hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

想い

21 9月

9年間お疲れ様でした

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

9月21日をもって、前橋市のまちなか、千代田町にある知人のお店が閉店しました。 

そのお店は、Cafe Frida(カフェフリーダ)です。

開店から9年。
まちなかで9年間も飲食店を継続したことは、とってもすごいことです。

店主の池下さんとは、長いお付き合いです。

直接の付き合いは、池下さんと私が、お互い建設会社の社員として同業者だった頃から。
おそらく、私が前橋に戻ってきた27歳くらいの時からでしょう。

それ以前から、家同士や会社同士の付き合いはとっても深く、
お互いの会社は、古塩松蔵さんという同じ親分の元から、兄弟分の様に独立しました。

池下さんのご両親の仲人は私の祖父母で、私の祖父母は池下さんの身内の方を下の名前で呼んでいました。それくらい近い仲なんですね。

池下さんと私は偶々小学校・中学校が同じで、池下さんの妹さんが、私の一学年上にいらっしゃいました。

建設会社にいたときも、お互いにそれぞれの会社の創業一族で唯一の若手だったのにもかかわらず、いろいろとままならぬことがあり、私は勝手に池下さんにシンパシーを感じていました。

その後、池下さんは建設会社を退社。その時の私は、同業の中で同じ様な想いをしていた池下さんが業界を離れたことに、とてもショックを受け、孤独感を感じていました。

準備期間を経て、池下さんはCafe Fridaを開店。
私もしばしば訪れ、話しを聞いてもらったり、池下さんの話しを聞いたり、けっこう精神的に落ち着く時間を過ごしていました。

鉄子さんとの出会いもCafe Fridaでした。
コンニャクを日常の食生活に取り入れて欲しいというこんにゃく会社の社長さんが企画した「こんにゃく宴会」に参加し、その時に鉄子さんと出会ったのです。

閉店の前日の夜は、私たち夫婦は、Fridaにお邪魔して時を過ごしました。

2020-09-20フリーダ


私が会社を辞めるときにも、池下さんにはいろいろ話しをさせてもらいました。

建設会社を辞め、自分のやりたい道に進む。
その意味では、池下さんと私は、同じ様な流れを歩んでいるのかもしれません。

Fridaが閉店してしまうのは、とても寂しいです。
でも、池下さんには新しい仕事のオファーが来ていて、10月からそちらの仕事に従事されます。
池下さんのことですから、その仕事でもきっとご活躍されることと思います。

新しい仕事が落ち着いたら、一緒に一杯やりたいですね。

2020-09-21 18.34.38






 
30 8月

ネット配信について私の考え

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、ネット配信についての私の考え方をお話しさせていただきます。
あくまでも、私一個人の考えとしてお読み下さい。

コロナ禍における演奏家や表現者の発信手段として、ネット配信が注目されており、実際に取り組んでいる方もいらっしゃいます。
しかし、私は、ネット配信にはあまり積極的ではありません。

いくつかの理由があります。

まずは音の問題。
私が和楽器を演奏する際に大切にしていることは、楽器の生の音を聴いていただくことです。
ですので、自分で企画をする演奏会は、マイクなどを使わずに、楽器のそのままの音を聴いていただいています。
なぜなら、お箏やお三味線、尺八は、ほとんどの部材が自然でできているからです。
マイクを通すと、お客様の耳に聞こえているのは、スピーカーの音なんです。
同様に、ネット配信ですと、スマホやパソコンのスピーカーに音を依存してしまい、聴いて下さる方が、どんな音で聴いているのかわからず、それは楽器本来の音と違うのではないかと思うのです。

次に、「空気」や「場」の問題。
「音楽を聴きに行く」という時、普段よりちょっとお洒落をして、着物を着たりして、「わざわざ」会場まで足を運んでいただきます。
私の企画の場合は、古民家だったり、カフェだったり、日本家屋だったりと、演奏のイメージに合った会場を選ぶことが多いです。場合によっては、お香を焚いたり、お抹茶を飲んでいただいたりすることもあります。
音楽を聴きに行くことは、そういった「非日常の時間」を感じていただく行為であり、音だけでなく、会場や庭園など、全てが一体となって「空気」や「場」を感じていただくことなのだと考えています。
ネットですと、大げさに言えば、パジャマで寝っ転がって聴くことも可能です。
そうすると、私が感じていただきたい空気が伝わらないと考えています。

そして、「手応え」の問題。
会場でリアルに演奏を聴いていただいていると、お客様の息づかいや空気感で、お客様と演奏者の一体感が生まれたりします。
ネットのライブ配信で演奏をすると、その時の会場の空気感というものが生まれません。
ですので、ネット配信は、「空気から学ぶ」ことが困難で、充実感や手応えを感じることがないんす。

そんなことから、私はあまりネット配信をしておりません。

ただ、ネットの活用として、ブログやLINE公式アカウントでは、私が考えていることや、私のプライベートのこと、そして邦楽に関することなどを日々発信しています。
それは、私自身や邦楽のことを身近に感じ、知っていただきたいからなんです。
そして、演奏会などができるようになったときは、ぜひ直接生の音を聴いていただきたいんです。

でも、ちょっと迷っています。
音楽の役割(特に楽器の生の音を聴いていただく音楽)は、人の心を癒やし、穏やかにすることです。
今の様に、多くの方が不安を感じたり、イライラしている時に、音楽を届けなくても良いのか、という葛藤もあります。

ですので、雰囲気や設えがちゃんとした部屋で演奏し、その動画をアップしておくというのは、一つの方法としてやってもいいかな、という考えも持っています。

LINEの公式アカウントは、こちらからどうぞ。
LINE

 
20 5月

日常に近づくけど、、、

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

お稽古場でのお稽古を再開して数日。
門人さんとの間には、透明のシートをかけ、もちろんマスクを着用しています。

やはり、音色や爪の糸への当て方など、オンラインではカバーしきれない部分も対面では見ることができます。
でも、オンラインで気づいたお稽古方法が、まだ対面のお稽古で実践できず、それは私が学ぶべきこと。


2020-04-13 15.56.09
 
夜、自宅に帰る時に、車でお稽古場の近所を一回りすることがあります。
徐々に、営業を自粛していた飲食店なども再開し始めています。
灯りがついていなかったところが明るくなるのはいいこと。

その意味では、徐々に、かっての日常に近いところに向かおうとしているのでしょう。

でも、感染症のことを考えると、密は避けなければならない、、、
どうすれば良いのか、複雑な思いです。

8月下旬に企画していることがあるのですが、
もう、中止の判断をすべきなのか、ぎりぎりまで判断を伸ばすのか、悩みます。

ある程度はいろいろな活動を再開しなければ経済も回りません。
でも、感染症を考えると、どうしても保守的に考えざるを得ない、、、
答えがわかりません。

今年は社中のみなさんとバス旅行をする予定があるのですが、
それも、実施すべきなのか悩んでいます。
 
見えないウイルス、見えない未来。
でも、少しでも経済活動も行わなければならないし、
人と人とのコミュニケーションを復活させたい。
 
9 3月

コロナウイルスの影響を少しでも少なくするために

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

新型コロナウイルスのことで、思うことをお話しさせていただきます。

目に見えないウイルスという相手。
いつどうなるかわからないという不安。
よーくわかります。
私も先がどうなるかわからない暗い気持ちがどこかにあります。

でも、みんながみんな、そんな気持ちばかりになったら、どうなってしまうでしょうか?
世の中が暗ーい雰囲気になってしまい、閉塞感のある時代が来てしまいます。
そして、一人一人の体の抵抗力が落ちてしまい、もっとウイルスが蔓延してしまいます。

まず、気持ちだけでも、前向きにしませんか?

例えば、今の状態が落ち着いたら、行きたいところや今行けない場所に行けた時のことを考えてみたり、計画を立ててみたりして、少しでもわくわくした気持ちになってみませんか?
スポーツクラブが再開した時のこと、学校の友達と再会出来たときのこと、そんなことを想像してみませんか?

または、今、各自が今の状況で何ができるか、どうすれば良くなるかを、考えてみませんか?

アロマに詳しい人は、どうやってアロマを活用したら家の中の殺菌ができるかを考えてみたり、食事を作ったりする時には、どんな食べ物を食べたら、免疫が増すかを考えてみたり。

そうやって一人一人の気持ちが前向きになって、少しでも笑顔が増えれば、免疫・抵抗力が増して、コロナウイルスの影響を少しでも弱められるのではないでしょうか。

次に、少しでも、経済的な助け合いをしませんか?

このままで行くと、あらゆる業界で、業績が悪化するでしょう。
そうすると、「コロナ不況」とも言える経済状態になるのではないでしょうか。
現に、飲食業界は、宴会の予約がほとんどキャンセルになり、大きな打撃を受けています。
宴会がなければ出入りの酒屋さんや食材業者さんの売上が減り、配送がないからガソリンスタンドの売り上げも下がります。タクシーや代行さんへの影響も大きいでしょう。

そういう、負の循環に入れば、みなさん個人個人の懐に響いてきます。


コロナウイルスにかからなければ体調は崩れませんが、お金がなければ命に関わります。

それを防ぐためには、少しでも経済的な助け合いをすることです。
今、お家や職場でお昼を食べているのであれば、たまには外にランチに行きませんか?
近所の居酒屋さんで、小一時間でいいですから、ちょっとビールとおつまみを楽しみませんか?
もちろん、移動中のマスクや食べる前の手洗いなどの対策は万全にして。

例えば、前橋市の20代から60代の方約21万人(平成29年の人口統計)が2,000円を使えば、4億2千万円の経済効果があります。それだけでも、救われる人が出てくるのではないでしょうか。

景気の「気」は気持ちの「気」ですから、この2つのことは、密接に関係しています。

私も、色々考えました。
いま、何ができるか。
私ができることは、お箏とお三味線です。
そして、それが少しでも前橋のまちなかの活性化につながることができればと常々願っております。
そこに今回は、新型コロナウイルスに対することが追加されました。

で、私なりに考えた答えが、「親子でちょっとお箏」なんです。
家にずーっと親子でいてストレスがたまっちゃうんなら、リスクを極力少なくすることができる外出機会を作れないか、そう思ったんです。
そこで、普段とはちょっと違うことをしたり、リフレッシュできたりしたら、少しでも笑顔を増やすことができるんではないか、と考えたんです。

正直、私も演奏の仕事がキャンセルになっています。
個人事業主に対しては、なかなか公的な支援が回ってきません。
でも、「今、何ができるか」を考えたり、秋頃の企画のことを考え出しました。
新しい企画を準備して、その時までにコロナウイルスが収束していなかったら、また中止すればいいと思っています。
今必要なことは、少しでも明るい未来を考えることではないでしょうか。
新しいことを考えていると、やっぱり楽しいですし、うきうきしています。
そのうきうきを、少しでも増やしたいです。

テレビなどの負の情報は、データだけを見て下さい。
コメンテーターのコメントは、その方の個人的な感想ですから、全てを受け入れないでちゃんと自分の頭で考えて下さい。
冷静に客観的になり、事実をしっかり見つめて下さい。

コロナウイルスにかかってしまい、体調を崩している方もいらっしゃいます。
一日でも早く、元気を取り戻していただきたいです。
テレビではなかなか知らされていませんが、もう退院している方もいらっしゃるんです。

このブログをご覧のあなた、今すぐに、元の生活に戻ることはできなくても、
少しでも、ちょっとでも、気持ちを前向きにしませんか。 
20 12月

温習会の写真から、社中の運営の考え方

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

先日、7日の温習会の写真データが届きました。
写真撮影をお願いしたカメラマンは、高校の同級生です。
DVDにデータを入れて、持って来てくれました。
プリントした写真はありません。

私はそれを自分のパソコンに保存し、曲毎に全体の写真とパート毎などにズームした写真を選び、出演したみなさんとシェアしました。

シェアの方法は、「30days Album」というネット上の無料サービスを使っています。
温習会の写真が見られるアドレスを、社中の皆さんが入っているLINEグループにメッセージで送ったり、賛助の皆様には個々にお伝えしたり、ご本人がスマホなどを持っていない方には見方を紙に記載し、ご家族の方にアクセスしていただいたりします。

そして、 プリントした写真が必要な方は、各自で発注していただきます。
そうすれば、一枚数十円から100円程度で写真が手に入ります。

昔は、写真屋さんが人数分を大きく現像して、それをみなさんにお配りして代金をいただくという方法をとっていたでしょう。
そうすると、写真をお渡しする手間がかかりますし、写真一枚につき1,000円以上の費用が発生し、門人さん達の負担が増えてしまいます。

私は、社中を運営したり、温習会を行ったりするにあたり、門人さん達の負担を極力増やさないようにと考えております。
温習会を行うにも、門人さん達からいただいている積立金の範囲内で行う様にします。
で、お金をかけるところとかけないところをメリハリを付けます。


めくり(舞台の脇に置く、演奏曲目を書いた紙)は作りませんし、プログラムはWordで作成して私のプリンタで印刷しました。また、手土産や記念品も作りません。
でも、舞台設営をする楽器屋さんは、信頼がおけるきちんとした楽器屋さんに依頼しますし、みなさんのお弁当も信頼できる手作りのお店に高くない値段で依頼しました。ちなみにそのお店も高校の同級生のお店です。

そうやって、必要なところに必要な経費をかけ、他は極力お金をかけず、皆さんの負担をなるべく少なくするようにしています。

けちくさいかもしれませんが、そうやって門人さん達が無理なく参加できるように心がけています。 それが、邦楽に少しでも多くの人が入りやすくする一つの方法と思っています。
ギャラリー
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 久し振りの演奏で、足利市に行きます。
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け