hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

お三味線

20 2月

お三味線の楽譜で紆余曲折

こんにちは。はじめちゃんこと群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は、お三味線の楽譜のことをちょっとお話しします。

4月上旬の舞台のお話をいただき、演奏曲目が決まりました。

2曲のうち1曲は私どもで受け継いでいる曲ですので問題なかったのですが、もう一曲について、紆余曲折がありました。

曲名をお伺いすると、生田流にある曲でした。
そして、お箏とお三味線があるのですが、お三味線の指定でしたので、その曲のお三味線の楽譜を取り寄せました。

その後、音源をいただいたら、なんと、まったく曲が違うんです!!

どういうことかというと、山田流に同じ曲名で異なる曲があり、そっちの曲のことだったんですね。

まず、楽器店にその曲のお三味線の楽譜を問い合わせると、「ない」という返事。
お箏の楽譜はあるのですが、お三味線の楽譜の出版社が事業を停止しているために、楽譜がないんですね。

次に、お付き合いのある山田流の方に問い合わせをしたところ、他の方がお持ちの楽譜の写しをいただることになりました。今日になり、その写しが手に入りました。

山田流で使っているお三味線の楽譜は横書きです。
多く目にするのは、「文化譜」と呼ばれている楽譜です。

一方、私どものお三味線の楽譜は縦書きで、「家庭譜」「縦譜」などと呼ばれています。
「家庭譜」という名前は、「大日本家庭音楽会」という会社から発行されているのに因んだ名前です。

「文化譜」と「縦譜」は、どちらも左手で押さえる所(「ツボ」と呼びます)を楽譜に記している「タブ譜」なのですが、数字がひとつずつずれています。「文化譜」は開放絃が0で、そこから高くなるにしたがって1、2、と数字が増えていくのですが、「縦譜」は開放絃が1になっています。

ですので、「文化譜」から「縦譜」に変換するときは、基本的には1ずつ数字を足していけばいいんですね。

今日もそのつもりで、いただいた楽譜を縦譜に変換していたのですが、どうもおかしいのです。変換した楽譜を見ても、メロディが見えないんです、、、

そこで「あ!!」となったのですが、いただいた楽譜が「文化譜」ではなく、「研精会譜」「小十郎譜」と呼ばれている譜なんです。

この譜は、タブ譜ではなく、ドレミを数字で表しているんですね。
ド(C)が1で始まり、シ(B)が7です。

上下三段になっていて、下の段から上に向かって、一の糸・ニの糸・三の糸で、それぞれの糸でどの音を出すかを、数字で表しています。
例えば、真ん中の段に5と書いてあれば、「ニの糸で、ソの音を出す」という意味なんです。

なので、タブ譜に慣れている私は、この譜を見ても、左手がどこを押さえていいのかわかりません。

おまけに、私どもはお三味線の「本調子」を低い一の糸から「DGD」とするのですが、研精会譜は「BEB」なんです。

ですので、研精会譜で「三の糸の1の音(C)」と書いてある場合は、「BEB」の調子で押さえるツボを考えるという作業が必要になります。

さらに、途中で「二上がり」という、二の糸が一音上がった調子に変わるので、同じ音が書いてあっても、押さえるツボが変わります。

そんなこんなで、「曲が違う」「楽譜がない」「見つかった楽譜が研精会譜だった」という、3つの問題を解決し、かつ、なんとか、お三味線の変換作業が終了し、先ほど確認を終えました。

次は、歌で同じことをしなければなりません、、、




 
7 12月

あー、やっちゃった。お気に入りの駒が傷物に、、、😢

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

やっちゃいました、、、

今日、お稽古の合間に、ちょっと楽器などの配置を直していました。
譜面台を動かしていたら、足がスポッと抜けて、下に落下、、、

不幸にも、そこにはツヤ布巾(布)がかかったお三味線の胴が!!

恐る恐るツヤ布巾を外してみると、お三味線自体は無事。
しかーし、よく見ると、駒に傷が!!


2020-12-07 16.13.30

この写真の様に、斜めのヒビと縦のヒビが入ってしまいました。
内部のヒビの様なので表からは触ってもわからないのですが、
裏面を触ると、ヒビが交差する所でヒビの感触を肌に感じます。


2020-12-07 16.13.52

楽器屋さんに写真を送って聞いてみると、
・水牛は繊維質なので修理できない。
・とりあえず瞬間接着剤を流す方法はあるが、余分な所は剥離剤で剥がすと良い。
・ただし、剥離剤は手に入りにくい。
との回答が、、、

この駒、私の普段使いの駒で、けっこう気に入っているんです。
駒は、中に入っている金属が、鉛→銀→金の順番で高価になります。
この駒は鉛なのですが、下手な銀の駒よりも音が良いんです、、、


「後悔先に立たず」とは行くけれど、楽器を扱う時には注意をしているつもりですが、ちょっとした気の緩みで、お三味線の上空に譜面台を通してしまった私が悪いんです。

駒だけで済んだと思って、これからは、もっと楽器の扱いに気をつけます。。。




 
2 10月

楽器の引き取り

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

最近、いくつかの楽器が、私の手元に届きました。

お箏・お三味線・太鼓など。

もし、不要になった和楽器がありましたら、ぜひお持ち下さい。

再生・再利用できる楽器であれば、メンテナンスをして再利用いたします。

お三味線で、私共が使うのとは違うジャンルのものであっても、もしそのジャンルを始めたい人などがいらしたら、使っていただきます。

残念ながらもう使えない状態の楽器の場合は、楽器屋さんに適切な供養と処置をお願いいたします。
かつては大切に使われていた楽器が、処分場で他の家庭ゴミと一緒に処分されてしまうのは、あまりにも忍びないです。

申し訳ありませんが、ほとんどの場合「買い取り」はできません。
そのかわり、メンテナンス費用などは、私の方で負担いたします。 
3 9月

戻って来たお三味線

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日、皮の貼り替えをお願いした三味線が戻って来たことをお話しさせていただきました。

今回楽器屋さんにしていただいた作業は、
・皮の貼り替え(表:猫、裏:カンガルー)
・棹の勘減りの補修
・その他気になった部分の補修
です。

今日、弾いてみました。
 
音質がクリアになり、響きも良くなりました。
楽器屋さんならではの、工夫もある様です。

私は自分用のお三味線が2挺(ちょう:お三味線の数え方)あります。
今回皮の貼り替えをしたのは、普段用です。
もう一挺は、母から受け継いだお三味線で、スペック的にはこちらの方が上。
でも、今回の作業により、普段用の方が、音が良くなった感じがします。
そんなねじれ現象。 
21 9月

旅の途中で。地元のPRと女性の呼び方に悩む。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、数日前に予約が入った、お三味線の体験の方がいらっしゃいました。
2名一組で、男性と女性のペアでした。

話しをお聞きすると、千葉県の方。
昨日金曜の夜に仕事が終わってから群馬に向かい、さし当たり前橋に宿泊。
今日土曜日の夜は猿ヶ京温泉に予約がしてあり、それがメインの目的の様です。

で、地方都市に観光に来て、午前中にやることがなく、ネットで私の体験教室を見つけて申し込んで下さったということなんです。「普段なかなかできないことなので」とおっしゃっていました。

旅先での時間の使い方で、お三味線やお箏を弾いてみるっていうのもアリなんですね。
一つのPR方法の気付きとなりました。

また、その方、ノープランで群馬まで来てしまったらしく、
「どこかいいところがないでしょうか?」という質問があったので、
「世界遺産の富岡製糸場を見て、関越自動車道にのって月夜野インターから猿ヶ京温泉に行けますよ」とご案内しました。
また、お土産も幸煎餅の「七福神あられ」とラスク、食べ物は焼きまんじゅうを紹介。

この質問をいただいき、もっとすらすら観光コースやおすすめの場所が思いつく様な知識がないと、地元のPRが薄くなっちゃうなー、と感じました。もっと群馬の情報に触れないと〜

それと、男女のペアで女性を呼ぶときなのですが、今日の方、夫婦と思い込んで、「奥さん」と呼んじゃったんですね。その時にリアクションにちょっと違和感があり、よく見たら、右手の薬指に指輪が。まだカップルの段階なのかな〜。未婚でも既婚でもどちらでも通用する、いい呼び方はないのかな、、、、

 
ギャラリー
  • 3月27日に向けて下合わせ
  • 3月27日に向けて下合わせ
  • 3月27日高崎芸術劇場でのミニコンサートのお知らせ
  • 学校訪問。お三味線で効果音を。
  • 学校訪問。お三味線で効果音を。
  • 渋川の小学校で授業を行いました
  • 渋川の小学校で授業を行いました
  • 渋川の小学校で授業を行いました
  • 渋川の小学校で授業を行いました