hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

感染症対策

6 9月

新しいフェイスシールドの感想

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

先日、導入のお話をした新しいフェイスシールド。


2020-09-01 16.34.32


とうとう今日のお稽古でデビューしました。 
使ってみての感想をお話しします。

口回りはとても快適です。
顎にあたる部分がないので汗がたまったり、気になったりすることもありません。

また、以外と便利なのが、この機能。

2020-09-06 14.16.11

   ↓

2020-09-06 14.16.14


口の前が、自由に動かせます。
ですので、水を飲んだりするときに、いちいち取り外す必要はありません。

また、最初は耳の部分や、後頭部が気になりました。
特に耳の上は、合わないメガネを着用した時の痛みがありました。
後頭部も、黒いパーツがなんとなく気になりました。
どちらも、あまりきっちりとくっつけない様にしたら、痛さや違和感はなくなりました。 

2020-09-06 14.16.17

2020-09-06 14.16.33
 

しばらくは、これを使ってみようと思います。

このフェイスシールド、「麻生さんが使っている」と紹介しましたが、
いただいた情報によると、GACKTさんも使っているみたいですね。
おまけに、麻生さんは色違いだけど、GACKTさんは色も一緒で、お揃い!

※お稽古の際には、マスクやフェイスシールドだけでなく、門人さんとの間にはアクリル板のパーテーションを置き、その他柱(じ)やドアの清掃等飛沫感染防止に努めています。
2020-09-06 14.24.28
 
5 6月

新しい装備を導入

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

この度、新たな装備を導入しました。


2020-06-05 13.49.27


写真がわかりづらいのですが、透明のアクリル板です。
サイズは、幅が700mmで、高さが900mm。下は100mm開いています。
アクリル板の厚みは5mm。

お稽古の時に、門人さんとの間に立てて、感染症対策に使います。

今までは、タオルハンガーに透明のテーブルクロスをかけたものを自作して使っていました。
しかし、高さが低いこと、まわりのフレームがごつくて死角が生まれること、透明のシートが徐々に白くなってきて、向こう側か見づらくなってきたこと、それに、ぺらぺらしているので拭きにくいこと、などに不満がありました。

こういった道具を使うのは短期間かと思っていましたが、どうやら中期的になりそうなので、思い切ってオーダーしました。知り合いの紹介で、前橋市内の「斎藤プラスチック工芸」さんにお願いしたところ、月曜日にお願いしたら、本日金曜日には納品となりました。

2020-06-05 13.49.09
較べると、左が新しいもので、右が従来使っていたものです。
新しいパーティションには、外部の光が反射してしまっていますが、実際はもっとクリアです。
 
ギャラリー
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 半年ぶり足利市での演奏が終わりました
  • 久し振りの演奏で、足利市に行きます。
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け
  • 立奏台の穴に板取り付け