を少し伸ばして再利用して節約。


2:駒の鉛が外れた!

私共「地歌」の三味線で使う駒は、裏面に鉛などの金属が入っています。
鉛の他には、銀と金を使っている駒があり、鉛よりも高価です。
その鉛が、いつの間にか外れていたんです!

普通は、弾いた時に音がちょっとおかしくなり、「あれ??」と思って駒を見ると、鉛が浮いているということがあります。
でも、今回は、前触れもなく突然外れました。
とりあえず応急処置をしましたが、今度楽器屋さんに調整してもらいます。

これが、駒を表から見たところ。

2020-07-01 18.58.41

裏返すと、こんな感じ。
黒い丸が二つありますが、それが鉛です。

2020-07-01 18.58.09

 
3:サワリ

三味線の一の糸は、棹が少し盛り上がっている所に触れていて、それにより弾いた時にビーンという様な音が混ざります。これを「サワリ」と呼んでいます。

普段使いのお三味線が、最近サワリがつきすぎていたので、糸の下に小さくちぎった半紙を入れて応急的に調整していました。

ところが、今日は半紙を外したくらいがちょうど良い、、、

天気の具合なのかなあ?

本当にお三味線は、繊細な楽器です。

こんなことが一日で起きた、珍しい日となりました。
25 6月

まだまだ気づくこといっぱい。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今週は、自分の練習に充てられる時間がけっこうあります。

というのも、今年に入ってからスケジュールの組み方を変えました。
門人さんのお稽古の日程を、なるべく集中させるようにしたのです。

まあ、一日に何人もの門人さんのお稽古をしなければならないので大変な面もあるのですが、
逆に自分の時間を作りやすくなりました。

なおかつ、演奏やイベントの仕事が少ないので、さらに自分の時間がけっこうあるという、、、😅

そうやってできた時間に自分の練習をしていると、
「あ、ここをこうしたらいいかもしれない!」
と、気づくことが一杯あります。

逆に、直したい部分がなかなか直らなかったり、、、

まあ、そんなことがずーっと続くんだろうな、と思っています。
奥が深い世界です。

 
ギャラリー
  • 7月19日Zoomで「地歌のエロス」
  • お三味線の体験
  • お三味線のアクシデントが頻発!
  • お三味線のアクシデントが頻発!
  • 大渡橋の石碑
  • 大渡橋の石碑
  • 大渡橋の石碑
  • 県の政策を利用し、四万温泉へ!
  • 県の政策を利用し、四万温泉へ!