こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

このところ、体験お稽古の予約や、お稽古についての電話の問い合わせが増えております。

その理由を考えてみると、一つは「家でできる」ということと、「学校が夏休みになる」ということの2つなのかな、と思っています。

緊急事態宣言が発出されている間、門人さんたちから、「家でできることがあってよかった!」というお話しを何度となく聞きました。
外出できなく、外で人と会うことができない中、家でお箏を弾いていることで、気分がリフレッシュできたりしたそうです。

それを踏まえると、なかなか新型コロナウイルスの影響が落ち着かず、好きに外出できない今の状況下で、家でできる趣味などを探している人が多く、その一つとしてお箏なのかな、と考えています。

また、学校は臨時休校が終わりましたが、もう夏休みに入ります。
部活動も以前の様に満足にできないなか、「家でできること」をお子さんのために探しているご父兄の方がいらっしゃるのでしょう。

お箏やお三味線は、ご自宅で一人で練習できます。

また、お稽古場でのお稽古はマンツーマンですので、多くの人が集まる場ではありません。私と門人さんの間は透明のパーテーションを設置していますし、お稽古中はマスクを着用しています。さらには、柱や譜面台は一つ一つ拭いています。そういったことを行い、感染症予防に努めています。

ですので、ひょっとしたら、今のご時世、お箏やお三味線をはじめとする楽器は、お薦めなのかもしれないですね。いや、オススメなんです!