hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

まちなか

22 9月

まちの可能性

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は、友人と昼食を食べ、その後ブルーボトルコーヒーでコーヒーをいただきました。

前回行った時に飲んだコーヒーの味の感想を伝え、おすすめのコーヒーをオーダー。
一緒に行った友人はコーヒーが不得意なので、ミントグリーンティーを注文していました。

今回のコーヒーは、しっかりとビターな味がしながらも、後味がすっきりしているという感じで、私の好みのコーヒーに近づいて来ました。

2021-09-10 17.55.39


今日は、テイクアウトの容器で、外にあるベンチに座りながら飲みました。

周りのベンチにも、ブルーボトルコーヒーの飲み物を楽しんでいる人がたくさん。それも、大学生くらいの若い人が多いんです。

漸く、前橋のまちなかにも若い人が集まり、思い思いの時間を過ごせる場所ができました。

そして、私たちがそこにいる間に、知り合いが何人も通り、みんなと雑談をしたり、必要な打ち合わせがちょっとできたりしました。

これがまちなかなんですね。

人が集まり、出会いがあり、そこに会話が生まれ、新しいことが産まれていく。

そんな萌芽が、ここにあると感じました。

次は、回遊です。

イベントや、文化事業があって、そこを回り、そのあとは夕食を食べたりお酒を飲んだりする。
そんなふうにまちなかを使えると、ほんとうに楽しいまち、行きたいまちになって来ます。

私ができることは、音楽イベントや、美味しいお店の紹介です!

 
18 9月

9月18日の日記

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日はどんな一日だったでしょうか?

朝一番、お稽古場の近くにできたブルーボトルコーヒーを訪問し、コーヒーをいただいて来ました。
スタッフの対応が気持ちよく、オーダーしたコーヒーはちょっと酸味が強かったものの、後味がとってもすっきりしたおいしいコーヒーです。

2021-09-18 08.36.22

2021-09-18 08.28.31


その後、午前中は現在抱えているプロジェクトの作業や連絡、文章の執筆などで費やしました。 

昼食は、中央通りのパーラーレストランモモヤにて。
ここの女将さんにちょっと用事があり、それも無事に済みました。

午後は、暗くなるまで自分の練習。
そのうち、雨が降り始めましたね。

夜になり、11月の舞台の共演者から演奏内容についてのメールが届き、それに返信。
いくつか録音をして送ったりしたので、けっこう時間がかかりました。

その後、動画を編集。明日アップの予定です! 
17 9月

ブルーボトルコーヒーが前橋のオープン!

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日9月17日、前橋市にブルーボトルコーヒーがオープンしました!
場所は、白井屋ホテルの馬場川側です。
11月にはパンのお店もできるということで、既存のタルト屋さんも含めて、面白いスポットになりますね。

オープン時間の少し前に行ってみると、すでに行列が!!
みなさんの期待の大きさが伺えます。

みなさん、適度に周りの方と距離を確保して並んでいますね。

久しぶりに、前橋のまちなかのこういう光景を見ていて、ワクワクする気持ちになりました。

午後にももう一回行ってみたのですが、その時も行列ができていました。

何度か行ってみて、あまり並ばずに入れるタイミングで、コーヒーをいただいてみようと思います。


2021-09-17 10.02.06

 
前橋に、ブルーボトルコーヒーができたのは、JINSの田中仁さんをはじめとする皆さんの尽力によるものが大きいでしょう。

でも、ひょっとしたら、これは必然だったのではないかというストーリーがあります。

その話は、6月28日の日本経済新聞に掲載され、それを私のお付き合いのある方がFacebookで紹介されたことなのですが、 簡単に説明させていただきます。

終戦後、「群馬コーヒー豆事件」といわれる事件が発生しました。
これは、群馬県内の空いていた繭倉庫などに保管されていた政府のコーヒー豆が、政府に無断で売却されたという事件です。

当時の群馬県知事が辞職する事態になった大事件だったのですが、そのコーヒー豆がどうなったかというと、東京の銀座に開店したばかりの「カフェ・ド・ランブル」という喫茶店に納入されたそうです。そうしたら、偶然にも、そのコーヒー豆が理想的な状態で熟成され、評判になりました。それから、店主はコーヒーの研究に尽くされたそうです。

その「カフェ・ド・ランブル」のコーヒーに魅了された一人に、ブルーボトルコーヒーの創業者、ジェームス・フリーマン氏がいらっしゃいます。

この様に、群馬のコーヒー豆で評判となったお店に魅了された方が作ったコーヒー店が、一周回って前橋にやってきました!

コーヒー好きの私としては、どんなコーヒーが味わえるのか楽しみですし、また、あたらしいおうちができたら、一番近いコーヒー店になるので、家で飲むコーヒーもすぐに豆を買いに行けます。

楽しみです!


 
29 8月

おうちづくり経過報告

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

おうちづくりですが、日々大工さんをはじめとする多くの職人さんが、一生懸命作業を進めてくれております。

そう、我が家は大工さんがちゃんと作ってくれるお家にしたんです。
内部の建具類も、既製品ではなくて、なるべく手作りのものにしました。

現状、屋根葺きを終え、サッシ・窓ガラスが取り付けられ、床の構造用合板が貼られ、給排水の配管や電気配線などもあらかたできております。 ユニットバスの設置も終了しました。そして、外壁の下地が貼られ、内部の間仕切りが徐々に形になってきて、だいぶ内外の形状が見えてきました。

道路側から見る変化は少ないですが、中の変化は日々大きいですね。
待ち遠しくってしかたあありません。

2021-08-27 17.26.52のコピー


そして、今日は初公開。
お稽古場になるスペースです!
 
2021-08-27 17.33.03のコピー

手前が洋間、奥が和室になります。
洋間はお稽古の待合や、打ち合わせ、私の事務作業などのスペースになります。
和室部分がお稽古をする空間ですね。

楽器を保管するスペースもできたので、今のお稽古場に比べると、だいぶ広々とします。
期待していてください! 
21 8月

スズランシューズ館が、、、

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

お稽古場の目の前の様子が、ちょっと変わってしまいました、、、

2021-08-21 17.32.05

スズランシューズ館が、昨日8月20日で、閉店してしまい、その機能を本館に移しました。

2021-08-21 17.32.46


まあ、見方によっては、「服と靴を同じフロアで見られる」ので、便利かもしれません。

でもこの様にガラス面が白く覆われてしまうと、なんとも寂しい、、、

また、お稽古場の場所を説明するのに、「スズランシューズ館の前」と言えばよかったので、それがけっこう便利だったんです。

ただ、先日の上毛新聞によれば、テナント入居が1社交渉中とのことで、それがうまく進むことを希望します。どんなテナントなんだろ。楽しみに待っています。


2021-08-12上毛スズランシューズ館閉館のコピー
 
ギャラリー
  • とうとう明日が白井屋ホテルでの演奏です!
  • 前橋新聞mebuku第2号が発刊されました
  • 前橋新聞mebuku第2号が発刊されました
  • 高崎市での出張演奏でした
  • ラジオで流れます
  • おうちづくり
  • お稽古場の60年くらい前の写真
  • お稽古場の60年くらい前の写真
  • お稽古場の60年くらい前の写真
  • ライブドアブログ