hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

メルセデスベンツW204

11 6月

日産シーマ

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

最近、ネットニュースで、女優の伊藤かずえさんの話題を見ました。
愛車、初代日産シーマ(Y31)を平成2年(1990年)から今でも乗っていらっしゃり、走行距離は265,000kmになるそうです。
その間、エンジンを1回載せ換え、エアサスも2回替えているとのこです。 
すっごい、Y31シーマ愛ですね。

このニュースを見て、とっても懐かしくなりました。
私の実家にも、祖父の車として、初代シーマがありました。
ボディカラーは黒。

このシーマ、当時の国産車にはない雰囲気がありました。
丸みを帯びながらもシャープなデザイン。
独特の輝きのある塗装がもつオーラ。
そして、ボンネット先端に輝くアカンサスマーク。

私、けっこうこの車が好きだったんです。
で、平成8年の夏に免許を取ったときに、祖父のシーマを狙っていたんです。
そのシーマは昭和63年か平成元年式でしたから、すでに7〜8年前の車。
おまけに、祖父はその頃、他の車を自分のファーストカーにしていました。
ですので、ちょうどいいのかな〜とも思っていたんです。

車は法人名義でしたので、簿価で買い取ってもいいと思っていました。でも、祖父は公私の区別をつけたのでしょうか、私の願いはいつのまにかうやむやになってしまいました。

私の車歴のスタートがもしY31シーマだったら、その後の好みも変わっていたのかもしれません。ひょっとしたら、今でも乗り続けていたかもしれません。
実際には、数年間はマニュアルの車を乗り続けていました。

シーマもモデルチェンジを行い、大分大きくなり、デザインの雰囲気も変わっていきました。
2代目以降のシーマは、私の心に引っかかってきません。

奇しくも、今乗っているメルセデスベンツCクラス(W204)とY31シーマは、ほぼ同じ大きさ。

このくらいの大きさのセダンが、私の好みなんでしょう。

昔のことが、懐かしく思い出されました。

 
12 2月

車のキーの電池交換

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日、車のエンジンをかけたら、「キーの電池を交換して下さい」との表示が出てきました。表示の写真を撮り忘れてしまいましたが、、、、

そこで、キーの交換方法をお伝えいたします。

新しい電池を購入。
CR20253Vという規格の電池が指定されています。
2020-02-12 19.53.58


キーの上にある、黒い部分をスライドさせます。
2020-02-12 20.02.50

すると、「エマージェンシーキー」が中から出てきます。
「エマージェンシーキー」は、キーレスが作動しない時などに使うために準備されています。
2020-02-12 20.03.20

取り出したエマージェンシーキーを、エマージェンシーキーが入っていた溝に刺すと、黒いカバーが外れます。オレンジ色の丸の部分が、カバーが少し浮いた状態です。
2020-02-12 20.04.06

カバーが外れました。
今までの電池には、三菱のマークが入っていますね。
2020-02-12 20.04.22

キーを逆さにしてトントンと軽くたたき、古い電池を取り出します。
2020-02-12 20.04.57

そして、新しい電池を取り付けます。
プラスとマイナスを間違えないようにしましょう。

新しい電池はPanasonic。両方ともインドネシア製ですね。
2020-02-12 20.05.50
 
先ほど取り外したカバーを取り付け。
2020-02-12 20.06.25

そして、エマージェンシーキーを元あった溝の中に戻し、
2020-02-12 20.06.39


完成です。
2020-02-12 20.06.54

ボタンを押してみて、ランプがつけばOKです。
2020-02-12 20.07.14

ドライバーも不要で、とても簡単でしたね。
電池代だけで済みました。

 
23 11月

車のコーティング

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は車の話題を。

昨日と今日(11月22日と23日)、当地前橋はしとしとと、雨が地面を濡らしています。
不便な面もありますが、それなりの風情もあるし、何より自然や環境へはおおきな恵みですね。

けっこう困ることの一つは、車。
雨が降ると、汚れてしまいます。
20年以上前ですが、ダークグレーの車に乗っていたときは、本当に苦労しました。

さて、今の私の車、メルセデスベンツC180(W204後期)ですが、コーティングがしてあります。
「GF Coat」という製品を、知り合いに施工していただきました。


2019-11-23 15.05.03


このコーティングの効果ですが、こういった雨の日は大きいと思います。
雨水がのんべんだらりと広がらないで、粒が立っています。


2019-11-23 15.05.14


そしてその粒が流れていくので、雨が上がっても、ホコリの点々の汚れが付きません。

本当は、隅から隅まで自分で洗車をしたいのですが、今はそこまで時間がとれずに、たまに手洗いの洗車店で洗ってもらう程度。なので、汚れが付きにくいこのコーティングには助かっています。


 
15 11月

初めてのディーラー行き

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今朝、お稽古場に向かおうと車で走り出すと、ディスプレイに見慣れない表示が。

「冷却水を点検して下さい。取扱説明書をご覧下さい。」といった主旨の、赤い字が表示されました。

さらには、車の絵が表示され、ボンネットが赤く色がつき、開いている表示も。
このボンネットマーク、かなりしつこく、しばらく走っていると消えるのですが、信号などで停止して走り出すとまた点き、「ぽーん」という警告音が7回響きます。
この表示と音、精神衛生的に不安を増大させる効果抜群です。

2019-11-15 11.17.59


冷却水の文章と、ボンネットマークは、
「エンジンのトラブルだから、はやくボンネットを開けて点検しなさい!」
という意味と解釈しました。

お稽古場に着き、ネットで近隣のディーラーを検索し、開店時間に電話をすると、幸い僕の都合が良い時間に見て下さるとのこと。そのディーラーは、ヤナセの前橋支店です。電話では、1時間ほど時間がかかるとのお話しでした。

午前中のお稽古が少し延び、慌ててディーラーに向かい、ちょうど予約の時間通りに到着。慌てて出てきたので、1時間の待ち時間に読もうと思っていた本を忘れてしまい、「あちゃー」と思いました。

しかし、ほんの10分ほどで、ディーラーのサービスの方が戻って来ました。
そうしたら、
「冷却水が自然減で若干減っていましたので、補充しておきました。このエンジンは減りやすいので注意して下さい。」
「ボンネットのマークは、ボンネットが半ドア状態になっているお知らせです。」
とのこと。

昨日の夜、ちょっと確認したいことがあってボンネットを開けたのですが、その時にしっかりと閉めていなかったんですね、、、あちゃ、僕のミスだ😅

おまけに、今回の料金は無料!!
ヤナセさん、なんと太っ腹!

中古で購入したために、メンテナンスなどをどうしようかと思っていたのですが、思わぬ形で近隣の正規ディーラーに好印象を持ちました。
保証のことや、リコールの実施の有無など、聞きたかったことをいくつか相談できました。

うーむ、ヤナセさん、これからよろしくお願いします。

 
23 10月

メルセデスベンツC180の燃費その2

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今回は、車の燃費の報告をさせていただきます。
というのも、前回お知らせさせていただいた時と較べ、条件・数値が大きく異なるためです。

今回の燃費の報告です。
・給油間距離:777km
・給油量:60.98l
・燃費:約12.7km/l
となります。

前回が約9.02km/lですので、今回の方が大幅に燃費が向上しております。その理由は、走行条件が大分異なるからと考えられます。

前回は、給油間の走行距離554kmのうち、約80kmが高速道路で、他は一般道でした。

今回は、777kmのうち、600km弱が高速道路でした。
というのも、身内の葬儀のために、前橋と横須賀を往復し、その間はほぼ渋滞なしの高速道路でした。

経路は、
・行き:関越自動車道前橋IC → 外環 → 首都高5号線 → 首都高中央環状線外回り → 湾岸線少し → 横羽線 → 狩場線 → 横浜横須賀道路横浜IC
・帰り:横浜横須賀道路佐原IC → 並木から湾岸線 → 中央環状線 → 川口線 → 東北道 → 北関東道駒形IC
となり、行きの中央環状線で若干の混雑があったものの、その他は極めてスムーズでした。

また、横須賀を往復した翌々日、関越自動車道を使い、前橋と東京を往復しております。

そんなことから、今回は「高速主」の走行条件となり、燃費が向上したと考えられます。
まあ、前回の方が私の普段の生活パターンに近いでしょう。
 
ギャラリー
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 久し振りの演奏で、足利市に行きます。
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け