こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

10月6日・7日、前橋市の最大のお祭り、「第70回前橋まつり」に参加して来ました!

この「前橋まつり」、私はは子供の頃から何らかの形で参加しており、今は「紅勇連」という、約40年の歴史のある御神輿の団体に所属し、世話人をしております。

紅勇連は、御神輿の担ぎ手は全員女性なのですが、担ぎ手以外の「世話人」は、御神輿を組み立てたり、御神輿が進むときの交通整理をしたりと、いろいろな関連業務をします。

2018-10-07 17.14.58


私は今年から、笛を吹く役を仰せつかりました。
御神輿を担ぐみなさんの調子を合わせる役です。
けっこうその責任の大きさにびびりながら、最初は思い切ってできませんでしたが、徐々に慣れてきて、途中からかなり楽しんでいました。
そうすると、自分の中のグループ感と、担ぎ手のみなさんのリズムが合ってきます!

その反面、笛を吹きながら歩くって、口から息を強く吐きながら歩き続けているので、とっても疲れます。ずっと後ろ歩きだし。
 その分、担ぎ手の皆さんとの一体感とか、そういう楽しさもありますね。

そして、やはりお祭りは、久し振りに合う人がいたり、偶然友人に会ったりと、とっても面白いですね。 

地元のお祭りって、やっぱりいいですね。