hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

メルセデスベンツ

1 10月

車のサイドブレーキの不具合と、鍵の設定変更。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

私が先日購入したメルセデスベンツE250の話題を2つほど。

1つ目は、サイドブレーキの不具合です。

納車の翌日あたりでしたが、エンジンをかけて走り出そうとしても、サイドブレーキが解除されないという現象が起きました。

何度かやっていると解除されることもありますが、基本的に解除されない、、、、

メルセデスベンツはサイドブレーキが足踏み式のペダルで、右手で手前に引くレバーで解除すると、ペダルが前に動き、サイドブレーキが解除となります。

どうやらそのペダルが十分に手前まで動いていないために、解除されない状態になってしまった様です。その度に左足でちょっとペダルの動きをアシストすると、解除されます。

こんな動きです。

 

この車を買ったヤナセの中古車店舗に連絡をし、納車後1ヶ月間は保証が効くので、その保証を使って修理してもらいました。

前橋のヤナセに行き、サイドブレーキペダルの交換を実施。
その後は、何も問題なく動いております。

これは私の推測ですが、この車はここ数年はあまり活発に動いていませんでした。そのために、バネの力が弱くなってしまったのが原因かな、と思っています。

その作業の時の代車がこちらでした。

2022-09-19A220d

A220d。
E250に比べると、足回りが固く、ハンドルもクイック。そしてパワーの立ち上がりが早い!
よくできている車なんでしょうが、私には、ちょっと全体がスポーティー過ぎますね、、、

2つ目の話題は、鍵の設定変更です。

車に乗り込もうとする時に、リモコンのボタンを押すか、運転席のドアハンドルのセンサー部分を触るかをすると、運転席の鍵が解除されます。

しかし、それと同時に他の席の鍵も開いてしまうんですね。

私はほとんどの時に一人で車に乗っているので、どうもこれは物騒に感じるんです。

取扱説明書に、設定の変更方法が書いてあったので、早速実施。

リモコンのボタンの場合は、1回だと運転席のみ、2回押すと他のドアの鍵も開く様に。
ドアハンドルの場合は、運転席だと運転席のみ。リアドアをさわると全部のドアの鍵が開くように設定を変更しました。

この設定変更の前と後の動きの違いも、動画でご覧ください。



 
29 9月

自分の車の情報がメールで来た!上がっている中古車価格。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

以前報告させていただきましたが、私は先月、車をメルセデスベンツC180からE250に乗り換えました。もちろん、どちらも中古車です。

数日前、ヤナセから中古車の「おすすめの車」のメールが来ました。メールアドレスを登録してあるんです。その車を見て、車種・年式・走行距離から、「これ、ひょっとして、僕が下取りに出した車では??」と思い、その車の詳細情報の中にある車検証の車体番号下3桁を見ると、見事一致!自分が乗っていた車がおすすめされるという、貴重な経験をしました。 

で、値段を見てびっくり!私が購入した時よりも、車両本体価格が上がっているんです!

私が購入したときは、2013年登録の6年落ちで、走行距離が約21,000km。
今は、そこから3年が経過し、走行距離は50,000kmを超えております。
物件的には、悪くなっているのに、値段が8万円程度上がっているのです! 

条件をみると、「タイヤを新品に交換」となっているので、タイヤの金額を考えると、実質的な車両本体価格は、私の購入時とだいた同じと言うこともできます。

気になってカーセンサーを検索してみると、同じ車種で2013年式で走行距離が2万kmから4万kmの間くらいの車を何台か見ると、私が3年間に買った時の価格とほぼ同じ金額です。

そして、40,000kmを超えると少し下がっている車があるくらいですね。
まあ、私が乗っていた車のヤナセさんの値付けはちょっと強気かもしれないですが、整備などの対応がきっちりしているということでしょうが。

コロナなどの影響で中古車価格が上がっているということをよく耳にしましたが、それを目の当たりにしました。

 
2 9月

車のこと:その3

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

連日続くE250のことですが、今日は車の今までの整備記録を見たお話をさせていただきます。

2022-09-02 08.29.30


車に付属している「整備手帳」を見て見ますと、新車で長野県松本市のヤナセの販売店からオーナーさんに納車され、そのままずーっと同じ販売店でメンテナンスを受けていることがわかりました。ということは、今まで同じオーナーさんが乗っていらっしゃり、私が二人目のオーナーということになることが推測されます。

そして、今までのメンテナンスで毎年しっかりと定期点検等をされており、年に1回はエンジンオイルとフィルター、ワイパーブレードの交換がされています。

そして、今回納車にあたり、オイルとエレメント、ワイパーブレードが交換されていて、さらに私の指摘でリヤタイヤのホイールボルトの交換を行い、ナビの地図データを更新しました。また、タイヤも新品に交換されております。

リヤタイヤのホイールボルトは、試乗の際にリヤから異音と振動を感じたので指摘したところ、ボルトが緩んでいたことが判明しました。ですので、足回りの徹底した点検をお願いしたところ、ホイールボルトも交換してくださいました。 

バッテリーが2つあるのですが、メインバッテリーは令和元年、サブバッテリーが令和3年にそれぞれ交換されています。メインバッテリーが交換から3年経過しており、今後はまずその交換時期が近づいてきそうです。

また、エアフィルターが平成28年に交換されて以来、点検は受けているものの交換されていない様で、次回車検時に気をつけてみようと考えています。

気になるのがブレーキパッドです。標準のブレーキパッドの厚みがフロントが18mmでリヤが16mmです。使用限界がどちらも2mm。現在の厚みが、フロントが5.5mmでリヤが4.5mm。走行距離(約23,000km)の割には減っており、前のオーナーさんはブレーキを頻繁に使う運転をされていたのかもしれません。

定期点検の記録をみると、納車当初は年間5,000kmを走っていましたが、その後4,000kmになり、3,000kmになり、そしてこの2年間は年間1,000kmも走っていません。前のオーナーさんは徐々にお車を必要とされない生活に変化されてきたのかな、などと考えております。

私は年間約10,000km走るので、車の方が「え、こんなに働かなきゃいけないの!?」とびっくりしてしまうかもしれませんね。

整備記録を見て安心したのは、ヤナセの販売店できちんと毎年定期点検を受け、オイル交換等必要な整備を受けていたということです。なので、非常に状態の良い車ということが言えます。そして、今回もヤナセの中古車販売店から購入しました。差し当たりはバッテリーとブレーキのことが出てくる可能性がありますが、大切に乗っていこうと思います。 
1 9月

車のこと:その2

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

昨日、車を入れ替えたことをお話させていただきましたが、今日はもうちょっと詳しくお話をさせていただきます。おそらく、車に興味のない方にとっては、「???」という内容になるかと思います。

ーーーーーーーーーーーーーーー
モデル名:メルセデスベンツE250
ーーーーーーーーーーーーーーー

今のメルセデスベンツは、かなり多くのモデルを販売しております。
セダン・ハッチバック・ステーションワゴン系は、小さい方からA・B・C・E・Sというシリーズ名がついています。AとBは全輪駆動(FF)で、C・E・S・は後輪駆動(FR)となります。

他のボディタイプのモデル名は、SUV系であればその前にGLがつき、EVであればEQがつきます。 
例えば、GLAやEQCといった感じですね。

私が今回購入したEクラスは、Cクラスと一番大きなSクラスの間ということになります。
ちなみに、前の車はCクラスでした。 

250というのは、Eクラス内のグレードを示しており、昔はエンジンの排気量でしたが、今は排気量とグレード名が一致しておらず、相対的に数字が大きいほどエンジン排気量やパワーが大きいということになります。250は当時では一番小さい数字になります。

そして、当時のEクラスは250だけがスリーポインテッドスターがボンネットの上に生えており、他のモデルはフロントグリルの中に入っておりました。

ーーーーーー
年式:2014年
ーーーーーー

Eクラスも、これまで何回かモデルチェンジをしております。
私が購入したのは4代目にあたり、2009年から2016年まで製造されていて、その代はW212というコード名です。そして、2014年式は、途中のマイナーチェンジの後のモデルですので「後期モデル」と呼ばれております。 

ーーーーーーーー
エンジンについて
ーーーーーーーー

M274と呼ばれているエンジンで、直列4気筒、1,991ccで、最高出力は211ps(馬力)/5,500rpmとなります。パワーウエイトレシオは8.05で、前の車であるC180の9.87よりもパワフルですね。ちなみにJOC08モードでの燃費は1リッターあたり15.5kmで、C180の13.2よりも優秀です。したがって、E250はC180に比べてパワフルで燃費が良いということになります。ガソリンタンクの容量は80リットルですので、理論値では1,240kmを無給油で走ることができます。まあ、実際はリッター10kmくらいで、800kmでしょうか。ちなみにこのエンジンは、先日まで生産していた日産スカイラインの2,000ccモデルにも使われていました。

ーーーーーー
ボディサイズ
ーーーーーー

全長4,880mm(以下mm)・全幅1,855と、けっこう大きめ。
国産車ですと、トヨタクラウン(15代目)・日産スカイライン・日産ティアナなどと同じ様な大きさになります。レクサスですと、ISよりは大きいけど、ESのよりもちょっと短い感じですね。私の歴代の愛車の中で、一番大きいサイズとなります。

ただ、特筆すべき点はメルセデスベンツの小回り性能の良さなんです。最小回転半径を比較してみると、E250は5.3mで、スカイラン5.6m・ES5.8〜5.9mと、同等の車よりも優秀で、ISが5.2〜5.4mですから、ひと回り小さな車と同じくらいの小回り性能なんですね。我が家の駐車場はちょっと狭いので、うまく入るかどうか心配でしたが、杞憂に終わりました。

ーーーーーーー
足回りやタイヤ
ーーーーーーー

タイヤサイズは、245/45/17です。そして4輪同一のサイズ。同年代のEクラスのタイヤサイズを調べてみると、もっと幅広で扁平率が低いタイヤを採用しているモデルがあったり、かつ前輪と後輪のサイズが異なるモデルもあります。そうしますと、スポーティーな走りはできますが、快適性は多少劣ります。
C180のタイヤサイズは225/45/17だったのですが、「16インチくらいのモデル(日本は受注生産モデルのみの設定)の乗り心地はどうなんだろう?」という興味があったので、今回はEクラスでの、そういった位置付けのタイヤサイズのモデルですので、願いも叶いました。また、前後のタイヤサイズが同じですので、ローテーションもでき、経済的です。

サスペンションは「コンフォートサスペンション」となっており、上位モデルの「DIRECT CONTROLサスペンション」と比べると、快適性重視なのでしょう。長距離運転などのときには、タイヤサイズも含めてE250の方が疲れが少ないかもしれませんね。

今回は、最初から「タイヤを新品に交換」という条件でした。ただし、「タイヤは修理工場の在庫にあるもの」ということで、「ミッシェランかコンチネンタル」と言われていました。指定は不可。私はミッシェランが好きなので、ミッシェランが履かれていることを期待していたのですが、コンチネンタルでした。コンチネンタルは初めてなので、どんなタイヤか楽しみではあります。

履いていたのはコンチネンタルのUltraContactUC6というモデルで、ホームページの説明によると「走行性・快適性・経済性をすべて重視するアジアのユーザー向けに開発された、ドライビン部に求められるパフォーマンスのバランスに優れたタイヤ」ということです。サスペンションの設定やタイヤサイズといったE250の性格にはよく合うかな、と思っています。

2022-09-01 18.37.31


ーー
内装
ーー

ハンドルは、4本スポークになっています。他のEクラスは3本スポークになっていますが、4本スポークで落ち着いた雰囲気ということでしょう。ステアリング上に配置されているボタンは、他のグレードと変わりありません。

また、他グレードは内装にウッドパネルを使っていますが、E250はアルミを使っています。

メルセデスベンツはセンターコンソールに針の時計を配置しているモデルが多いのですが、このE250もその例にもれません。エアコンの2つの吹き出し口の間に時計が鎮座しています。まだ慣れていないので、時間を確認したいときに、ついメーター内を覗き込んでしまいます。時計が独立しているということは、ナビ画面やメーターが何を表示しているかにかかわらず、いつでも時間が確認できて、安心感がありますね。

シート生地ですが、全面ファブリックです。試乗の際にレザーシートにも乗ってみたのですが、夏の暑い盛りで、足のシートと接する部分が蒸れました。ファブリックで優しくかつしっかりと包んでくれるシートがいいですね。

2022-09-01 19.24.04


ーーーーーー
シフトノブ等
ーーーーーー

シフトノブは、最近のメルセデスの例に漏れず、国産車でいうとウインカーレバーのところにあります。下に押す(ウインカーでいうと右折時)とドライブ、上に上げるとリバース、レバー先端のボタンを押すとパーキングになります。ギアを指定するには、ハンドル裏のパドルシフトを使います。

まだ戸惑うこともありますが、これは便利です。特に、車を停める時に切り返しが必要な場合、右手の指先でギアが変えられるので楽ですね。

ただ、運転中に左手を従来のシフトノブの上に置こうとして、何もなくて驚くことがあります。また、運転席から窓までの空間が今までよりも広くなったので、右手の肘を窓のところにかけようとしたら届かなかったことも度々。ドアのところの出っ張りに置き直します。

2022-09-01 19.24.23


ーーーー
トランク
ーーーー

C180に較べるとボディサイズが240mm大きくなりました。したがって、トランクを開けると、荷物スペースがとても長く見えます。トランクスルーを使ってリヤシートを倒してみたところ、助手席後ろから直線で2メートルちょっとの長さがあったので、お箏もいままでよりも楽に積めますね。斜めにして十七絃が積めるか、今度試してみます。

2022-09-01 18.36.28

ーーーーーーー
フロントマスク
ーーーーーーー 

前から見たデザインは、他のグレードとは違います。E250だけ、スリーポインテッドスターがボンネットの上に立っています。他のグレードは、グリルの中に入ってしまっています。私はE250の様にボンネットの上に立っているデザインが好きなんです。でも、今は現行モデルでいうとEクラスの一番上のグレードか、Sクラスになってしまいます。ちょっと前のモデルですと、やはりSクラスか、2015年にCクラスででた限定モデル、もしくはW212Eクラスの前期(ちょっと古すぎかなあ)になります。そんな選択肢が少ない中で、デザイン的に好みなE250の個体が見つかり、かつ走行距離が少ないというのは幸運でした。

2022-08-31 15.13.32のコピー


ーーー
最後に
ーーー
今回はだいぶ細かい内容も多いですが、フロントマスク・燃費・馬力・楽器の積載能力・C180の下取りとE250自体の価格、そしてレーダーセーフティーパッケージがついていること、などから、今回の車の入れ替えになりました。これからもたまにメンテナンスのことなどを紹介させていただきます。 
31 8月

車のこと

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

この度、車を買い替えました。

買い換えた理由ですが、いくつかあります。

・今までのメルセデスベンツC180(W240)にはちょうど3年乗り、20,000kmだった走行距離も 50,000kmを超えました。9月には車検で、そろそろタイヤの交換やブレーキパッドの交換なども検討しなければならず、まとまったお金がかかりそう。

・Cクラスはとても便利なサイズなのですが、お箏を積むには、もうひとまわり大きな方がいい。

・私はメルセデスベンツが好きですが、最近の様にフロントグリルの中に スリーポインテッドスターがついているのではなく、やはりボンネットの先端にマスコットが立っている方がデザイン的に好き。

そんな風に、実質的な理由と嗜好的な理由が重なりました。

そして、次の車は、メルセデスベンツE250(W212後期)です。

2022-08-31 15.13.32のコピー


2014年式のモデルで、走行距離は23,299kmと、かなりの低走行車!

新車時の車両本体価格は5,990,000円で、339,400円分のオプションが付いているので、諸費用などと合わせたら、新車時は700万円近い金額がしたでしょう。

新車登録から8年経過しており、今回の金額は、その3分の1以下!
国産の軽自動車を買う程度の金額です。

この頃のEクラスは、デザイン的にはすでにスリーポインテッドスターはフロントグリルの中に入っていましたが、E250という一番エコノミーなグレードだけは、ボンネット先端にマスコットが立っている、私好みのデザインです。

それに、4輪のタイヤサイズが同じでローテーションなどもできますし、タイヤの扁平率や足回りの設定からいっても、一番乗り心地重視。一番エコノミーなグレードといっても、私好みです。おそらく、一番販売台数が少ないグレードでしょうから、けっこうレアなモデルです。

昨日納車となり、すでに400km程度走行しましたが、やはり疲れないですね。

ボディもCクラスよりはひとまわり大きいので、まだ運転に気を使いますが、楽器は乗せやすそうです。ただ、我が家の駐車場には、けっこういっぱいいっぱいです。

また後日、詳しい印象をお話させていただきます。

きっと、この車で、50代を迎えるんでしょう。

2022-08-31 15.05.54
前橋東照宮で、車のご祈祷をしていただきました。






 
ギャラリー
  • 爪づくり
  • 爪づくり
  • 爪づくり
  • 爪づくり
  • 爪づくり
  • 前橋らしいまちづくり
  • 前橋らしいまちづくり
  • 温故和楽会、無事終了しました!
  • 温故和楽会、無事終了しました!
  • ライブドアブログ