hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

前橋まちなか音楽祭

27 11月

前橋らしいまちづくり

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

昨日11月26日、「アーツ前橋」内のロブソンコーヒーで開催された「ミュージアムカフェの放課後」に参加してきました。


それは、「アートとまちづくり」についてパネリストがおしゃべりしているのを聞くという企画です。

しゃべる人は、前橋国際大学教授の奥田先生(心理学)、建築家の木暮さん、ロブソンコーヒーオーナーの山本さん、群馬高校生会議代表の大矢さん。そして、話を聞く人が、マチスタントの田中さん。

2022-11-27 13.26.16


アートとは何か、そして前橋のまちづくりとの関係などについて話をするのを、参加者がコーヒーを飲みながら聞くという内容です。 


その中で、私が漠然と感じていたことが、しゃべる人のお話により言語化されていき、自分の思考が整理されてきました。


昨日のお話のいくつかのポイント

・前橋は適度な不便さや行きにくさがあるが、まちなかにはなんでもあり、そのまちのサイズ感がいい。

・アーティストが身近にいて、会える町。

・100メートルあれば誰かと挨拶ができる。

・一人と知り合えば、人がつながっていく。


私は、音楽というその時でなければ触れられないものに携わる者として、どうすれば継続的に常にまちづくりにかかわれるのかを考えているますが、なかなか答えが出ません。

彫刻・絵画・写真などは展示しておけばいつでも触れることができます。しかし、音楽はコンサートの時間においでいただかかなければなりません。それに、継続的に頻繁に開催するというのはなかなか大変です。

今私ができることは、中心協の広報委員としてFacebookやInstagramを更新したり、まちなかのお店やイベントを紹介したり、そして本業に関係することといえば、年に1回の「前橋まちなか音楽祭」を運営することです。

その中で、今日は「TinyMarket」に行ってきました。
毎月最終日曜日に開催される小さなマーケット。
大きなイベントもいいけど、だれも疲れない、大変な思いをしないイベントであれば、継続して開催できます。

2022-11-27 13.18.56-2


こういうことを行う人が徐々に増えたり、素敵なお店が少しづつ増えてきています。そんなやり方が、前橋のまちづくりなのかな。 
24 10月

10月23日「前橋まちなか音楽祭 朔Enishi」でした

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

昨日10月23日、前橋市が誇る国指定重要文化財「臨江閣」にて、「第7回前橋まちなか音楽祭 邦楽コンサート 朔Enishi」を開催しました。

今回は小鼓の今井尋也さんとの共演ということで、お箏と鼓というなかなかない組み合わせで、萩原朔太郎の世界を中心とした構成です。

萩原朔太郎の詩にお箏や鼓で音を入れた詩曲では、朔太郎の世界観を表現するために、敢えて暗い音や不協和音を入れてみたり、また龍笛で別世界に誘う様な空気を出しました。

また、既存に鼓を入れて、私たち二人でしか聞けない内容にする試みも。

演奏中、何度か一の糸の柱が飛んでいくということが起こりました。
何か、朔太郎さんが来ていたずらをしているのでは、感じられる出来事でしたね。

ありがたいことに、お客様にたくさんおいでいただきまして、私たちの世界を楽しんでいただきました。

S__102694929

S__102694933


S__102694935

S__102694938

S__102694946

楽屋のお弁当は、高校の同級生が経営する前橋市本町の「ソーレマン」にお願いしました。
まちなかで美味しい!
2022-10-23 12.47.27

 
13 10月

朔太郎の異世界への誘い

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は、10月23日の「前橋まちなか音楽祭」で共演する今井尋也さんがお見えになり、下合わせをしました。

演奏曲目の中に、萩原朔太郎の詩にオリジナルの音を足して朗読をするという内容があります。

尋也さんと私が交互に朗読をし、私はお箏の音を、尋也さんは能管や鼓の音を入れます。

お箏の音を入れるときに考えたのは、いかに朔太郎の世界観を表現するか。

朔太郎の詩は、読み進めていけばいくほど迷路に入ってきます。
そして、暗い。

その世界を表現できるような音世界を意識しました。

今日、二人で合わせていたら、てつこさんがお稽古場に入ってきました。朔太郎と知らなかったけど「朔太郎みたいだ!」と感じてくれた様で、いつのまにか撮影までしてくれて、Facebookに動画をアップしてくれております。

そんな世界観を、臨江閣でぜひ味わってください!

そして、能管って、すっごい音の圧が高いんですね。
尋也さんに聞いたら、竹を割ってそれぞれを裏返しにしてまた筒の形にしているそうです。
なので、内側が固くなるために、圧のある音が出るということなんです。

先人たちの音へのこだわりと、それを実現する職人さんの技術がすごいですね!

2022-10-13 15.50.57のコピー
これが能管。サイズに似つかわしくない、大きな音がでます。

2022-10-13 15.50.13
鼓はこうやって解体してパーツごとに袋に入れて、運びます。

2022-10-13 15.51.59
アタッシュケースに収納。

202210前橋まちなか音楽祭裏6




 
5 10月

JASRAQのオンライン申請

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は10月23日の「第7回前橋まちなか音楽祭」に向けて、JASRAQの手続きをしようと、手持ちの用紙に記入を始めました。

この用紙、けっこうこまかいことをたくさん書く必要があり、かつ複写になっているんで、結構大変なんです。

「いまどき、オンライン申請できないんかなー」って思ってJASRAQのホームページを見てみたら、なんと、オンラインで申請できる様になっていました!!

2022-10-05 14.08.17


労力がだいぶ軽減されましたね!

まあ、私の場合、演奏曲のほとんどがパブリックドメインなんですけどね、、、(笑)

「第7回前橋まちなか音楽祭」、ご来場の方は、私に連絡をくださるか、Peatixで手続きを進めてください!

202210前橋まちなか音楽祭裏6



2 10月

合奏練習と楽譜作成

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日は朝から、「温故和楽会」定期演奏会に向けて、社中の合奏練習。
初めての練習で全員が集合して、細かいことをけっこうやりました。

全体が終わってからは、お三味線の方だけのパート練習。

午後は、10月23日の「前橋まちなか音楽祭」に向けて、楽譜の作成。
今日やりたかったところまでは終わっていないけど、明日には終われるかなあ。

2022-10-02 18.10.32


前橋まちなか音楽祭、ご来場の方は、ご連絡ください!

202210前橋まちなか音楽祭裏6

現在、10月23日の「前橋まちなか音楽祭」、10月27日の学校演奏、10月29日の「江戸夜遊び」、11月20日「温故和楽会定期演奏会」の準備が同時で進んでいます。

練習・事務的なこと・段取りや手配の同時進行で、けっこうバタバタしています。
さしあたり、10月を乗り切りたいですね!!

 
ギャラリー
  • 爪づくり
  • 爪づくり
  • 爪づくり
  • 爪づくり
  • 爪づくり
  • 前橋らしいまちづくり
  • 前橋らしいまちづくり
  • 温故和楽会、無事終了しました!
  • 温故和楽会、無事終了しました!
  • ライブドアブログ