hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

さくらさくら

21 3月

ハイブリッドエレキ箏:その4

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は、ハイブリッドエレキ箏でいろいろと遊んでみました。
前回は、録音の方法をいくつか試してみましたが、今日はそこにエフェクターを入れてみました。

また、Macについているソフト、GarageBandも試してみたので、合わせてお話をさせていただきます。

システムの構成は、
ハイブリッドエレキ箏 → バッファー → エフェクター → USBオーディオインターフェース → MacBookAir 
となっています。


一部、コンデンサーマイクを併用した録音もあります。
説明があるファイル以外は、QuickTimePlayerを使って録音をしております。

・その7:まずは、「さくらさくら」をラインとコンデンサマイクを併用した録音です。こちらからお聴きください。

・その8:次に「六段の調」の初段を、ラインとコンデンサマイクを併用して録音しました。こちらからお聴き下さい。

・その9:ここからがエフェクターの出番で、「メタル」です。最初が「さくら」で、途中から「六段の調」になります。お箏の後押し(右手の爪で音を出した後に左手で押してをして、余韻の音を上げる)が、「キュイーン」となっていて、エレキギターみたいになっています。こちらからお聴きください。

以下、エフェクターでいろいろと音を変えてみた音源です。
その10
その11

・その12:次は、「heavy」というバージョンなのですが、途中で絃を叩いてみたり、爪の脇で糸を擦ったりする遊びも入れてみました。こちらからお聴きください。

・その13:「delay」という機能を使っています。こちらをお聴きください。

・その14:これは、「13」を弾いていたときに、「これ、和音でやったらどうなんだろう??と思い、ある曲の一部で和音で「さくら」のメロディを表現している部分があるので、そこを「delay」で弾いてみました。こちらからお聴きください。なんか、幻想的というかなかなかカオスになってきていますね。「delay」は、次の音を弾くタイミングがわかんなくなってきます、、、

・その15:ちなみに、「14」は、エフェクターをかけないオリジナルは、この様になっています(録音は別々に弾きました)。

・その16:「autoriff」です。「さくら」のはずですが、もうわかりません(笑)こちらからお聴きください。途中で、「どうしようかな?」って迷っている間があります(笑)

・その17:これは、曲やメロディを弾いていません。ペダルを使いました。弾いた後の、余韻のボリュームをペダルを使って大きくしたり小さくしたりしています。途中で一回、弾き直しています。こちらからお聴きください。

・その18:これは、「六段の調」初段の一部の多重録音です。「GaregeBand」を使いました。最初に「本手」を録音し、それを聴きながら替手を録音し、一人で合奏してみました。こちらからお聴きください。

ここまで4回のシリーズをやってみて、「ハイブリッドエレキ箏」でどんなことができるかの概略がわかってきました。

また、どんな機械が必要なのかもわかってきました。

ただ、ここまでは音の調整はしておりません。なので、電子音ちっくであったりする部分もあります。今後の研究ですが、ミキサーなどを使って、どんな音を作っていくのかというのが、次の段階になります。

「六段の調」の多重録音をしてみましたが、やっぱり合奏は相手がいるのがいいですね。音のやりとりとか、間や空気の作り方は、やはり、相手がいてできるものです。



 
27 6月

演奏体験、お気軽にどうぞ!

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、お友達同士のお二人の方が、演奏体験にいらっしゃいました。

ホームページからメールで連絡・ご予約をいただきました。

何か習い事をやりたいけど、やっぱりいろいろやってみてから考えたい、ということで、ネットで検索して、私のお稽古場を探して下さいました。

1時間弱、最初は基本的な弾き方を体験し、そして「さくらさくら」のメロディーを弾き、最後にちょっとした合奏をします。

その後は、お月謝のことや楽器の値段などを説明し、体験のプログラムは終了します。

今日の方は、お箏に触ったこともなく、特に音楽経験もない、ということでした。

誰でも、何でも、最初は未経験です。
触ったことも見たこともないんです。

ですので、習い事を考えるためには、ぜひまず触って下さい。

習うとしたら、お金のことも考えなければなりません。

なので、今日いらした方々の様に、実際に触って頂いて、わからないことはどんどん聞いて頂きたいですね!!

お気軽にお問い合わせ下さい!
24 3月

シャロンゴスペルチャーチ高崎での演奏

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、こんな素敵な建物での演奏でした。

2019-03-24 13.10.13

群馬県高崎市にある、「シャロンゴスペルチャーチ高崎」

ここは、「ザ・ジョージアンハウス1997」という結婚式などを行う施設と共にある教会です。
でも、結婚式を行うための教会というだけでなく、専属の外国人牧師が一つの教会としてきちんと守っている教会であり、結婚後も心のお付き合いを長く続けたいというお考えをお持ちです。

建物は、英国風で風格が有り、中にある調度品は、英国の教会などで実際に使われていた本物です。

今日は、「子供たちの春のイースターフェスティバル」というイベントで、約60組の小さなお子様を持つご家族がお集まりでした。
おそらく、200人くらいのお客様が集まったでしょう。
結婚式の後のお付き合いも続けて行くという想いを、具現化したイベントです。
その証拠に、コンサートは無料なんです!


2019-03-24 18.43.54

パイプオルガンによる演奏、牧師さんのお話し、シャロンゴスペルチャーチ聖歌隊によるミニコンサートなどが行われました。

シャロンゴスペルチャーチ聖歌隊からは、4名のソリストが出演されましたが、皆さんの声がそれぞれ個性があり、かつ素晴らしく、天からそそぐ光の響きを聞いている様な気持ちになりました。

その後、「日本の調べ ミニコンサート」となり、私の出番です。

一曲目は、「さくらさくら」。
ソプラノの高橋季絵さん、フルートの浅沼春香さんとともに、「さくらさくら」の三重奏編曲バージョンを演奏いたしました。

二曲目は、宮城道雄作曲の「春の海」を、フルートの浅沼さんと合奏。
浅沼さんには、尺八パートをフルートで演奏していただきました。


2019-03-24 10.18.12
お箏に豚が乗っているのは、あるソプラノ歌手さんのお茶目ないたずらです!(笑)

この礼拝堂、演奏していても驚くほど響きが良く、教会での演奏もいいな、と思わず考えてています。

全ての演奏が終わってから、お客様のご家族は、庭でエッグハントをしてみたり、ランチビュッフェを楽しんだりと、思い思いの時間を過ごして頂きました。

また、実際にお箏に触れて頂く時間も作り、多くのお子さんが絃に触ってみたり、その様子をご家族が写真に収めたりしておりました。記憶のどこかに、お箏のことが残っていてくれると嬉しいな。



 
ギャラリー
  • 今の学生さんたちに伝えたい
  • 前橋立教会総会でした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • 日本茶抹茶サロン324で三味線とお抹茶
  • 日本茶抹茶サロン324で三味線とお抹茶
  • ライブドアブログ