hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

オンライン

19 7月

「地歌のエロス」を開催しました

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、Zoomを使って「地歌のエロス」を開催いたしました。

多くの方に対して、Zoomを使ってまとまったお話しをするのは、初めての経験です。コロナがあったから実践することができた、新しい方法ですね。

でも、やっていてとても不安なのが、参加している方の反応が見えないことでした。

リアルな会場でしたら、お客様の表情や反応がわかるのですが、Zoomですとなかなかそれがわかりずらい、、、

芸能人などが、「始めてラジオの番組をやると心配になる」ということを言っていることがありますが、こういうことなんでしょうね。

また、一部演奏もしたのですが、どういう音で先方に伝わったのか、これがとても気になります。
音質が、どうしてもネット環境や参加の方のお持ちの機器の性能などに左右されてしまいます。

さらには、今回は初めてのことなので、いろいろな操作方法やナビゲーターとの役割分担等、反省すべき点もありました。

今後のことに、生かして行きます!

※今回の企画は、「日本文化普及の会」が主催となります。 

10 7月

7月19日Zoomで「地歌のエロス」

みなさんこんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

Zoomで地歌の世界に触れていただく、「地歌のエロス」を開催いたします。

主催は、「日本文化普及の会」
同会は、毎年5月に高崎市の観音山で「観翠会」という日本文化を体験できるイベントを開催しています。
しかし、今年は、新型コロナウイルスの影響で中止となってしまいました。

そこで、コロナのリスクを受けることなく、自宅で手軽に日本文化に触れていただく時間を企画いたしました。

どうぞ、お気軽にご参加下さい!

106582390_1161872967544896_2816682359397873558_o


『地歌のエロス』
令和2年7月19日(日)19:30〜21:00

・入場料 1000円
・zoom開催
・チケット購入はPeatixにて
※Peatixアカウント作成が必要となります。 

「地歌」とは、日本ではじめて成立した三味線音楽。
戦国時代から、御座敷芸として発展した。
江戸時代になると、三味線は庶民が自分の想いなどを表現する楽器となった。
それは、団塊世代がフォークギターをかきならした様なものか。
そこで、語られたのは、ほれたはれたの男女の色恋沙汰。
また、当時の文化サロンであった遊郭で働く
遊女の想いもたくさんうたわれた。
そんな当時のラブソングを今宵お聞かせいたしましょう。

※内容は、解説がメインとなります。

講師:鈴木創(箏曲家/生田流箏曲宮城社大師範)
主催:日本文化普及の会

参加申し込みは、こちらのリンク先から!
 
ギャラリー
  • 猛暑に皮も悲鳴を上げたか!?
  • 猛暑に皮も悲鳴を上げたか!?
  • 猛暑に皮も悲鳴を上げたか!?
  • なんかもったいない
  • 一人ドライブで悲愴を楽しむ
  • 千代田のお店
  • 千代田のお店
  • 桐生のギャラリー禅林で、お祭りの情熱が沸く
  • 桐生のギャラリー禅林で、お祭りの情熱が沸く