hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

日記

23 9月

雨が強くなる前に用事を済ませた1日

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は、体験の方が2名、お見えになりました。
両名とも若い方。お箏やお三味線を楽しいと思ってもらえたら嬉しいですね。

体験の時には、お箏やお三味線にわかりやすい様に紙を貼ります。
2022-09-23 10.11.19

2022-09-23 10.30.32



昼食後は温故和楽会の用で前橋市民文化会館(昌賢学園まえばしホール)へ。
久しぶりに行きましたが、ロビーが和の装いになっていましたね。
2022-09-23 14.30.58


まちなかに戻り、二箇所ほど用事をすませ、10月のイベントの打ち合わせ。
その後は高崎に行き、「前橋まちなか音楽祭」のチラシとチケットを受け取り。

台風の影響で明日はけっこうな雨が降るかもということで、今日のうちに外出する用事を済ませてしまおうと思ったんです。なので、けっこう今日に予定を詰め込みました。

おうちに戻り、 量の多い事務局作業。
そんなこんなで、さっきちょっとほろ酔いの知人が立ち寄り、いろいろ雑談。

さて、もう少しで今日はおしまいにしようかな。 
22 9月

会議に練習にヨガに墓参りにプレオープンな1日。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は朝から、「温故和楽会」の事務局会議。
11月20日の定期演奏会に向けたいろいろな事項の協議。
そして、チラシもできたので、出演社中への配布の段取りなども相談しました。

2022-09-22 21.27.21


その後昼食を食べ、しばらく自分の練習や事務処理等。

15時から、前々から予約をしていたヨガの先生が我が家にお見えになり、てつこさんとヨガ。近所のSalon Cempakaさんにお願いして、おいで頂いた先生です。

なんか体の回りが良くなり、全体的にほんわかした感じになりました。

S__102014980

そして、お彼岸なので、お墓参り。
母が眠るお墓と、母方の実家のお墓へ。

2022-09-22 16.48.41

2022-09-22 17.18.50


そして夜は、女将の隠れ家和食の場所を引き継いでできたお店のプレオープンへ。
なんだかんだで知り合いがたくさんいらっしゃいました。
和と洋の融合を楽しみました。
これからが楽しみなお店です!

2022-09-22 21.18.51




 
14 9月

もう秋なんですね

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

昨日、文房具を見るために、Hi-Note前橋店に行ったところ、もう来年の手帳がたくさん陳列されていました。せっかくなので、ちょっと見て見ましたが、やはり私は慣れ親しんだバーティカル型を来年も選ぶと思います。

そういえば、ここ数日は暑いといってもむしむしした感じは減って来ておりますし、先週はトンボをだいぶ見かけました。

いつの間にか今年もあと4ヶ月になり、そして確実に秋になったんですね。

秋は、暑さが和らぎ、中秋の名月や秋の草花、そして夜になると虫も鳴き、目も耳も風情を感じさせる季節です。

ですので、箏曲の世界には、秋をテーマにした曲がたくさんあります。
どれも、しっとりとした風情と華やかさを持つ曲ですね。

そんな曲をゆったりと弾く時間がほしいですが、現実はさにあらんや。
秋は演奏会が多いシーズンでもあり、今現在、10月から11月にかけて4つの出演を予定しております。
そのほかに、お世話になっている方の演奏を聴きに行く予定もいくつか。

なので、私の希望とはうらはらに、けっこうどたばたする季節でもあります。
そして、そんな季節が終わると師走を迎えます。

そんなあっという間の季節ですが、なるべく心を落ち着かせ、一つ一つのことに丁寧に向き合い、学びができる日々を送りたいと考えております。 
12 9月

地域の魅力

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

昨日11日、奥多摩まで車で行ってきました。
行きは、関越道→圏央道→青梅ICから青梅街道という、一番オーソドックスな道路を利用。

それにしても、私の青梅街道のイメージは、23区内の4車線あるような道路だったので、奥多摩の青梅街道はそのイメージとはだいぶ違いましたね。同じ道路とは思えないくらいです。片側1車線で道幅も狭く、けっこうくねくねしています。そこに自転車や山登りに行く人もけっこういるので、運転に気を使いました。トンネルも多いのですが、古いので幅が狭いですね。でも、運転しながら、この道を切り開いてきた先人たちの労に思いを馳せておりました。

帰りは、時間もあったので「下道で行こう!」というちょっと非日常なアイデアが浮かんでしまい、奥多摩から前橋まで下道で帰ってきました。それも、じっくりと地図を見たり、ナビで設定をしたりではなく、その場その場の雰囲気と、GoogleMapでのおよその方角を調べただけで。

結果として、青梅街道から、小曽木街道を通って美杉台通りで飯能市へ。「飯能寄居線」「川越日高線」から国道407号、国道17号を経由して群馬県に入り、藤岡市内から「群馬の森」の前を通る道を経由して前橋に戻る、というルートを辿りました。

興味深かったのが、復路の道々の景色なんですね。

国道沿いの賑やかな地域には、どこでも見るようなチェーン店が道沿いに並んでいます。
例えば、ヤマダ電機やケーズ電気にニトリ、ユニクロなど。
そして、埼玉県内なので、スーパーはベルクが多かったですね。群馬で見かけるベルクよりも、店舗の大きさはちょっと小さめ。

飲食店は、一番多かったのがマクドナルド。そして回転寿司はかっぱ寿司が多く、あとはスシローとくら寿司。幸楽苑とゆで太郎がぼちぼち。

コンビニは、ダントツにセブンイレブンばっかり。あの数はすごい!

国道沿いの賑やかな地域では、 こんな感じで、どのお店が目につくか、といった視点で景色を見ていました。

でも、正直言って、どこも同じような景色で、変化がないというのが実感です。

それとは逆に、 県道市道沿いの景色の変化が面白いですね。

青梅街道を奥の方に行くと、道路近くに集落があり、そして山が迫ってくるという構造は、群馬と一緒です。でも、その集落の家の数がやはり多いですね!

さらに、そういった道路沿いには、街々に根ざしたお店や飲食店がたくさんあり、ちょっと寄ってみたくなった雰囲気のお店もありました。学校もあり、地域の人たちの生活が見えたり、学校内の建物配置にちょっと興味をもつところもありました。また、造り酒屋さんもあったり、独特の個人店も。まあ、気になったお店に全て寄っていたら、きっと未だに前橋に着いていなかったでしょう(笑)

観光で遠くの有名な観光地に行くのもいいかもしれませんが、身近な場所や隣県くらいの、ちょっと鄙びた地域特有の場所を回るというのも、とても面白い旅行になりそうですね。

日本の魅力は地域にありますね。 
9 9月

エリザベス女王のご逝去に思う

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今朝目覚めてテレビを付けたら、飛び込んできたのは英国のエリザベス女王のご逝去の報。

私は、もちろんお会いしたこともありませんが、自分が思った以上にこのニュースに衝撃を受けました。

私は20年ほど前、約1年間英国に住んでいたことがあります。
なので、自分が感じている以上に、私の中に英国や女王に対して親しみがあるんですね。

英国滞在中は、毎日の様にエリザベス女王の肖像が入った紙幣を使っておりました。
(イギリスは、全ての紙幣にエリザベス女王の肖像が入っています。今後はチャールズ3世になるとのこと。)

また、バッキンガム宮殿の周りをうろうろしたこともありますし、ウィンザー城も見学に行きました。

そして、なんかイングランドという国全体が、王室を持つ、とくにエリザベス女王がいらっしゃるということを感じさせる雰囲気があり、その中で日常生活を送っていました。

それは、王室御用達のブランドに入る紋章が日々目に入ったりすることや、ロンドンの街並みが昔の雰囲気を保っていることなどもあるかもしれません。

そして、個人的にイギリスの車やブランドはけっこう好きで、昔1台乗っていたこともあります。
イギリスの車の内装のウッドやレザーを多用した雰囲気というのは、やはり王室や貴族というクラスがあるから生まれたのだと思います。

そんな、国の印象を一身に背負って王位を70年にわたって守られたエリザベス女王のご逝去に、深い哀悼の意を表します。

それにしても、チャールズ3世が73歳で即位とは、普通なら引退するころに本番を迎えるという、過酷な使命ですね。

 
ギャラリー
  • 今井尋也さんと萩原朔太郎の合わせ
  • 今井尋也さんと萩原朔太郎の合わせ
  • 雨が強くなる前に用事を済ませた1日
  • 雨が強くなる前に用事を済ませた1日
  • 雨が強くなる前に用事を済ませた1日
  • 会議に練習にヨガに墓参りにプレオープンな1日。
  • 会議に練習にヨガに墓参りにプレオープンな1日。
  • 会議に練習にヨガに墓参りにプレオープンな1日。
  • 会議に練習にヨガに墓参りにプレオープンな1日。
  • ライブドアブログ