hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

前橋まちなか音楽祭

6 10月

「この音とまれ!」21巻と、「前橋まちなか音楽祭」

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は、「前橋まちなか音楽祭」の二日目で、私も運営委員として現場に入り、主に受付業務を担当しました。

普段は演奏者なので、受付のことは、イメージしたりお願いをしたりするだけで、実際に体験してみると、勉強になることがあります。
受付が、いかにコンサートの雰囲気を左右するのか、また、受付の人たちがどんな動きをしているのか、それを身をもって体験しました。

そうやっていると、意外な方と再開したり、一緒に受付をやっている人といろいろとおしゃべりをできたりと、普段はない時間を過ごすことができました。

また、今回は会場の外に政治団体が来ていたり、それに対応する警察の方とお話しをしたり、今回はちょっとそんなスペシャルも。

そして、疲れた私をお稽古場の郵便受けで待っていたのは、これでした!


2019-10-06 19.04.40

「この音とまれ!」第21巻!
今話題の高校の箏曲部のマンガです!
一通り読みました!友情や葛藤、意地やプライド。お箏を通じて悩み、考え、もがいく高校生達の成長する姿が描かれています!
みなさんもぜひお読みになって下さい!
 
4 10月

前橋まちなか音楽祭と、イベント盛りだくさんの週末!

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

10月となりましたが、なんか30度近くに気温が上がったりと、なかなか秋本番とはならない当地前橋です。

でも、カレンダーはどんどん進んでいます!

さて、明日10月5日と6日は、前橋のまちなかはイベントが盛りだくさんです!


前橋まちなか音楽祭

まちなかのホールで多彩なコンサートを行い、音楽の力でまちなかに人を呼び込もう!という主旨で行われています。3つの主要なコンサートがありますが、それぞれ、前橋に縁のある方が出演しております。

私は運営委員を務めている関係から、6日は会場に入っています。
当日券もありますので、どうぞご来場下さい!

そして、「タイアップ店舗」で「前橋まちなか音楽祭」の半券を提示すると、10月いっぱいまでサービスを受けることができます。「タイアップ店舗」は、会場で配布されるプログラムに記載されております。

ホームページはこちらから!


71019854_1149546725224359_4558386195838533632_n
 


オクトーバーフェスト

簡単に言うと、ビール祭。
中央イベント広場に多彩なお店が出店しております!
「前橋まちなか音楽祭」のチケットで、割引を受けることができますよ!! 
公式Facebookはこちらから!


風のまち音楽祭

公式ブログから、詳細はご確認下さい!

 
30 7月

第5回前橋まちなか音楽祭のお知らせ

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

第5回前橋まちなか音楽祭が開催されます。 
この、「前橋まちなか音楽祭」ですが、前橋市ゆかりのプロの演奏家を中心とする多彩なコンサートを開催し、音楽の力で前橋のまちなかに沢山の人に来てもらおう!という主旨の音楽イベントです。

私は運営委員の一員のなっており、第2回から第4回までは、出演もさせていただきました。
今回は、出演はお休みさせていただき、運営委員の業務に専念します。

今年のプログラムですが、ポスターをご覧になって下さい!

1910前橋まちなか音楽祭ポスター3

主要なコンサートは、

10月5日:ジャズの祭典
10月6日:日韓交流コンサート
10月6日:サマーシンフォニックウインドオーケストラ前橋デビュー記念特別コンサート

の3つで、どれも前橋テルサが会場となります。

日韓交流コンサートと、サマーシンフォニックウインドオーケストラ前橋のコンサートが初めての企画となり、日韓交流コンサートは声楽のコンサートで、サマーシンフォニックは吹奏楽となります。

上毛新聞にも掲載されました。
010728上毛

 その他にも関連イベントが行われ、まちなかに置いてあるピアノを自由に弾ける企画もあります。
公式サイトで詳細をご確認下さい! 
25 9月

「前橋まちなか音楽祭」が無事に終了いたしました!

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日9月24日、「前橋まちなか音楽祭 糸と皮の対話 〜箏・三絃と鼓の共演〜」が無事に終了いたしました。

第4回前橋まちなか音楽祭_表5-2


最初は、今井尋也さんの小鼓のソロ演奏。
小鼓のソロ演奏というのはどういうものなのか、不思議に思っていました。
聞いてみると、小鼓のたたき方のバリエーションの豊富さや、高さの調節ができる音、
それに、謡いながらの小鼓の演奏と、あっというまの時間でした。
そして、今井尋也さんのユニークな解説も良かったです。

次が、私の三絃ソロでした。
新娘道成寺を演奏させていただきました。

休憩を挟んで、お箏と小鼓の共演です。

4曲演奏させていただきましたが、その中に「萩原朔太郎望郷詩」と名付けた、郷土の詩人萩原朔太郎の詩を今井尋也さんが読みながら小鼓を入れ、そこに私がお箏のメロディーを入れるという曲を演奏いたしました。

お箏のメロディーは、前橋の四季の雰囲気や、お祭りなどのイメージを取り入れたり、前橋に関する既存の曲の一部をアレンジしたりして作ってみました。

12分ほどの曲なのですが、会場のお客様の集中がすごく、お客様アンケートでも、とっても評判が良かったです。
萩原朔太郎が実際に歩いた地域で、朔太郎に光を当てた作品をできて、とっても「前橋まちなか音楽祭」らしい内容となったと感じました。

そして、アンコール曲は謡の「鶴亀」に私がお箏の手付けをした、まったくのオリジナル「鶴亀」を小鼓と演奏いたしました。

2018-09-24 15.17.10


終演後は、今井尋也さんやそのお仲間達と山の隠れ家で打ち上げを行いました。
その中で、小鼓のかけ声の由来を教えていただいたりと、またまた良い時間を過ごすことができました。 

ご来場いただいたお客様の中には、なんと、20数年ぶりにお会いする方もいらして、ここしばらくの最大のサプライズでした。

お客様、そして関係した皆様、大変ありがとうございました!

演奏中の写真が手元にないので、リハーサル終了後の舞台の写真でご容赦下さい。 
23 9月

とうとう明日、「前橋まちなか音楽祭 糸と皮の対話」!

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

とうとう「前橋まちなか音楽祭 糸と皮の対話」、が明日となってきました!
「前橋まちなか音楽祭」自体は今日から始まり、チェロリサイタルやジャズの祭典が行われています。

第4回前橋まちなか音楽祭_表5-2
 
楽器の準備等もなんとか終わりました。

2018-09-23 19.03.51
 
この仕事の大変なことの一つは、荷物が多いことですね。
進行の関係上、お箏が2面。それに小道具類。
赤い毛氈。
受付に使う道具や配布物など。
そして、お三味線二挺(一挺は演奏中に糸が切れた場合に使う「替え三味線」)です。
写真にはありませんが、着物もここに加わります。 

当日券もあります。
煥乎堂ホールでお待ちしております! 
ギャラリー
  • 舘林四小に集まったお箏
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。
  • 東京で「出雲と大和」を見て、上野の建築を楽しみ、等々力渓谷で癒やされました。また、そんな一日を通じて感じたこと。