hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

健大高崎

28 7月

甲子園群馬大会決勝を見て

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

昨日7月27日、高校野球の群馬大会の決勝戦でした。
試合全部ではないけれど、外出中の車の中のラジオや、帰宅後の群馬テレビの中継で、だいたいを見ることができました。

健大高崎と樹徳という好ゲーム。
同級生が健大高崎に勤めているということはありますが、比較的平等に見ることができました。

樹徳が先制し、それを追いかける健大高崎。
そして健大高崎に流れがきつつあったけれど、樹徳の初回の5点が大きかったですね。

試合の運びとしては、満遍なく4イニングスで点をとった健大高崎の方が安定していると思います。 
対する樹徳は、点をとったのは2イニングのみで、初回の5点を守り切ったという形。
どちらが接戦を制するかというと、健大高崎なのかな、と感じています。

やはり、負けたら終わり、そして来年はないという高校野球は、一つ一つのプレイにかける真剣さが違います。バッテリーでバッターと駆け引きをし、なんとしてでもうたれまいとするピッチャー 。ボールに食らいついて出塁しようとするバッター。ボールに飛びついて必死で送球する野手。一つ一つが真剣です。

だから、見ていても感動があるし、勝った時の喜びや負けた時の喪失感も大きいのでしょう。

それにしても、最近の高校生は、メディアにマイクとカメラを向けられた時に、しっかりと自分の言葉で自分の意見を言えてすごいなあと思います。それほど、野球に打ち込んできたということなんでしょう。

そして、個人的には、高校野球に熱心だった祖父を通じて知り合った方々や、前職時代に一緒のフロアにいた様な人たちが、解説などでテレビやラジオに出ているのを見るのも嬉しいですね。

優勝した樹徳の皆さんは、甲子園で自分の力を出し尽くしてほしいです。

そして、健大高崎の皆さんには、樹徳ですら味わえない「決勝敗退」という大きな経験と、ここまでかんばってきて得たものを、今後の人生の糧にして欲しいです。 
27 7月

感動の高校野球群馬大会決勝!

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日、群馬では甲子園予選県大会の決勝戦が行われました。

決勝のカードは、前橋育英 対 健大高崎

前橋育英は4年連続県大会で優勝しており、かつ全国制覇も成し遂げている強豪校。
対する健大高崎も、何回も甲子園に出場しており、ユニークな校歌でも話題になっています。
この対戦は、今の群馬を代表する両チームの戦いです。

そんな決勝戦、後半をテレビの中継で見ました。

ほんとうに手に汗を握る、瞬きをする間もないくらいの名勝負となりました。

両チームとも1対1で延長線に進み、最後に育英が大量得点で勝利しました。

その中で、

健大高崎のピッチャー今仲君は、普通に140km/h以上のボールをどんどん投げ込みます。

育英のピッチャー外丸君は、変化球をどんどんインコースに攻めてきて、かつミスコントロールがありません。「健大史上最強」と言われた打線を、わずかなヒット数に抑えました。

そしてそれを支える育英の守備は、ノーエラー。

しかし前橋育英は、後半はほとんどのイニングでランナーを出しながらも、 健大高崎の守備に阻まれ、残塁に終わります。

両チームとも三塁手が必死にボールに食らいつき、ファーストへの素晴らしい送球がありました。

延長12回、前橋育英の攻撃で、ノーアウトランナー一塁。なんとしてでも進塁させたい、誰が見ても「バントだろ!」というシーンでのサインは、「エンドラン」。2年生の岡田君はその期待に応え、見事ツーランホームランを打ちました。

その後も健大高崎の守備の乱れがあり、試合の流れを決定づけます。

12回裏、健大高崎の攻撃が終わり、試合終了になった時、本当に涙が出ました。
歴史に残る名勝負だったでしょう。

前橋育英のみなさん、甲子園でも自分たちの野球を全うして、勝ち進んでください!
25 7月

高校野球前橋育英から学んだこと

みなさんこんにちは。
はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家鈴木創 です。

本日、当地群馬県では、高校野球県大会の決勝戦が行われました。
前橋育英健大高崎との対戦で、どちらも強豪校です。

同級生が野球部監督を務める私の母校はすでに負けてしまっているのですが、好カードの決勝戦、とても興味があり、テレビや移動中のラジオで断片的に見たり聞いたりしておりました。

結果は前橋育英の優勝だったのですが、8回裏で負けていた3点差を追いつき、9回裏でのサヨナラ勝ちという、大変劇的な勝利でした。

試合終了後の前橋育英の荒井監督のインタビューを、車のラジオの中で聞きました。
言葉は厳密ではありませんが、およその内容をお伝えします。

選手には普段から、「普通のことをこくやれ」と言っている。
キャッチボールで投げるボールでも、これが甲子園で投げるボールと思えば、いまと違ってくる。
こんなことを小姑のようにしつこく言っている。

という内容でした。
「凡事徹底」を部のモットーとしている前橋育英野球部ですが、それを徹底することで、意識が変わると感じました。意識が変われば同じ事をやっても内容や得るものが濃くなります。また、キャッチボールのお話しは、具体的な事例として私の心に入ってきました。

私も、普段の自分の練習や、お弟子さんとのお稽古で弾く時、一音一音、それが舞台での本番かの様に音を出すべきと感じました。
もっともっと、意識を高く持って、自分の芸を磨く方法を教えていただきました。

群馬代表の前橋育英高校、甲子園で頑張って欲しいです。
そして、健大高崎も、全国に通用する素晴らしいチームでした。


□公演日程□
7月28日:弦が繋ぐ世界(カフェヒュッゲ、高崎市)くわしくはこちら
8月11日:山田さんと生田くん(アトリエミストラル、高崎市)詳しくはこちら
9月15日:日本の音を愉しむ 足利(レストランビアンベニュー、足利市)詳しくはこちら
9月24日:前橋まちなか音楽祭 糸と皮の対話(煥乎堂ホール/前橋市) 詳しくはこちらへ 
ギャラリー
  • 今の学生さんたちに伝えたい
  • 前橋立教会総会でした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • 日本茶抹茶サロン324で三味線とお抹茶
  • 日本茶抹茶サロン324で三味線とお抹茶
  • ライブドアブログ