hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

千鳥の曲

5 4月

4月4日「美登利会」に出演させていただきました

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日4月4日は、昌賢学園まえばしホール(前橋市民文化会館)で開催された「美登利会」に出演させていただきました。


2021-04-03 14.16.49のコピー

お客様は定員の半分までで、全員マスク着用。そしてチケットには名前や連絡先を記入するという対策を行いました。

私たち出演者や係員も、名前・連絡先・最近の発熱や症状の有無などを記入した用紙を提出、そして演奏直前までマスク着用という、感染症対策を行った上での出演です。

前半は、若柳吉駒先生のお弟子さんを中心とする演目です。
どの舞台も、最大3名までの出演者で、舞台上の密を防いでおります。

本当に小さいお子さんから、高校生・大学生、さらには大人までが、精一杯に舞台を努めておりました。

そして、後半が「三代目若柳吉駒リサイタル」です。

一曲目は、「万歳」

これは、太夫と才蔵で鼓を打ちながら賀詞を歌い合うといった曲で、おめでたい歌詞が並べられています。

山田流の曲なので、今回初めて勉強をさせていただきました。

この曲で吉駒先生がお使いの扇が、初代吉駒先生(三代目の祖母)の師匠の形見の品で、そういった意義深い舞台のお手伝いをさせていただくことに、深い責任を感じました。

今回はお三味線一挺で演奏させていただきましたが、どのお三味線を使うか、またどの駒を使うかを、音響の方の意見も聞きながら決めました。

弾いているうちに、「やはりお箏と合奏したいな」と思ってきて、今回をきっかけに、この曲にこれからも取り組んでいきたいですね。

168348246_3860657477356505_4201474157482212762_n

169062645_2900070436914078_1576040933751858432_n
この写真は、ちょうど本調子から二上がりに調子を変える時ですね。


二曲目は「千鳥の曲」です。

緞帳が上がった際に、舞台上にスモークがたちこめる幻想的な演出が行われました。

吉駒先生は、白地に墨で波の裾模様のある衣装で踊られました。
弾いていると、目の前に本当に千鳥が飛び跳ねている様な気分になってきました。

169238355_3840576866054553_6612730396721261160_n

169177957_3840578059387767_5218066649215048676_n

 
そして、二曲の合間には、葛西聖司さんによるお話しです。
曲の解説や吉駒先生の想いなどをお話しされ、そして、私とのトークセッションもありました。上手に私の考えていることなども引き出していただきました。

前日に多少の打ち合わせはあったものの、ほぼオールアドリブです。
中には雑談で話したことが話題になり、「それ、ここで言うの〜」とちょっと動揺した瞬間もありましたが(笑)、とても楽しい時間でした。
地歌の紹介という話題もあり、「黒髪」の冒頭を少し弾かせていただきました。

葛西さんは、日本の文化や邦楽への造詣が非常に深く、日本舞踊へのコメントも的確で、とっても素敵な方でした!

写真を見ると、短髪メガネという基本構成が一緒ですね(笑)


169397123_3840579629387610_1281444486848904479_n
 
歴史と伝統ある美登利会が、昨年の中止があったものの、今年は万全の対策で開催できたことが、とてもおめでたく、そしてそこに出演させていただいたことに、心から感謝いたします。

2021-04-04 13.23.20
 
※舞台の写真は、「ヒゲおじさん」こと、吉駒先生のご主人からご提供いただきました。ヒゲおじさんのブログにも「美登利会」のことが紹介されております。ご覧になってください。 
22 3月

4月4日美登利会です

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

昨日は、三代目若柳吉駒先生と、合わせでした。

本番は、4月4日、前橋市民文化会館(昌賢学園まえばしホール)です。

前半は直派若柳流のみなさんが出演され、後半の吉駒先生のリサイタルとなっております。
私は、リサイタルで地方を務めさせていただきます。

演奏曲は、お箏で「千鳥の曲」と、お三味線で「万歳」です。
「万歳」は山田流の曲ですが、それを生田流の私が演奏させていただきます。

舞台の演出で、スモークを使う様で、私も初めての体験です。
どんな幻想的な舞台になるのでしょうか!!

そして、司会は元NHKアナウンサーの葛西聖司さん。
他の都内での演奏会で葛西さんのお話をお伺いしたことがありますが、とてもわかりやすく聴きやすかったです。それが前橋で聞けるのは、とても貴重な機会です。

ご来場の方は、チケットありますので、私に連絡をください!

info.hajimechan@gmail.com
027-212-7284 

踊りの方と下合わせをすると、いつも関心することがあります。
それは、いつも一回で終わることです。

楽器同士ですと、「ここはどうしようか」「あそこはああしたほうがいいよね」ということがはじまり、けっこう時間がかかります。

でも、踊りの方は合わせの前にきっちりと完成させていらっしゃるので、一回なんです。
そこまでの準備の積み重ねがすごいんでしょうね。

ぜひ、ご来場下さい。
出演者一同、感染症対策を行った上で、みなさまをお迎えいたします。

開演:13時30分
入場料:2,000円 
12 8月

千鳥の居場所

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

私たちが演奏する曲の中に、「千鳥の曲」という曲があります。
江戸時代後半に作曲され、生田流でも山田流でも伝承されており、「六段の調」に次ぐ有名な曲ですね。

「千鳥」は、冬の季語となっており、日本では万葉集など、古来から多くの歌などに登場します。
 今の日本人に、一番馴染みがあるのは、かき氷の旗ではないでしょうか。

81td--1kcUL._SY550_

この旗の上の方にいる二羽の鳥、これが「千鳥」なんですね。

そんな千鳥、私共の「千鳥の曲」の中では、

塩の山 差出の磯にすむ千鳥 君が御代をば 八千代とぞ鳴く

淡路島 通ふ千鳥の鳴く声に 幾夜寝覚めぬ 須磨の関守


という風に登場してきます。
これはそれぞれが和歌なのですが、一首目は「古今和歌集」、二首目は「金葉和歌集」に収められております。

でも、千鳥って、あまり日常生活で、その存在を意識することはありません。

でも、昨晩、我が家に現れたのです。


じゃーん!!



2019-08-12 07.35.17

これが何かというと、スポンジなんですね。
昨日、妻鉄子がいろいろ100円ショップなどで買い物をしてきた様で、そこで捕まえてきました。
他にも、「富士山」「桜」などの柄などがありました。

で、スポンジですので、早速、今朝の洗面台掃除に使わせて頂きました!

2019-08-12 07.35.39
 
3 1月

1月2日、前橋市内「藤和の杜」でフルートとの演奏

こんにちは。群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日1月3日は、久し振りのお休みです。
のんびりと過ごす予定です。

昨日1月2日は、前橋市内にある福祉施設「シニアグランドホーム藤和の杜」にお伺いしてきました。
利用者さんとそのご家族の方が集まって、新年をお祝いする会を行っており、そこで演奏をさせていただきました。ここ数年の恒例となっております。

今年は、フルートの浅沼春香さんに声を掛け、共演しました。
みなさんに耳馴染みのある曲をフルートとお箏で演奏し、 
「千鳥の曲」「春の海」などおなじみの曲も聴いていただき、
最後は「一月一日」をみんなで歌いました。

フルートの浅沼さん、アドリブで途中から歩いて演奏し、みなさんの中に入っていきました。
それがとっても好評で、大きな拍手をいただきました。

シニアグランドホーム藤和の杜は、ダークブラウンを基調としたシックなインテリアのとても綺麗な建物です。また、施設長さんも素敵な方で、気持ちの良い施設です!!

そして、演奏が終わった2日の午後から、お正月休みをしております!
それはまた後ほど〜

 
26 11月

温故和楽会定期演奏会が終わりました。演奏会の運営など。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日11月25日、ベイシア文化ホールでの「第75回温故和楽会定期演奏会」が、無事に終了いたしました。

私は、「都踊」「千鳥の曲」の2曲に、親師匠の社中「桐の音会」の一員として出演させていただきました。

演奏会の時には、様々な役割があります。
・使う楽器の調絃(チューニング)をする。
・舞台上の楽器の並びを確認する。
・出演者が会場に来ているか、楽器が揃っているかを確認する。
・お弁当やお茶を出演者に配る。
・楽屋の番(盗難防止等)。
・受付。
などなど。

社中の人たちで分担して行うのですが、だいたい私は、調絃や並びの確認や、楽器の確認などを行っています。
そうすると、演奏前はけっこうバタバタしていて、あっという間に出演時間になることが多いです。

その他に、舞台上の毛氈や山台などのセッティングをしてくれたり、楽器を運んでくれたりするスタッフや、アナウンス・照明・音響など、沢山の関係者のご協力のもと、演奏会が運営されています。 

今回の演奏会は、私のお弟子さんも「千鳥の曲」で出演させていただきました。
舞台デビューです。
初めて習った曲で、何度も合奏練習に参加し、当日は着物を着て舞台の上でスポットライトを浴びて演奏する。そんな経験をしてもらいました。
舞台は、場数を踏めばそれが経験値となります。
今回は、勉強にもなったでしょうし、普段味わえない経験をしてくれたことでしょう。
きっと、成長してくれています。

そんなこんなでバタバタしていたので、写真がなく、文章だけのブログとなってしまいました。 
ギャラリー
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました