hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

今井尋也

24 10月

10月23日「前橋まちなか音楽祭 朔Enishi」でした

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

昨日10月23日、前橋市が誇る国指定重要文化財「臨江閣」にて、「第7回前橋まちなか音楽祭 邦楽コンサート 朔Enishi」を開催しました。

今回は小鼓の今井尋也さんとの共演ということで、お箏と鼓というなかなかない組み合わせで、萩原朔太郎の世界を中心とした構成です。

萩原朔太郎の詩にお箏や鼓で音を入れた詩曲では、朔太郎の世界観を表現するために、敢えて暗い音や不協和音を入れてみたり、また龍笛で別世界に誘う様な空気を出しました。

また、既存に鼓を入れて、私たち二人でしか聞けない内容にする試みも。

演奏中、何度か一の糸の柱が飛んでいくということが起こりました。
何か、朔太郎さんが来ていたずらをしているのでは、感じられる出来事でしたね。

ありがたいことに、お客様にたくさんおいでいただきまして、私たちの世界を楽しんでいただきました。

S__102694929

S__102694933


S__102694935

S__102694938

S__102694946

楽屋のお弁当は、高校の同級生が経営する前橋市本町の「ソーレマン」にお願いしました。
まちなかで美味しい!
2022-10-23 12.47.27

 
13 10月

朔太郎の異世界への誘い

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は、10月23日の「前橋まちなか音楽祭」で共演する今井尋也さんがお見えになり、下合わせをしました。

演奏曲目の中に、萩原朔太郎の詩にオリジナルの音を足して朗読をするという内容があります。

尋也さんと私が交互に朗読をし、私はお箏の音を、尋也さんは能管や鼓の音を入れます。

お箏の音を入れるときに考えたのは、いかに朔太郎の世界観を表現するか。

朔太郎の詩は、読み進めていけばいくほど迷路に入ってきます。
そして、暗い。

その世界を表現できるような音世界を意識しました。

今日、二人で合わせていたら、てつこさんがお稽古場に入ってきました。朔太郎と知らなかったけど「朔太郎みたいだ!」と感じてくれた様で、いつのまにか撮影までしてくれて、Facebookに動画をアップしてくれております。

そんな世界観を、臨江閣でぜひ味わってください!

そして、能管って、すっごい音の圧が高いんですね。
尋也さんに聞いたら、竹を割ってそれぞれを裏返しにしてまた筒の形にしているそうです。
なので、内側が固くなるために、圧のある音が出るということなんです。

先人たちの音へのこだわりと、それを実現する職人さんの技術がすごいですね!

2022-10-13 15.50.57のコピー
これが能管。サイズに似つかわしくない、大きな音がでます。

2022-10-13 15.50.13
鼓はこうやって解体してパーツごとに袋に入れて、運びます。

2022-10-13 15.51.59
アタッシュケースに収納。

202210前橋まちなか音楽祭裏6




 
5 10月

JASRAQのオンライン申請

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は10月23日の「第7回前橋まちなか音楽祭」に向けて、JASRAQの手続きをしようと、手持ちの用紙に記入を始めました。

この用紙、けっこうこまかいことをたくさん書く必要があり、かつ複写になっているんで、結構大変なんです。

「いまどき、オンライン申請できないんかなー」って思ってJASRAQのホームページを見てみたら、なんと、オンラインで申請できる様になっていました!!

2022-10-05 14.08.17


労力がだいぶ軽減されましたね!

まあ、私の場合、演奏曲のほとんどがパブリックドメインなんですけどね、、、(笑)

「第7回前橋まちなか音楽祭」、ご来場の方は、私に連絡をくださるか、Peatixで手続きを進めてください!

202210前橋まちなか音楽祭裏6



25 9月

今井尋也さんと萩原朔太郎の合わせ

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は、小鼓奏者の今井尋也さんが私のお稽古場にお見えになりました。

10月23日の「前橋まちなか音楽祭」の下合わせです。

2022-09-25 13.54.24


今回は、没後80年の萩原朔太郎にちなんだ内容で、朔太郎の誕生日11月1日に近い日に、朔太郎が結婚披露宴を行った会場での公演となります。

今日合わせを行ったのは、お箏の曲に鼓を入れる曲と、朔太郎の詩と音楽の融合を行う詩曲です。

鼓が入るとリズム感のある場所はよりビート感が出ます。また、能管は、精神が別世界に連れていかれそうになりますね!

こんな世界観の公演にぜひご来場下さい!

あ、今井尋也さんと私は、同じ高校の同窓生で、萩原朔太郎は同じ学校の旧制時代の卒業生なんです!
なので、前橋高校のみなさんは、絶対来てください!(笑) 

ご予約は、Peatix、または私に連絡をください!

202210前橋まちなか音楽祭裏6
 
20 9月

10月23日前橋まちなか音楽祭邦楽コンサート「朔Enishi」のご案内

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

久しぶりに、公演の情報をお知らせいたします。
徐々にコロナの中でどうやってイベントを行なっていくか、という考え方になっており、公演ができることを、大変嬉しく思います!

前橋まちなか音楽祭 邦楽コンサート 朔Enishi

時:令和4年10月23日(日)開場13時30分、開演14時(終演16時予定)
会場:臨江閣 別館2階大広間
料金:4,000円(当日券+500円)

今年没後80年となる萩原朔太郎。彼は詩の世界に大きな足跡を残し、音楽も深く愛しました。その55年の生涯をたどり、箏と鼓で、朔太郎の詩と音楽の物語を紡ぎます。

会場は、朔太郎が結婚披露宴を行なったまさにその部屋で、朔太郎の息遣いを感じて下さい。

出演は、前橋出身の小鼓奏者今井尋也さんと、私鈴木創です。
そして、今井さんと私は、朔太郎の学校の後輩でもあるんです!

チケットのご予約は、下記の中からお好きな方法をお選びください!

1:Peatixで予約・決済まで。こちらから。
2:電話・メールで。電話番号:027-212-7284。メールアドレスm.m.ongakusai@gmail.com

なお、今年の「前橋まちなか音楽祭」では、YouTuberピアニストによるピアノコンサートもあります。チラシの画像をご覧ください。

202210前橋まちなか音楽祭裏6

202210前橋まちなか音楽祭表5



 
ギャラリー
  • 数年ぶりに共愛学園の卒業証書授与式に参加
  • 3月9日「才川春まつり」のお知らせ
  • 小学校でのお箏の体験授業
  • 小学校でのお箏の体験授業
  • 小学校でのお箏の体験授業
  • ビールとビオラ
  • ビールとビオラ
  • めぶくPayが使える様になりました
  • 今の学生さんたちに伝えたい
  • ライブドアブログ