hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

日記

25 1月

小学校へのお箏の寄贈

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

先日のブログでお伝えした、舘林私立第四小学校の件ですが、本日先生がお見えになり、お箏の寄贈をさせていただきました。


020122上毛舘林四小お箏

いらっしゃった先生によると、上毛新聞の記事をみて、かなり多くの連絡が入ったそうです。

それだけ、眠っている楽器がいっぱいあるんですね。

私からは、お箏二面と、柱を一セット、寄贈させていただきました。


2020-01-25 14.51.37


お箏2面のうち一面はすぐに使えますが、一面はメンテナンスが必要な状態です。それは、学校が今後のメンテナンスの計画を立てて行くそうです。

小学生にお箏を活用してもらい、そして卒業後も弾き続けてくれるといいなあ。 
19 1月

前橋立教会新年会

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨晩、前橋立教会の新年会が行われました。

「前橋立教会」とは、前橋近辺に在住する立教大学卒業生の公式な集まりです。

参加者の年代は幅広く、25歳くらいの年齢差の同窓生が集まりました。

でも、時代は違えども同じ大学に通っていたので共通の話題も多く、
「あの先生はどうだった」「あそこには昔こんな建物があった」「こんなお店に行った」などの懐かしい話題で盛り上がりました。

また、年に一回開催される群馬県全体の「群馬校友の集い」が、今年は前橋立教会が幹事となる年。

そんな年なのですが、私がこの度前橋立教会の会長に就任し、その「群馬校友の集い」の準備を行います。これから中心になって動いて下さるみなさんと話し合いを進めていく予定です。

もしこのブログをご覧の群馬県内にいらっしゃる立教大学卒業生の皆さん、8月22日は「群馬校友の集い」です!スケジュールに入れておいて下さい!! 
17 1月

令和2年今年のテーマ

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

漸く、本年「令和2年」のテーマ・目標を節制しました。

「深く穏やかに進む」

それぞれの言葉が持つ意味は、
・深く:芸やお稽古をより深く探求すること。
・穏やかに:せっかちをなるべく抑え、体の力を抜いてリラックスし、一つ一つのことを心を込めて丁寧に行うこと。
・進む:は、あらゆることを前に進め、進化していくこと。
 となります。

具体的なことに落とし込んでいくと、下記の通りになります。

心がけること
・姿勢良く、力を抜いてリラックスする。
・心をこめて丁寧にゆっくりと行動する。
・何かあったときは、「どうすればできるか、どうすれば良くなるか」を考える。

箏曲
・曲のイメージ、一つ一つの音の持つ意味をイメージして曲を作り上げる。
・今頭の中にある企画を一つ一つ実現していく。
・門人さんたちと、熱く穏やかにしっかりと向き合う。

活動
・音楽・前橋のまちなか・和文化の振興が一体となった取り組みを進めるー「和心の彩」の活動

思考
・音楽の役割、自分の役割、日常の中の芸術を感じることを考える。

個人的なこと 
・お酒を飲み過ぎず、規則正しい生活で健康を維持する。
・自宅兼お稽古場をもつ。
・収入のこと

今年も頑張るぞ! 
13 1月

道山会尺八演奏会

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

先日、紀尾井小ホールで行われました、
「第一回道山会尺八演奏会」にお伺いしてきました。


2020-01-13 10.17.50

ちょうど東京にいるタイミングでの開催。

道山会とは、都山流尺八の藤原道山さんの社中です。
社中の会ではありますが、糸方(お箏やお三味線の演奏者)は東京藝術大学を卒業した宮城会の中堅から若手の専門家ばかりで、とても豪華なメンバーでした。

演奏内容は、「流祖中尾都山と宮城道雄」とのサブタイトルにあるとおり、大正10年頃に中尾都山先生と出会った宮城道雄先生がどの様に音楽的な影響を受けたか、また宮城作品の中で尺八の重要性が如何に高まったかが、よく分かりました。

その中で、私にとっては未知であった宮城道雄先生が作曲された尺八の三重奏曲を初めて聴いたり、音源を聴いたことはありますが生の演奏を初めて聴いた「春陽楽」という演奏時間40分に及ぶ邦楽の大合奏曲もありました。

プログラムの解説も昔の資料などを掲載してかなり資料性が高く、勉強になる内容となっております。

また、「玲琴」という、オリジナルは4挺しかないといわれいてる楽器が2挺使われ、戦後初の試みとのことです。

もちろん、藤原道山さんの澄んだ尺八の音色は心を洗われる気分になりました。

こういった、邦楽の魅力を発信する機会に触れることができ、自分にも大きな刺激となる時間でした。 
12 1月

久し振りの東京滞在

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

10日から11日にかけて、東京都内に滞在をしておりました。

何をやっていたかというと、
・本番に向けての合わせ
・セントポールズサロンでの演奏
・演奏会を聴きにお伺いする
・楽器店の訪問
などでした。

久し振りに丸2日ほど都内にいて、合間の時間ではスタバに滞在をしたりしました。
演奏などについてはまた後日報告させていただくこととして、今日は、東京にいた感想をいくつか。
 
1:新しいものが多い
当たり前ですが、新しいものが多いですね。
いつの間にか建物が建て変わっていたり、お店が新しく変わっていたり、前橋では見られないような高級な車が普通に駐まっていたり。
新しい建物は、デザインやインテリア、また建物内のサインなどがとても洗練されており、刺激を受けます。

2:お店が多い
当たり前ですが、歩いているだけで「あれ、ここどういうお店だろう」って気になる飲食店が多くあります。
今回も、夜は3名で歩きながら見つけた、京のおばんざいのお店に寄らせて頂きました。

3:いろいろな国の人が多い
都内を歩いていると、本当にいろいろな国の人がいます。
スタバにいたら、隣の席ではイスラム圏の人と西洋系の人が、英語で楽しそうにお話しをしていました。
中でも一番多いのは中国系の人で、どこにいても耳には中国語が入ってきますね。

4:BGMが気になる
いろいろなお店で、BGMに和のテイストが取り入れられています。
オリンピックに向けて日本の文化を活用していただけるのは大変いいのですが、一部とっても気になることがありました。
というのも、お箏の音を取り入れているのですが、それがシンセサイザーなどで入れた「お箏風」の音なんですね。使われている音階も、西洋音階の音です。とっても違和感を感じます。
せっかくなのですから、お箏はお箏の音をレコーディングして使って頂きたいですね。

今回は1泊2日。朝は普段よりちょっとゆっくりと寝坊ができ、すっきりとした目覚めでした。

ホテルの部屋からは、こんな景色が。
2020-01-11 09.42.48
調べてみると、昭和9年に建設されたビルなのですが、建物のペントハウスの一番上の笠木部分や、壁にさりげなく手の入った装飾。当時のこういった雰囲気、けっこう好きなんです。

そして、楽器屋さんから持ち帰った、メンテナンスの終わった門人さん達のお箏、、、僕の車には、お箏6面とお三味線2挺は積めることが分かりました。お三味線がなければ、お箏は8面から9面くらい積めそうです。

2020-01-11 22.19.35






 
ギャラリー
  • 小学校へのお箏の寄贈
  • 小学校へのお箏の寄贈
  • 最後のお正月演奏
  • 学校がお箏を必要としています!
  • 小学校で授業をしました!
  • 小学校で授業をしました!
  • 小学校で授業をしました!
  • 道山会尺八演奏会
  • 演奏報告:セントポールズサロン銀座