hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

はじめちゃん

18 1月

1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日1月17日、重要文化財臨江閣で、「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました。 

本当にやるべきかどうか悩みましたし、開催してもお客様がご来場いただけるかどうか、心配でした。

感染症対策を行った上での開催でしたが、結果としては、予想を上回るお客様にご来場いただけました。

また、お客様アンケートを拝見すると、演奏などの内容に楽しんでいただけ、感染症対策には「充分で安心した」という回答を沢山いただきました。

お客様に安心して楽しんでいただき、そして私共出演者も日本の雰囲気をお届けできたということで、終演時には感極まるものがありました。

ここまで悩み、考え、話し合ったことが、実を結びました。

まだまだコロナは猛威を振るっていますが、その中でどうやって演奏活動を行って行くか、そこに得るものが沢山ありました。

また、臨江閣の雰囲気もやはり和の文化を伝えるのには最高の場所です。

ご来場いただいたお客様、臨江閣の皆様、前橋市役所の皆様、そしてご協力いただいた皆様、大変ありがとうございました。

P1170005
演奏者のお客様の間隔を充分にとり、お客様同士も間隔を開けました。
後の方には、椅子席も設けました。

P1170045
尺八の滝野瀬あゆかさんと。

P1170059
日本舞踊は上田知穂さん。

P1170085

P1170089
ちょっとした小芝居。

P1170029
臨江閣の縁側

P1170057
オフショット。


 
11 1月

1月17日臨江閣の駐車場について

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今週末に迫って来た、「箏と舞 和の彩〜新春によせて〜」ですが、残席がだいぶ少なくなってきました。

さて、会場の臨江閣ですが、敷地内にお客様の車を駐めることはできません。

南側に隣接する「楽歩堂前橋公園駐車場」をご利用下さい。

駐車場と臨江閣の庭が隣接しており、庭に入る門から、臨江閣にアクセスできます。 

駐車場の場所は、こちらからご確認下さい。

中央大橋の下や、ヤマダグリーンドーム前橋のところから入場できます。 
10 1月

群馬県立歴史博物館のブルーノ・タウトの世界

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

先日、群馬県歴史博物館で2月7日まで開催されている、「ブルーノ・タウトの世界」を見てきました。


2021-01-08 09.58.30


ブルーノ・タウトはドイツの建築家ですが、ナチスが政権を取る社会情勢の中でドイツから逃げ、3年ほど日本にいました。そのうちの2年半は、高崎市の小林山にある洗心亭に滞在し、バックアップをしていたのは、当時井上工業を経営していた井上房一郎氏です。

井上氏は芸術にも造詣が深く、当時の高崎の芸術界のパトロンの様な存在でもありました。

タウトは日本の文化に深い感銘を受け、深く学び、そして自らの建築の視点にも生かし、数多くの工芸作品もデザインしております。

今回の展示は、工芸作品や図面を展示しており、ブルーノ・タウトの世界を垣間見ることができます。

そして、ほとんどの作品が撮影OKという太っ腹!

私が気に入った展示品を2つ紹介いたします。

 2021-01-08 10.09.21
一番は、この小さな箪笥。心奪われました。
木の素材の柄の違いを上手く生かしています。
スムーズに動くのは、作った職人の技術の高さでしょう。


2021-01-08 10.35.36
プロッターです。
西洋文化のプロッターに漆を使い、和魂洋才の趣を感じます。

2021-01-08 10.36.27
そして、公認作品に押した印鑑。

竹の大きなスタンドもあったのですが、写真を撮り忘れてしまいました。

2021-01-08 09.58.40
この群馬県立歴史博物館の建物は、私の古巣が建てた建物で、BCS賞を受賞しています。

こんな細かいところの納まりも、なかなかこじゃれていますね。2021-01-08 10.51.03

2月7日まで開催しております。
Webで事前予約をお薦めします。

 
9 1月

縮小開催の前橋初市まつり

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

1月9日は、当地前橋では、「前橋初市まつり」が恒例で開催されます。
別名「だるま市」とも呼ばれ、だるまや招き猫のお店が交通規制された国道50号に並びます。

しかし、今年は新型コロナウイルスの影響により、縮小開催。
八幡宮の境内を中心に行われました。

でも、それも、地域の色が強く出て、一つの形なのかな、と思いました。
ひょっとしたら、昔の初市はこんな感じだったのかな〜なんて、考えていました。

朝一番に会場に向かい、招き猫を買い、会場をぐるっと一回りして、なるべく長居をしないよう、心がけました。


だるまのお焚き上げの着火式です。

 

2021-01-09 10.36.28
神事

2021-01-09 10.21.09
だるまが並んでいます。

2021-01-09 10.23.34
招き猫も!

2021-01-09 10.24.33
露天も並んでいます。感染症対策してありますね。

2021-01-09 10.25.28

 
8 1月

再度、1月17日の公演について

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日、群馬県より、「警戒度4」の延長が発表されました。
当初1月8日までの予定でしたが、1月25日まで「警戒度4」となります。 

私どもの1月17日の公演ですが、行政から中止指示等ない限り、予定とおり開催します。
問い合わせたところ、「主催者で判断」との見解をいただいております。

群馬県のイベントに関する要請内容を見ると、今回の公演は
「大声での歓声、声援などがないことを前提としうる場合」
に当たり、その場合、収容定員が設定されていない会場では、収容率の上限を100%にすることが可能となっております。

しかし、私共は、お客様に安全に過ごしていただきたいという観点から、50%程度の収容率とします。

具体的には、今回の会場は約41畳ありますが、お客様は最大20人に限定いたします。
演奏者のスペスースもありますが、お客様1名あたり、畳1畳分以上のスペースを確保いたします。

更に、公演時間は1時間と短くし、私共との距離も確保します。
入場時には検温・消毒をしていただき、会場内ではマスクを着用していただきます。
終演後のお見送りも残念ですが、遠慮させていただきます。

考え得る対策を施して、開催させていただきます。

030117フライヤー

 
ギャラリー
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • とうとう明日
  • 群馬県立歴史博物館のブルーノ・タウトの世界