hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

勘減り

3 9月

戻って来たお三味線

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日、皮の貼り替えをお願いした三味線が戻って来たことをお話しさせていただきました。

今回楽器屋さんにしていただいた作業は、
・皮の貼り替え(表:猫、裏:カンガルー)
・棹の勘減りの補修
・その他気になった部分の補修
です。

今日、弾いてみました。
 
音質がクリアになり、響きも良くなりました。
楽器屋さんならではの、工夫もある様です。

私は自分用のお三味線が2挺(ちょう:お三味線の数え方)あります。
今回皮の貼り替えをしたのは、普段用です。
もう一挺は、母から受け継いだお三味線で、スペック的にはこちらの方が上。
でも、今回の作業により、普段用の方が、音が良くなった感じがします。
そんなねじれ現象。 
13 8月

お三味線を送る

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

先日のブログでお話しをしましたが、お三味線の皮がざくっと行ってしまいました。
和楽器の専門の楽器屋さんに修理をしていただきます。

最近お願いをしている楽器屋さんは都内にあります。
従来でしたら、私が東京に行く時に寄るのですが、今は東京との往来を極力控えなければならない時節です。
ですので、楽器屋さんとも相談し、初めてクロネコさんに送ってもらう段取りをしました。

まずは、お三味線をばらばらにします。

2020-08-13 10.07.39

上の写真の様に、お三味線の棹は、分解することができます。
このように、胴に刺さっている部分も含めて、3つに分かれるお三味線が多いですね。
これを、「三つ折れ」などと呼んでいます。

棹の端っこは、下の写真の様になっているので、破損を防ぐために木製のパーツを取り付けます。
そのパーツを「仮り継ぎ(かりつぎ)」といいます。

2020-08-13 10.09.13

 仮り継ぎを取り付けたところ。
2020-08-13 10.09.27
 
胴は、和紙の袋とビニール袋に入れ、さらにお三味線を包む袋に入れました。
2020-08-13 10.09.39

2020-08-13 10.10.59

他の道具も一緒に送ります。
それは、皮を張り替えた後に、「ハ」という部分の高さなどを確認するためです。

駒はティッシュに包み、箱に。
2020-08-13 10.16.35

2020-08-13 10.16.54

そして、棹や胴などを、プチプチに包みました。
今回は、「勘減り」といって、棹の表面がだいぶでこぼこしてきたので、その調整もしていただきます。

お三味線は、左手で絃を押さえて音の高さを調整しますが、けっこう強い力で押さえます。
ですので、棹の表面は、けっこう削られてきます。
それを「勘減り」といいます。

2020-08-13 10.20.21

箱に入れて、箱の隙間には、広告や新聞紙を詰めました。
2020-08-13 10.24.13

 最後にガムテープで封をして、完成!
2020-08-13 10.31.05

しばらく手元にないのは寂しいけど、綺麗になって戻って来てね!
 
ギャラリー
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 久し振りの演奏で、足利市に行きます。
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け