hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

お箏

23 7月

家でできるオススメの楽器!

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

このところ、体験お稽古の予約や、お稽古についての電話の問い合わせが増えております。

その理由を考えてみると、一つは「家でできる」ということと、「学校が夏休みになる」ということの2つなのかな、と思っています。

緊急事態宣言が発出されている間、門人さんたちから、「家でできることがあってよかった!」というお話しを何度となく聞きました。
外出できなく、外で人と会うことができない中、家でお箏を弾いていることで、気分がリフレッシュできたりしたそうです。

それを踏まえると、なかなか新型コロナウイルスの影響が落ち着かず、好きに外出できない今の状況下で、家でできる趣味などを探している人が多く、その一つとしてお箏なのかな、と考えています。

また、学校は臨時休校が終わりましたが、もう夏休みに入ります。
部活動も以前の様に満足にできないなか、「家でできること」をお子さんのために探しているご父兄の方がいらっしゃるのでしょう。

お箏やお三味線は、ご自宅で一人で練習できます。

また、お稽古場でのお稽古はマンツーマンですので、多くの人が集まる場ではありません。私と門人さんの間は透明のパーテーションを設置していますし、お稽古中はマスクを着用しています。さらには、柱や譜面台は一つ一つ拭いています。そういったことを行い、感染症予防に努めています。

ですので、ひょっとしたら、今のご時世、お箏やお三味線をはじめとする楽器は、お薦めなのかもしれないですね。いや、オススメなんです!
4 5月

おことの楽譜の読み方。動画編。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

「お箏の楽譜の読み方」、以前このブログにも上げましたが、
今でもけっこう上位に入ってくる、人気記事となっております。

今回、その動画を作成し、YouTubeにアップしました。
6分弱の動画となっております。
お気軽にご覧下さい。


 
7 3月

「親子でちょっとお箏」が上毛新聞に紹介されました

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

先日お知らせした「親子でちょっとお箏」ですが、
今日、地元の上毛新聞に紹介していただきました。


020307上毛

お家にいるだけでは、ちょっと体力も持てあましちゃう。
保護者の方も、ちょっと気分転換したい。
でも、人が多い所にはあまり行きたくない。
そんな時に、ちょっと気軽にご利用下さい。

もちろん、お稽古場は不特定多数の方が集まる場所ではありませんし、
新型コロナウイルスの対策もしております。

 
25 1月

小学校へのお箏の寄贈

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

先日のブログでお伝えした、舘林私立第四小学校の件ですが、本日先生がお見えになり、お箏の寄贈をさせていただきました。


020122上毛舘林四小お箏

いらっしゃった先生によると、上毛新聞の記事をみて、かなり多くの連絡が入ったそうです。

それだけ、眠っている楽器がいっぱいあるんですね。

私からは、お箏二面と、柱を一セット、寄贈させていただきました。


2020-01-25 14.51.37


お箏2面のうち一面はすぐに使えますが、一面はメンテナンスが必要な状態です。それは、学校が今後のメンテナンスの計画を立てて行くそうです。

小学生にお箏を活用してもらい、そして卒業後も弾き続けてくれるといいなあ。 
20 1月

小学校で授業をしました!

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、高崎市の小学校を訪問し、授業をさせていただきました。

現在、文部科学省の指導要領で小学校5年生か6年生で和楽器を扱うことが規定されております。
その関係でしょうか、ある小学校5年生の音楽の教科書には、お箏や尺八のこと、宮城道雄先生のことなどが取り上げられています。

今回は、私と尺八の方の2名で訪問し、5年生2クラスを対象に、1時間目はお箏と尺八の歴史や概要をおはなしして、演奏も聴いていただきました。2時間目は、「さくらさくら」を実際にお箏で弾いてもらいます。

尺八は、古典本曲の他に、「千本桜」や「パプリカ」も聴いてもらいました。みんなの反応もいいですね。

生徒さんたち、一生懸命にこちらに集中して話しを聞いてくれて、
「あんまり触ったことがない楽器に触ることができた」
「最初は難しかったけど、段々弾けるようになった」
などの感想を言ってくれました。
体験の時は、「もっとこうするんだよ」とか、教え合ったりしています。

また、みんなが弾いている姿を見ると、お箏の経験がない人が、どういう手の形をする傾向があるのかもよくわかりました。

このブログをご覧になっている学校関係の皆様、もし和楽器の授業でお困りの場合、お気軽にお問い合わせ下さい。

S__59260947のコピー
前半のお話し。学生時代に塾の講師のアルバイトをやっていた時のことを思い出しました。
パワーポイントのデータは私が準備。

S__59260945のコピー
何曲か演奏を聴いてもらい、最後は「春の海」をお箏と尺八で合奏しました。

2020-01-20 10.33.09のコピー
お箏が全部で7面。2面は以前学校が準備し、3面はある方が寄贈して下さり、その際に私もお手伝いをさせていただきました。あと2面は、私が持ち込みました。
 
ギャラリー
  • 猛暑に皮も悲鳴を上げたか!?
  • 猛暑に皮も悲鳴を上げたか!?
  • 猛暑に皮も悲鳴を上げたか!?
  • なんかもったいない
  • 一人ドライブで悲愴を楽しむ
  • 千代田のお店
  • 千代田のお店
  • 桐生のギャラリー禅林で、お祭りの情熱が沸く
  • 桐生のギャラリー禅林で、お祭りの情熱が沸く