hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

まちなか

12 2月

白井屋ホテルにSHIROIYA the PATISSERIEが誕生

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

開業以来、さまざまなメディアに取り上げられている白井屋ホテル

昨日2月12日、その一角にタルトのお店がオープンしました。

馬場川通り沿いに広がる緑の丘。
その一角に、行列が。

2021-02-12 11.42.36

そこが、SHIROIYA the PATISSERIEです。


2021-02-12 12.07.37

この日のメニューにあったタルトは9種類。
フルーツをふんだんに使ったものや、チョコレート・お抹茶・バニラ・ピスタチオなど、豊富なバリエーションです。

ホールでもピースでも買うことができます。 

ホールが5,000円くらい、ピースが550円から800円くらいの値段ですね。

この日は、チーズのタルトのピースを求めました。
(名前は、「チーズタルト」ではなく、もっとそれらしい名前がついています。)

2021-02-12 13.05.26

ここで、衝撃の事実が発覚!!

お稽古場には、フォークがありません、、、、😅

なので、手掴み!!


2021-02-12 13.06.30

ふわふわしたしっとりとした感触と、濃厚なチーズの味が楽しめます。

そして、焼き菓子も。
フィナンシェは生地の密度がしっかりとしています。
フィナンシェは歯応えサクサクしっかりの、私の好み。

2021-02-12 13.11.32

気軽に散策できる緑の丘。
その一角に、素敵な光が灯りました。

 
29 12月

白井屋ホテルに泊まるという体験

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨晩から一晩、前橋市にできた新しい空間、「白井屋ホテル」に宿泊してきました。
鉄子さんからの、誕生日プレゼントです。

S__82526230

S__82526210


ホテルの紹介は、公式サイトにお任せするとして、私の感想を。

以前、内覧会ではお伺いしましたが、宿泊は初めてです。

チェックイン時には、ロビーでウエルカムドリンクをいただけます。

S__82526214


ホテルの部屋は一部屋ごとにデザインやコンセプトが異なるので、自分が過ごす部屋がどんなデザインなのか、とってもわくわくします。

部屋に入ると、展示されているアートや、置かれている調度品、アメニティ、備品など、一つ一つへのこだわりを感じます。

2020-12-28 18.07.17


食事まで時間があったので、敷地内を散策。
丘の上の部屋まで行き、アート作品を鑑賞。
小部屋を見て回ったり、今回は特別にお願いして、茶室の見学もさせていただきました。

2020-12-28 18.47.27

S__82526226


2020-12-28 18.42.07

2020-12-28 18.39.06


2020-12-28 18.26.56


食事は、地元の食材を使ったコースと、それに合ったお酒のマリアージュを楽しむことができます。
一品一品、凡人の想像の遥か上から来る料理の連続でした。

2020-12-28 19.52.57

2020-12-28 20.02.08

2020-12-28 20.09.13

2020-12-28 20.37.58

2020-12-28 20.49.44


2020-12-28 21.10.23


食事の後は、部屋のお風呂で体をあたため、部屋で寛ぎました。
浴槽は足を伸ばしてもまだ余る長さがあり、洗い場はたっぷりとした広さ。
600角の石風のタイルで統一された水回りは、お城の中にいる様です。

部屋で寛いでいると、部屋自体や備品をいろいろ観察して楽しめるという、一般のホテルにはない感覚になります。

2020-12-28 18.19.34

朝食は、3つのジュースと、食べ物は4つのメニューから選べます。

2020-12-29 08.58.20

2020-12-29 09.07.00

白井屋ホテルに泊まるということは、前橋に来て用事があって、そして宿泊施設として白井屋に泊まるのではなく、「白井屋ホテルに泊まる」という体験をする場所なんだ、ということを感じました。

どんな高級なホテルとも異なる非日常感を味わうことができ、そして、その空間が前橋のまちなかにあるということをとても誇らしく思いました。

鉄子さん、ありがとう。

そして、ホテルからは、こんなおもてなしも。

2020-12-28 18.15.40



 
27 12月

TinyMarketと麦亭。前橋のまちなかを歩いて楽しむ。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

お稽古場のある前橋のまちなかで、今日はTinyMarketが開かれました。

いつもは中央通りのグラッサとなか又の裏にある広場で行われているのですが、今回は先日オープンした「白井屋ホテル」の馬場川側の広場で開催されました。

2020-12-27 11.49.50


2020-12-27 11.36.36


甘酒で体を温め、コーヒーでリフレッシュ。

大学生、大学の教授、映像や写真の仕事をしているコーヒーショップオーナー、そんな人たちと会話をし、情報や刺激を受けます。

同じ空間で同じものを飲みながらコミュニケーション。やっぱり人間には必要な時間ですね。

2020-12-27 11.58.55
 
合間には、麦亭で昭和テイストのスパゲッティ。

前橋のまちなかは、個性あるお店や人が集まる、歩いて楽しめる街です。 
4 12月

「前橋市の中心市街地の現状と今後」に参加

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨晩、オンラインミーティング「前橋市の中心市街地の現状と今後」に参加してきました。

といっても、私は配信会場でのリアル観客として参加です。
会場に集まった観客の方は少なく、三密とはほど遠い状態😅

内容は、山本龍前橋市長岡正巳前橋市議会議員橋本薫前橋まちなかエージェンシー代表理事が、10年後の前橋のまちなかを語るという内容です。

実際の内容は、こちらをご覧下さい。


 

いくつかのポイントを紹介します。


前橋アーバンデザインについて
・前橋アーバンデザインのポイント
 ①エコディストリクト:にぎわいと、人間らしい心地よさのバランスが取れている。
 ② ミックストユース:住む・働く・商う・学ぶなどの機能が混在し、一日を通して活気ある街にする。
 ③ローカルファースト:今あるもの、地元のものを大切にする。
・前橋アーバンデザインは、トップダウンではなく、市民の意見を抽出して集約したもの。
・このルールの中で、自由に活動を行う。
・作成プロセスは官民両方が携わり、推進役は民間(前橋デザインコミッション(MDC))。

まちなかの役割
・まちなかは、前橋のステータス・プライド。商業ビジネスの場だけでなく、オール前橋にとってどうあるべきか。
・コロナの中で、今後のまちなかは商業中心だけではなく、新しい文化や異文化に出会い、触れる場所。

イベントのあり方
・お店が少なくなってきたら、イベントで人を呼ぶ。
・イベントは、新しい集いの形を生み出す舞台。ニューノーマルを乗せられるプラットフォーム。
・従来のイベントは集客数で評価されたが、コロナ禍でイベントの役割が変わる。時差・分散型で気持ちが通じ合うことが大切。
・モチベーションを生み出す、新しい使い方を生み出す。

青空駐車場の増加や交通政策
・以前は駐車場が少ないのが問題だったが、今は空き地が青空駐車場になってしまい、駐車場が目立つのが問題になりつつある。
・空き地に建物を建ててテナントを入れるよりも、駐車場の方が利益が大きい。
・車では無くても来られる街にする。MARSやタクシー補助。その意味で、交通政策は商業政策になる。
・駐車場があることを前提に、駐車場代金を気にしない魅力が必要。
・ポートランドは駐車場の外側にキッチンカーを並べ、駐車場を見せない工夫とにぎわいを実現している。
・人工ピラミッドから、2040年には車を運転しない人が多くなる。MARSや駐車場だけでなく、住みやすく来やすい街。
・来年2月には、シェアサイクルを並べる。スマホや5Gを使える、進んだシステムを搭載。

まちなかのあり方など
・昔は無目的で来た。今は、お店目的。
・前橋は豚肉を推進しているが、まちなかに豚肉料理専門店がない。また、焼きまんじゅうのお店もない。
・学生が関わるプラットフォームを作る。

などの内容でした。

私は、「中心市街地活性化」といっても、前橋のまちなかをどういう方向に持って行くかという方向性が見えてみませんでした。

でも、「めぶく。」という前橋のビジョンができ、「前橋アーバンデザイン」が策定され、さらに「Green&Relax構想」がまとめられています。

それが、まちなかの方向性であることがわかりました。

住み、仕事をし、時には緑あふれる広瀬川や馬場川の周りで散策したり寛いだりする。
そんな姿を求めていくのがこれからの前橋のまちなかなんですね。

でも、その方向性が市民にあまり浸透していないように感じます。


 
17 10月

世の中の動きが変わってきた?

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日の金曜日、前橋のまちなか、夜は少し人が出ていました。
今日は土曜日。朝から雨ですが、人の出はどうかな?
ランチに出ても、ちょっと前よりはお店にお客様がいるような気がします。
なんとなく、少しずつ、人が戻りつつある前橋のまちなかです。

前橋には、「中央イベント広場」という広場があります。
「中央通り」「銀座通り」という、名前はすごい2つの道の交差点にあります。
その「中央イベント広場」では、最近、毎週末や平日の夜にイベントが開かれています。 
その中には、今までに聞いたことのない新しいイベントが、けっこうあります。
また、コロナで中止になったり、室内でできなくなったりしたので、屋外の中央イベント広場を使って違ったスタイルでイベントを行うパターンも出てきました。

Go Toトラベルも始まりましたし、スポーツや音楽のイベントも徐々に再開しつつあります。

何となく、
・コロナは騒ぐほど怖いものではない
・では、これからのスタイルでイベントを再開していこう
という方向に社会全体がむきつつあると感じます。

というわけで、先日もお話ししたとおり、私も来年の企画を考え出しています。
詳しいことは、11月末あたりに発表できる予定です。

明日は久し振りにオフとなります。
ブログの更新はお休みさせていただきます。
(今週は更新サボってたろ!という突っ込みは、心の中だけでお願いします😅) 
ギャラリー
  • 3月27日に向けて下合わせ
  • 3月27日に向けて下合わせ
  • 3月27日高崎芸術劇場でのミニコンサートのお知らせ
  • 学校訪問。お三味線で効果音を。
  • 学校訪問。お三味線で効果音を。
  • 渋川の小学校で授業を行いました
  • 渋川の小学校で授業を行いました
  • 渋川の小学校で授業を行いました
  • 渋川の小学校で授業を行いました