hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

1 4月

前橋のまちなか、広瀬川の桜

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

前橋のまちなか、広瀬川沿いには、たくさんの桜があります。

2021-04-01 16.50.24のコピー

2021-04-01 16.49.15のコピー2

満開を迎え、ちょっと散り始めてきました。

その様子を動画にしました!

 
30 3月

今日の桜

みなさんこんにちは。
はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

今日は、打ち合わせや会議が続いた一日でした。
伊香保で打ち合わせ → 前橋で会議 → 前橋で打ち合わせ → お稽古
という一日となりました。

でも、そのおかげで年内の演奏予定がだいぶ固まってきました。
来週には、8月頃までの予定を詳しく発表できます。
もう少しお待ち下さい。

当地前橋は、今が桜の見頃。
私が見かけた今日の桜の写真でお楽しみ下さい。

34

39

38

03



27 3月

小町桜と今日の気付き

みなさんこんにちは。
はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

このところ、急に暖かくなってきましたね。
本日のお稽古場近くの桜の様子です。


25

もう開花ですね。
この桜は、馬場川通りにあり、私は「小町桜」と呼んでいます。
この木を標準木としている方が、けっこういらっしゃいます。

「小町桜」というのは、この桜の目の前に「小町」というお店があるからです。
子供の頃は、夏になるとかき氷を食べに行きました。

私のお稽古場は、あまり日当たりが良くないので、まだ朝晩は肌寒く、少しストーブを付けます。

今日は、自分の未熟さを改めて感じることがありました。
もっともっと丁寧に神経を使わないと、、、
明日からのお稽古に生かし、成長していきます。
芸の道に、終わりはありません。

25 3月

結婚記念日。妻鉄子への想い。

みなさんこんにちは。
はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

今日は夜になり、妻鉄子とお出かけしました。
というのも、3月26日が結婚記念日で、週末に絡めて一日前倒しで食事に行きました。

行き先は、初デートでも行ったお店、前橋市千代田町の広瀬川沿いにあるお店、「なぎ」さんです。

S__54935555


このお店、開店から7年を迎えて、前橋の中ではちょっとした話題の名店なのですが、私はオープン当初から顔を出させていただいています。
お店の雰囲気、料理の味、店主の独特の人柄、全ていいんです。
私と店主さんとのいままでのお付き合いもかけがえのないものです。
唯一の難点は、店名の漢字が難しくて、ATOKで変換しても出てこないことくらいかな、、、

偶々ですが、高校の後輩で知り合いのカリスマトレーナーも、まったく同じシチュエーションで、結婚記念日のお祝いとして奥様といらしていました。

なぎのお料理をいただき、お酒を飲みながら、店主や妻鉄子とおしゃべりをしながら過ごしました。

S__54935554


妻鉄
には、感謝の想いでいっぱいです。

いつもは僕のやりたいようにやらせてくれ、
必要なときは助けてくれて、
なにかあれば、ちゃんと苦言も呈してくれる。

また、時には周りが見えない僕の思考を、さりげない一言で幅を拡げてくれて、違う世界をみせてくれる。

そんな存在です。

今、僕が箏曲家として仕事をできているのは、妻鉄子のおかげです。
本当にありがとう。

そして、当地前橋の桜はこんな感じです。

08




13 4月

音が繋ぐ世界〜春と群馬をうたう〜のご報告

みなさんこんにちは。群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

去る4月12日(水)、「音が繋ぐ世界〜春と群馬をうたう〜」が無事に終了いたしました。

チラシ表


このコンサートは、タイトル通りに、異分野の音楽が融合して春や群馬にちなんだ曲を中心に演奏し、皆さんに楽しんでいただく、というコンセプトでした。

出演は、
ソプラノ:高橋季絵さん(Sp)
ヴァイオリン:大竹温子さん(Vl)
箏:鈴木創
の3名です。

会場は、COSMIC cafe & restaurantという、前橋市小相木町にあるレストランです。ここは、利根川に面した敷地にあり、レストラン開業まで長きにわたってオーナーが育まれてきた庭の中にたたずむ、都会の中に忽然として現れたリゾートの様な雰囲気の場所です。
表通りからちょっと入った場所にあるのですが、ここ最近は口コミで噂が広がり、徐々に人気が出てきております。

20-1
レストランスペース入り口の雰囲気。
インテリアや、アートにもこだわった空間です。

今年は、例年よりも若干桜が遅かったので、コンサートの日に桜がちょうど満開になることを期待しておりました。しかし、前日の雨と風が激しく、せっかく咲いた桜も散ってしまうのでは、と心配していたのですが、なんとか桜も持ってくれて、コンサートに華を添えてくれました。

50
ガラスの向こう、写真右側に見えるのが、利根川対岸沿いの桜です。


レストランの建物なので、音響を心配しておりましたが、当日のリハーサルを始めた瞬間、その心配は消えました。一曲目の歌を高橋さんが歌い出した瞬間、ソプラノの声が響きわたり、背筋がぞくっとしたほどです。弦楽器や声楽、管楽器などにはいい会場になると思います。

平日の昼間ということでお客様がどのくらいいらっしゃるか心配していたのですが、チケットが早々に売り切れとなり、会場は満席となりました。

22


お客様のお席からは、演奏者3人と、大きな全面ガラス窓の向こうの庭園や、その先の利根川沿いの桜を目で楽しんでいただけたのではないでしょうか。

曲は、落ち着いた曲調の曲が多かったので、お客様にはしっとりとした雰囲気の中で静かな心の高揚を感じていただけたのではないかと思います。

13


演奏者3名からそれぞれのおすすめのお菓子もお出しし、まさに「耳・目・口」でのおもてなしを意識しました。

22
私も春を意識した着物にしました。
この袴(濃い緑色)は、この日に初めて着ました。

24-1


個人的には、五線譜からお箏への変換や、普段と手動きが異なる演奏の練習などが大変でしたが、曲の作り方や、お互いを聞きながら自分のテンポで演奏をして合わせていくことなど、得るものがたくさんありました。

また、演奏中は、ソプラノの声やヴァイオリンの音が響き渡り、普段とは別世界にいるような心境で、演奏させていただきました。

お客様やCOSMICの皆様、協力してくれた方々、そして共演のお二人に感謝申し上げます。

25


演奏曲目
・さくらさくら(オリジナルバージョン、Sp・箏・Vl)
・ヴァイオリンの為の無伴奏パルティータ3番よりプレリュード(Vl)
・機織る乙女(作曲:萩原朔太郎、箏)
・五十鈴川(作曲:宮城道雄、箏)
・春の海(作曲:宮城道雄、箏・Vl)
・嘆き給ひそ(作曲:宮城道雄、Sp・箏・Vl)
・メリー・ウィドー・ワルツ(作曲:フレンツ・レハール、Sp・Vl)
・蘇州夜曲(作曲:服部良一、Sp・箏・Vl以下構成同じ)
・広瀬川(作詞:萩原朔太郎)
・ほおずき(作詞:萩原朔太郎)
・紡車(作詞:竹久夢二)
・アンコール:宵待草(作詞:竹久夢二)
 
お菓子
・大出学園若葉高等学園のクッキー
・子持村観光いちご園のやよいひめ
・国立のぞみの園らかんの酒まんじゅう 
ギャラリー
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました
  • シェアサイクル「コグベ」を使ってみました