hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

感染症対策

18 1月

1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日1月17日、重要文化財臨江閣で、「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました。 

本当にやるべきかどうか悩みましたし、開催してもお客様がご来場いただけるかどうか、心配でした。

感染症対策を行った上での開催でしたが、結果としては、予想を上回るお客様にご来場いただけました。

また、お客様アンケートを拝見すると、演奏などの内容に楽しんでいただけ、感染症対策には「充分で安心した」という回答を沢山いただきました。

お客様に安心して楽しんでいただき、そして私共出演者も日本の雰囲気をお届けできたということで、終演時には感極まるものがありました。

ここまで悩み、考え、話し合ったことが、実を結びました。

まだまだコロナは猛威を振るっていますが、その中でどうやって演奏活動を行って行くか、そこに得るものが沢山ありました。

また、臨江閣の雰囲気もやはり和の文化を伝えるのには最高の場所です。

ご来場いただいたお客様、臨江閣の皆様、前橋市役所の皆様、そしてご協力いただいた皆様、大変ありがとうございました。

P1170005
演奏者のお客様の間隔を充分にとり、お客様同士も間隔を開けました。
後の方には、椅子席も設けました。

P1170045
尺八の滝野瀬あゆかさんと。

P1170059
日本舞踊は上田知穂さん。

P1170085

P1170089
ちょっとした小芝居。

P1170029
臨江閣の縁側

P1170057
オフショット。


 
8 1月

再度、1月17日の公演について

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日、群馬県より、「警戒度4」の延長が発表されました。
当初1月8日までの予定でしたが、1月25日まで「警戒度4」となります。 

私どもの1月17日の公演ですが、行政から中止指示等ない限り、予定とおり開催します。
問い合わせたところ、「主催者で判断」との見解をいただいております。

群馬県のイベントに関する要請内容を見ると、今回の公演は
「大声での歓声、声援などがないことを前提としうる場合」
に当たり、その場合、収容定員が設定されていない会場では、収容率の上限を100%にすることが可能となっております。

しかし、私共は、お客様に安全に過ごしていただきたいという観点から、50%程度の収容率とします。

具体的には、今回の会場は約41畳ありますが、お客様は最大20人に限定いたします。
演奏者のスペスースもありますが、お客様1名あたり、畳1畳分以上のスペースを確保いたします。

更に、公演時間は1時間と短くし、私共との距離も確保します。
入場時には検温・消毒をしていただき、会場内ではマスクを着用していただきます。
終演後のお見送りも残念ですが、遠慮させていただきます。

考え得る対策を施して、開催させていただきます。

030117フライヤー

 
26 12月

1月17日、開催いたします

こんにちは。はじめちゃんこと、鈴木創です。

以前からご案内しております、1月17日の「箏と舞 和の彩 〜新春によせて〜」ですが、いろいろ悩みましたが、予定とおり開催することといたしました。

今、群馬県は新型コロナウイルスに対する警戒度が最高レベルの「4」となっております。
その期間は1月9日なのですが、その後も場合によっては「4」のままですし、良くなっても「3」です。

そんな状況の中、開催していいのか、悩みました。
「延期」「中止」「その日は録画してネットで配信」
など、いろいろなことを検討しました。

コロナの先行きは誰にもわからず、何が最善の答えなのか、まったくわかりません。おそらく誰も答えが出せないのでしょう。とすると、私共出演者の決断なんですね。

私の活動テーマは、「日本の音を、あなたのそばに。」です。

そんな私が、お正月に日本の音をお届けすることを怠ってどうするんだ!と思いました。

延期しても、いつになったらコロナが落ち着くのかわかりません。
ここで決断しなければ、いつになってもできません。
だったら、コロナの中でもできるやり方でやろう!、と思いました。

なので、私たちも対策を行い、お客様にも対策をお願いし、開催いたします。

1時間の短時間で、お客様の人数も限定し、椅子や座布団の位置でソーシャルディスタンスを確保いたします。

せっかくのお正月、重要文化財の「臨江閣」で、日本の空気を感じて下さい!

ご予約は、こちらのページの下の方にリンクが貼ってあります。

※行政などから中止指示等出た場合は、中止となります。

030117フライヤー


 
6 9月

新しいフェイスシールドの感想

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

先日、導入のお話をした新しいフェイスシールド。


2020-09-01 16.34.32


とうとう今日のお稽古でデビューしました。 
使ってみての感想をお話しします。

口回りはとても快適です。
顎にあたる部分がないので汗がたまったり、気になったりすることもありません。

また、以外と便利なのが、この機能。

2020-09-06 14.16.11

   ↓

2020-09-06 14.16.14


口の前が、自由に動かせます。
ですので、水を飲んだりするときに、いちいち取り外す必要はありません。

また、最初は耳の部分や、後頭部が気になりました。
特に耳の上は、合わないメガネを着用した時の痛みがありました。
後頭部も、黒いパーツがなんとなく気になりました。
どちらも、あまりきっちりとくっつけない様にしたら、痛さや違和感はなくなりました。 

2020-09-06 14.16.17

2020-09-06 14.16.33
 

しばらくは、これを使ってみようと思います。

このフェイスシールド、「麻生さんが使っている」と紹介しましたが、
いただいた情報によると、GACKTさんも使っているみたいですね。
おまけに、麻生さんは色違いだけど、GACKTさんは色も一緒で、お揃い!

※お稽古の際には、マスクやフェイスシールドだけでなく、門人さんとの間にはアクリル板のパーテーションを置き、その他柱(じ)やドアの清掃等飛沫感染防止に努めています。
2020-09-06 14.24.28
 
5 6月

新しい装備を導入

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

この度、新たな装備を導入しました。


2020-06-05 13.49.27


写真がわかりづらいのですが、透明のアクリル板です。
サイズは、幅が700mmで、高さが900mm。下は100mm開いています。
アクリル板の厚みは5mm。

お稽古の時に、門人さんとの間に立てて、感染症対策に使います。

今までは、タオルハンガーに透明のテーブルクロスをかけたものを自作して使っていました。
しかし、高さが低いこと、まわりのフレームがごつくて死角が生まれること、透明のシートが徐々に白くなってきて、向こう側か見づらくなってきたこと、それに、ぺらぺらしているので拭きにくいこと、などに不満がありました。

こういった道具を使うのは短期間かと思っていましたが、どうやら中期的になりそうなので、思い切ってオーダーしました。知り合いの紹介で、前橋市内の「斎藤プラスチック工芸」さんにお願いしたところ、月曜日にお願いしたら、本日金曜日には納品となりました。

2020-06-05 13.49.09
較べると、左が新しいもので、右が従来使っていたものです。
新しいパーティションには、外部の光が反射してしまっていますが、実際はもっとクリアです。
 
ギャラリー
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • とうとう明日
  • 群馬県立歴史博物館のブルーノ・タウトの世界