hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

日記

29 9月

お稽古のピーク日

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、今週のお稽古のピークの日でした。

私は、だいたい週末のうち1日と、月・火・水に門人さんのお稽古が入っていることが多いです。

とくに火曜日は、朝9時半から、8人から9人。
今日は7人でしたが、終わった今、喉もがらがらで、正座続きで足も痛くなります。

その中でも、自分のテンションが上がって門人さんを上手く乗せられたお稽古などは、かなり充実感があります。

私が心がけなければならないのは、早口になってしまうこと。
ゆっくりとかみ砕いて論理的に説明をすることを、もっと成長して行きたいですね。

明日は夕方からのお稽古なので、ちょっとのんびりできるかな。

なりたい自分になるぞ!

 
28 9月

半沢直樹おわっちゃった、、、

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日の夜、とうとう終わってしまいました。
何が??
そうです、あれです。


半沢直樹!!


前回シリーズからはまり、今回も全部を見ました。
私がドラマを全部見るのは、とっても珍しいことなんです。

社会的にも大反響を及ぼしていますが、どうしてこんなにもファンが多いのでしょうか?

私が思うに、自分の信念を貫き、誰に対しても自分が正しいと思うことを言い、そしてやるべきことに全力であたる。そんな半沢直樹の姿に憧れるからなのではないでしょうか。

言いたいことがあっても言えなかったり、自分を貫きとおせなかったり、現実はそんなことが多いかもしれません。

まあ、都合が良く物事が運ぶのはドラマだからとして(笑)、そこに他のキャスト陣も彩りを加えてくれていますね。

暖かく見守る奥さん。
半沢直樹に惹かれて協力する同僚や後輩、さらには外部の人たち。

中野渡頭取は膿を出し切って潔く身を引き、大和田常務は半沢の心に火を付け、銀行に留める。

ここでこの物語が終わったらもったいない!!

島耕作じゃないけど、「部長」「取締役」みたいな続編が見たいですね!
 
26 9月

久し振りの演奏で、足利市に行きます。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

明日27日日曜日は、久し振りに演奏のお仕事です。
2月以来ですから、半年以上ぶり。


2020-09-19 16.11.26
 
会場は、栃木県足利市の名草いわなパークの特設舞台。
密を避けるために、屋外での演奏となります。

心配なのが天気。
今(26日19時過ぎ)、当地前橋はしとしとと弱い雨が降っています。
雨音は情緒がありますが、明日のことを考えるとちょっと心配。

地面が土の様ですので、履物をどうしようかな、などと考えています。

どうか、天気になりますように。 
25 9月

不断の春の厩橋は人の印象にも芸にも通じる

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

先日、偶々「好印象を与える一流の人」の様な記事を読みました。
元CAの方が書いた記事で、ポイントが3つ書かれていましたが、その中の一つが芸にも通じると感じました。

それは、「一つ一つの動作が丁寧」という様な趣旨だったかと思います。
例えば、人に何か物を渡すときに、両手で丁寧に渡す。
そういった動作は、相手に対して「自分は大切に扱われている」という印象を与えますね。

反面、私は元の勤務先で、銀行から出向してきた人が、書類を人に投げつける場面を何度も見ました。
それは全く逆の印象を与えるものでしたが、まあそれは、そういうことを敢えて行い、今風に言えばマウンティングをしていたのかもしれません。

記事の筆者は、CAの方達は、普段の動作から指先まで神経を行き渡らせ、丁寧な立ち振る舞いが身に付くように努力をしているということも書かれていました。

私共の芸事も日々の努力の積み重ねにより成長し、そして手・歌・耳などいろいろなところに神経を使います。

それは、練習の時だけでなく、歩いている時や家で寛いでいる時にも当てはまります。

また、丁寧な動作は演奏の際の丁寧な手の動きにもつながり、ちょっとした動作や立ち振る舞いもCAさんの様にもっと丁寧にしなければならないな、と思いました。

なりたい自分になる。
それには不断の努力です。

そういえば、母校の校歌に「不断の春の厩橋」という一節があります。
「絶え間ない常日頃の努力を行えば、人生の春が迎えられる」という様な意味なのかな。
 
23 9月

立奏台の穴に板取り付け

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

お箏を椅子に座って演奏するときには、「立奏台」という台を使います。

私は通常、こういう台を使っています。 

2020-01-01松本楼

横の板が反響板の役割を果たし、音が前の方に響きます。

以前はこういう立奏台を使っていました。

2016-01-09 17.23.09

この立奏台は、海外へ行かれることが多い演奏家の方が開発し、そのために軽量化を求め、板に穴が空いています。

持ち運びにはいいのでしょうが、音の響きという面ではちょっといまいちかもしれません。

今度、立奏台が2台必要な場面があるので、この立奏台も必要になってきました。

そこで、DIYで穴を塞いでみました。 

2020-09-19 20.31.37
これが作業前。

2020-09-19 20.32.56
買ってきた板をあてて、貼り付ける所に鉛筆で線を引きました。

2020-09-19 20.34.45
線の内側に、木工用ボンドを塗り塗り。

2020-09-19 20.35.57
へらを使い、ボンドを伸ばす。ボンドの乾きが早いので、ちょっと焦りました。

2020-09-19 20.42.14
板を張り付け、Cクランプや辞書で養生。 

一晩経過し完成!
2020-09-20 07.49.56
まあ、足下が大きく空いているので、効果は限定的かもしれませんが、少しはましになったかな。 
ギャラリー
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 久し振りの演奏で、足利市に行きます。
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け