こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今、一番困っていること。
それは、イベントや演奏などの再開のタイミングです。

お陰様で、現在門人さんのお稽古は、ほぼ通常通りとなっております。
(ただ、マスク着用・透明のパーティション設置ですが、、、)

イベントや演奏の企画など、国や県の基準によれば、人数制限や感染症対策を実施の上、開催可能です。

でも、
・第二波・第三波が来たら中止せざるを得ない。
・共演者との事前の下合わせが「密」になる。 
・もし、お客様や出演者の中から、感染者が出てしまった場合、関係者全員に迷惑がかかる。
などのことが心配されます。

いつかは誰かが始めなければならないとは思いながらも、そこから発生するリスクを背負うのは怖いです。

じゃあ、どういう条件が整ったら、安心して始められるのか。
それは、今現在誰もわからないと思います。

ワクチンや治療薬が開発され、コロナがインフルエンザと同じように対応ができるようになったらなのでしょうか?
もしそうだとしたら、それはいつ頃の見込みなのでしょうか?

正直なところ、マスクをしてのお稽古は、きついです。
息を吸えば、布が鼻の穴にまとわりつきますし、口の周りが蒸れてしまいます、、、

これだって、いつになったらマスクを外して良いのかわかりません。

恐らく、多くの方が同じ様なことで悩んでいると思います。
そして、答えがないから、「延期」「中止」などの方針をとらざるを得ないんでしょう、、、

でも、それではいつまで経っても始まらない、、、

答えの出ないループに思考が陥っています、、、、