hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

新型コロナウイルス

18 1月

1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日1月17日、重要文化財臨江閣で、「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました。 

本当にやるべきかどうか悩みましたし、開催してもお客様がご来場いただけるかどうか、心配でした。

感染症対策を行った上での開催でしたが、結果としては、予想を上回るお客様にご来場いただけました。

また、お客様アンケートを拝見すると、演奏などの内容に楽しんでいただけ、感染症対策には「充分で安心した」という回答を沢山いただきました。

お客様に安心して楽しんでいただき、そして私共出演者も日本の雰囲気をお届けできたということで、終演時には感極まるものがありました。

ここまで悩み、考え、話し合ったことが、実を結びました。

まだまだコロナは猛威を振るっていますが、その中でどうやって演奏活動を行って行くか、そこに得るものが沢山ありました。

また、臨江閣の雰囲気もやはり和の文化を伝えるのには最高の場所です。

ご来場いただいたお客様、臨江閣の皆様、前橋市役所の皆様、そしてご協力いただいた皆様、大変ありがとうございました。

P1170005
演奏者のお客様の間隔を充分にとり、お客様同士も間隔を開けました。
後の方には、椅子席も設けました。

P1170045
尺八の滝野瀬あゆかさんと。

P1170059
日本舞踊は上田知穂さん。

P1170085

P1170089
ちょっとした小芝居。

P1170029
臨江閣の縁側

P1170057
オフショット。


 
9 1月

縮小開催の前橋初市まつり

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

1月9日は、当地前橋では、「前橋初市まつり」が恒例で開催されます。
別名「だるま市」とも呼ばれ、だるまや招き猫のお店が交通規制された国道50号に並びます。

しかし、今年は新型コロナウイルスの影響により、縮小開催。
八幡宮の境内を中心に行われました。

でも、それも、地域の色が強く出て、一つの形なのかな、と思いました。
ひょっとしたら、昔の初市はこんな感じだったのかな〜なんて、考えていました。

朝一番に会場に向かい、招き猫を買い、会場をぐるっと一回りして、なるべく長居をしないよう、心がけました。


だるまのお焚き上げの着火式です。

 

2021-01-09 10.36.28
神事

2021-01-09 10.21.09
だるまが並んでいます。

2021-01-09 10.23.34
招き猫も!

2021-01-09 10.24.33
露天も並んでいます。感染症対策してありますね。

2021-01-09 10.25.28

 
8 1月

再度、1月17日の公演について

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

昨日、群馬県より、「警戒度4」の延長が発表されました。
当初1月8日までの予定でしたが、1月25日まで「警戒度4」となります。 

私どもの1月17日の公演ですが、行政から中止指示等ない限り、予定とおり開催します。
問い合わせたところ、「主催者で判断」との見解をいただいております。

群馬県のイベントに関する要請内容を見ると、今回の公演は
「大声での歓声、声援などがないことを前提としうる場合」
に当たり、その場合、収容定員が設定されていない会場では、収容率の上限を100%にすることが可能となっております。

しかし、私共は、お客様に安全に過ごしていただきたいという観点から、50%程度の収容率とします。

具体的には、今回の会場は約41畳ありますが、お客様は最大20人に限定いたします。
演奏者のスペスースもありますが、お客様1名あたり、畳1畳分以上のスペースを確保いたします。

更に、公演時間は1時間と短くし、私共との距離も確保します。
入場時には検温・消毒をしていただき、会場内ではマスクを着用していただきます。
終演後のお見送りも残念ですが、遠慮させていただきます。

考え得る対策を施して、開催させていただきます。

030117フライヤー

 
30 12月

年末に、一年の振り返り

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

 今日は押し迫った12月30日。

昨日29日が稽古納めで、今日はお稽古場の大掃除や洗車、実家のお正月飾りの飾り付けなどを行いました。


2020-12-30 16.07.48


明日も事務的なことを行いに、お稽古場には行きます。

お正月は、1日・2日とお休みをいただき、3日から通常通りとなります。 

例年ですと、1日・2日は恒例となってる演奏のお仕事があるのですが、今年は新型コロナウイルスの影響で、お正月の演奏仕事はありません。会社員時代を含め、本当に久し振りに、ゆっくりとお正月を過ごします。

今年は、 本当に新型コロナウイルスに影響された一年でした。

2月頃からグランドプリンセス号などで徐々に報道での取り扱いが増えてきて、3月から身近に迫ってきて、その頃から予定していた演奏の仕事は全てキャンセル。

緊急事態宣言が発出された時期は、対面のお稽古を全て中止し、オンラインとしました。
また、様々な助成金等をいただくために、書類仕事にも大分時間を割きました。

その後、一時的に陽性者が減り、対面のお稽古も全面的に再開しましたが、夏からまた陽性者が増加してきました。この頃、私の精神状態は最悪で、先の見えない状況に本当に落ち込んでしまいました。

9月の後半、本当に久し振りに屋外で演奏する機会をいただきました。

今は、毎日かなりの陽性者が出て、落ち着く兆しが見えません。

そんな中、得ること、学んだことも多いです。
いくつか挙げてみると、
・オンラインのお稽古により、対面のお稽古の改善点が見えた。
・自分の芸と向き合う時間がとれ、自分の練習の考え方や心構えを向上させることができた。
・YouTubeの動画に関わったり、LINEの定期配信を始めたりと、新たな発信を始めることができた。
・「家でできることを始めたい」と、門人さんが増えた。
・コロナの中でどうするか、という考え方になってきた。 
といったことでしょう。

来年も、しばらくはコロナの影響が続くと考えられます。
その中で前向きに、そうやってコロナの中で日本の文化を皆様に身近に感じて頂くかを考えながら、前に進んでいきたいです。

今年一年、大変お世話になりました。
皆様、良いお年をお迎え下さい。

次の更新は、1月2日を予定しております。


 
28 12月

年に一回の記念日を迎えて

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

私事で大変恐縮ですが、今日は私の誕生日です。

Facebook・LINEなど、たくさんの方からお祝いメッセージをいただきました。
大変ありがとうございます。

今日で、満45歳となりました。
なんか、昨年までの誕生日とは違う感慨を持って迎えています。
何がそうさせるかというと、「四捨五入で50」という年齢になったことなんですね。

45歳という年齢、もっと成熟して完成されている人間なんだと思っていました。
でも、自分がなってみると、未熟だし、自信ないし、迷ってばかりです。
精神的には、子供の頃と変わりません。

年末が誕生日なので、必然的に、一年のまとめや来年のことを考えます。
特に今年は、コロナの影響で従来とは異なる一年を過ごしたので、余計考えることが多いですね。

来年は、個人的に一つの大きなことを行います。
そういうことを含めて、これからお正月にかけて、来年の方針を策定していきます。

今夜は、鉄子さんが何か企画してくれているようなので、楽しく過ごしたいと思います。

 
ギャラリー
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • 1月17日「箏と舞 和の彩 〜新春に寄せて〜」を開催いたしました
  • とうとう明日
  • 群馬県立歴史博物館のブルーノ・タウトの世界