hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

コロナウイルス

18 3月

凡事徹底でコロナウイルスを乗り越える

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

新型コロナウイルスが社会にいろいろな影響を及ぼしている中で、私は
・門人さんのお稽古
・自分の練習
・先々の企画立案
などで日々を過ごしております。

以前お伝えした、「親子でちょっとお箏」にも問い合わせ・予約を少しいただいております。
詳しくは、こちらへ。

どういった状況の中でも、自分の能力を磨き、自分のできることで社会の役に立つことを地道に行って行くことが大切だと考えています。

そんな中、わかりやすいポスターを目にし、私のお稽古場にも貼ってあります。


 o1080192014724089012

今回の、新型コロナウイルスの感染予防のためにできることです。

実はこのポスターの監修をされた方のお一人が、前橋出身のお医者さんで、さらには私の知り合いが子どものころから一緒に遊んでいた方なんだそうです。その知り合いから、ポスターをいただいて来ました。
とてもわかりやすいですね。

でも、よく内容を見てみると、いつもの健康管理や、エチケットの点であたりまえのことがほとんど。

ですので、「感染予防」といっても、「凡事徹底」。あたりまえのことをきちんとやることがポイントですね。

そういえば、「凡事徹底」は、甲子園で全国優勝した前橋育英高校の野球部の方針でしたね。

それともう一つ思うこと。

自分の頭で考えよう!

ということです。

例えば、予定していたゴルフを中止にしている方が多い様です。
でも、コロナウイルスの感染リスクが高いのが、換気の悪い閉鎖空間で人が集まる場合です。
ゴルフは、大空の元、一緒に回る方ともある程度の距離があり、キャディさんがいても5名です。
プレイ後のお風呂に入らないようにすれば、リスクはかなり低いのではないでしょうか。

いつもの生活でも、公園での運動や近所のお散歩なども同様です。

ご自分の頭で、何がリスクが高いのかを考えて行動しましょう。
また、メディアの情報も、事実を見極めて、冷静にうけとめましょう。

この状況を、みんなで乗り越えましょう!

 
9 3月

コロナウイルスの影響を少しでも少なくするために

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

新型コロナウイルスのことで、思うことをお話しさせていただきます。

目に見えないウイルスという相手。
いつどうなるかわからないという不安。
よーくわかります。
私も先がどうなるかわからない暗い気持ちがどこかにあります。

でも、みんながみんな、そんな気持ちばかりになったら、どうなってしまうでしょうか?
世の中が暗ーい雰囲気になってしまい、閉塞感のある時代が来てしまいます。
そして、一人一人の体の抵抗力が落ちてしまい、もっとウイルスが蔓延してしまいます。

まず、気持ちだけでも、前向きにしませんか?

例えば、今の状態が落ち着いたら、行きたいところや今行けない場所に行けた時のことを考えてみたり、計画を立ててみたりして、少しでもわくわくした気持ちになってみませんか?
スポーツクラブが再開した時のこと、学校の友達と再会出来たときのこと、そんなことを想像してみませんか?

または、今、各自が今の状況で何ができるか、どうすれば良くなるかを、考えてみませんか?

アロマに詳しい人は、どうやってアロマを活用したら家の中の殺菌ができるかを考えてみたり、食事を作ったりする時には、どんな食べ物を食べたら、免疫が増すかを考えてみたり。

そうやって一人一人の気持ちが前向きになって、少しでも笑顔が増えれば、免疫・抵抗力が増して、コロナウイルスの影響を少しでも弱められるのではないでしょうか。

次に、少しでも、経済的な助け合いをしませんか?

このままで行くと、あらゆる業界で、業績が悪化するでしょう。
そうすると、「コロナ不況」とも言える経済状態になるのではないでしょうか。
現に、飲食業界は、宴会の予約がほとんどキャンセルになり、大きな打撃を受けています。
宴会がなければ出入りの酒屋さんや食材業者さんの売上が減り、配送がないからガソリンスタンドの売り上げも下がります。タクシーや代行さんへの影響も大きいでしょう。

そういう、負の循環に入れば、みなさん個人個人の懐に響いてきます。


コロナウイルスにかからなければ体調は崩れませんが、お金がなければ命に関わります。

それを防ぐためには、少しでも経済的な助け合いをすることです。
今、お家や職場でお昼を食べているのであれば、たまには外にランチに行きませんか?
近所の居酒屋さんで、小一時間でいいですから、ちょっとビールとおつまみを楽しみませんか?
もちろん、移動中のマスクや食べる前の手洗いなどの対策は万全にして。

例えば、前橋市の20代から60代の方約21万人(平成29年の人口統計)が2,000円を使えば、4億2千万円の経済効果があります。それだけでも、救われる人が出てくるのではないでしょうか。

景気の「気」は気持ちの「気」ですから、この2つのことは、密接に関係しています。

私も、色々考えました。
いま、何ができるか。
私ができることは、お箏とお三味線です。
そして、それが少しでも前橋のまちなかの活性化につながることができればと常々願っております。
そこに今回は、新型コロナウイルスに対することが追加されました。

で、私なりに考えた答えが、「親子でちょっとお箏」なんです。
家にずーっと親子でいてストレスがたまっちゃうんなら、リスクを極力少なくすることができる外出機会を作れないか、そう思ったんです。
そこで、普段とはちょっと違うことをしたり、リフレッシュできたりしたら、少しでも笑顔を増やすことができるんではないか、と考えたんです。

正直、私も演奏の仕事がキャンセルになっています。
個人事業主に対しては、なかなか公的な支援が回ってきません。
でも、「今、何ができるか」を考えたり、秋頃の企画のことを考え出しました。
新しい企画を準備して、その時までにコロナウイルスが収束していなかったら、また中止すればいいと思っています。
今必要なことは、少しでも明るい未来を考えることではないでしょうか。
新しいことを考えていると、やっぱり楽しいですし、うきうきしています。
そのうきうきを、少しでも増やしたいです。

テレビなどの負の情報は、データだけを見て下さい。
コメンテーターのコメントは、その方の個人的な感想ですから、全てを受け入れないでちゃんと自分の頭で考えて下さい。
冷静に客観的になり、事実をしっかり見つめて下さい。

コロナウイルスにかかってしまい、体調を崩している方もいらっしゃいます。
一日でも早く、元気を取り戻していただきたいです。
テレビではなかなか知らされていませんが、もう退院している方もいらっしゃるんです。

このブログをご覧のあなた、今すぐに、元の生活に戻ることはできなくても、
少しでも、ちょっとでも、気持ちを前向きにしませんか。 
26 2月

コロナのことで思うこと

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

コロナウイルスという見えない危険が大きくなっています。

私も、出演予定のイベントが一つキャンセルになり、その他出席予定であった大人数集まる会議が中止になりました。

直接は関わりがなくても、知人が開催予定だったコンサートも中止になったりという情報を耳にします。

私のお稽古場は、今のところ通常通りにお稽古を行っています。
お稽古はマンツーマンなので、不特定多数の人が集まることはありません。
体調が悪い方は、だいたいお稽古をお休みします。

個人的には、手洗い・うがい・外出時のマスクといった、当たり前の対策をしております。
マスクは花粉対策でもありますが、、、
大切なことは、脊髄反応をせずに、冷静に行動することと考えています。

流れに流されず、立ち止まって考える。
それが大切なんだと思います。そうすると、案外打開策が浮かんだり、思わぬ所から情報が入って来たりします。

それにしても、今偶々見たニュースで流された国会の様子ですが、
なんで野党はなんでも与党への攻撃材料にするんでしょうかね。
与党の回答も、質問に対して正面から答えていない感じがします。

こういう時こそ、与野党の垣根を取り払い、英知を結集して、対策にあたってほしいです。
特に、今の野党は東日本大震災の時に政権を担っていたんですから、その時の経験や反省を踏まえた提言があってもいいのではと思います。

 
ギャラリー
  • ビールとビオラ
  • ビールとビオラ
  • めぶくPayが使える様になりました
  • 今の学生さんたちに伝えたい
  • 前橋立教会総会でした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • ライブドアブログ