hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

エレキ箏

15 2月

令和華伝ライブ

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

先日、「令和華伝」という女性4人組ユニットのライブに出演させていただきました。

令和華伝は、「美しい日本を世界へ発信する」というコンセプトを掲げており、着物と袴の衣装で、歌い、踊ります。

今回の会場は、表参道近くの銕仙会の能舞台でした。

また、「神楽無双」という和楽器を中心としたユニットや、武学座という武の美を表現するみなさんともご一緒させていただきました。

若いみなさんと一緒に盛り上がる演奏というのは、私もテンションが上がります。
普段とは異なる雰囲気の演奏で、楽しさもある時間となりました。

また、今回のライブの私のポイントとしては、「エレキ箏」を使ったことですね。

このライブは他の音源なども同時に使うので、生音ではなく、音響さんが入ってスピーカーから音を出します。 

通常、そういう場合はお箏を弾いた音をマイクで拾い、スピーカーから音を出します。

今回は先日も紹介したかねこ箏三絃楽器店さんのご尽力で、「エレキ箏」を使いました。

お箏から直接アンプやエフェクターに接続することができます。

ですので、音響さんの調整の幅が広がり、音のロスも少なく、舞台上にはマイクスタンドもいりません。

今回は、お箏の演奏者が私ともう一人いらっしゃり、二人で4面の「エレキ箏」を使いました。

一つの舞台で、こんなにも多くのエレキ箏が使われたのは、初めてではないでしょうか。

このエレキ箏、ベースは普通のお箏ですので、演奏の違和感はもちろんありません。

例えば、パーティー演奏や屋外の演奏、配信や録音、そんな時に活躍するでしょう。ですので、今後の私たちにには、必要なアイテムになって来るかもしれません。

また、音響機器の知識も必要になってきますね。

私にとって、芸能界関係のお仕事、エレキ箏の演奏という、新しい経験をさせていただきました。

リハーサル時の写真です。
85394073-D93F-4E8E-8516-E94C1C42C41F
尺八の元永拓さんと、津軽三味線の柴田雅人さん。

Wh9dib8V.jpg-large

 
9 2月

エレキ箏を演奏

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

先日、SNSにこの写真をアップしたら、「いいね」やコメントなどをたくさんいただきました。

2021-02-08 20.03.30


この「エレキ箏」とは何かというと、普通のお箏を改造して、アンプなどに繋げる様になっています。
お世話になっている、「かねこ琴三絃楽器店」さんが、いろいろ試行錯誤をして開発をしました。 

で、なぜ私の手元にあるかというと、「エレキ箏」を使う演奏のお話をいただいていており、その準備のためです。

お箏を普通に弾く時と異なる感覚に慣れる必要があるので、本番までの間にお借りして、練習しています。

そして、その演奏の本番が、ライブ配信されます。

こちらをご覧になってください! 
26 11月

エレキ箏でロック段!

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日、自分のお箏のメンテナンスで楽器屋さんに行ったところ、面白いお箏を弾かせて頂きました!


 普通のお箏を加工し、エレキ箏にしました。
この音は、そのエレキ箏をギターアンプに接続して演奏したものです。

ロックみたいな「六段の調」なので、ロック段!!

なんか、弾きながらやけにテンションが上がります。 
楽しかったです。

ちなみに同じお箏をアンプに繋いだのが、この音です。


このお箏、実は私のところから楽器店に渡ったお箏なんです。

ある方から、「家にお箏があるけど誰も使わないので」
ということで引き取ったのですが、経年劣化が激しかったために、楽器店に処分をお願いしました。
そうしたら、その楽器店の方が、ちょうどエレキ箏を研究していたので、その実験台として、この様に加工して下さったのです。

アンプで音を変えることもできますし、マイクで音を拾うよりも素直に音が大きくなるので、パーティー演奏などでも活用可能です。

新たな可能性ですね!


 
ギャラリー
  • 3月27日に向けて下合わせ
  • 3月27日に向けて下合わせ
  • 3月27日高崎芸術劇場でのミニコンサートのお知らせ
  • 学校訪問。お三味線で効果音を。
  • 学校訪問。お三味線で効果音を。
  • 渋川の小学校で授業を行いました
  • 渋川の小学校で授業を行いました
  • 渋川の小学校で授業を行いました
  • 渋川の小学校で授業を行いました