hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

熊野神社

12 11月

このところの前橋まちなか

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

このところ、漸く秋らしい気温になってきて、今日は外出時に薄いコートを羽織り、今足元にはヒーターを置き、ひざかけも使っています。

さて、最近の前橋のまちなかの様子です。

少し前になりますが、11月3日に弁天通りに完成した「弁天アパートメント」の見学会があったので、参加してきました。

シンプルかつ工夫がなされた空間と、屋上のテラスが印象的ですね。屋上テラスから赤城山やまちなかの屋根を眺めながらビールでも飲めたらいいな。

2023-11-03 16.38.38

2023-11-03 16.41.31

2023-11-03 16.18.36
屋上からまちなかの建物をん眺める。

2023-11-04 14.34.28
設計者の駒田先生とパチリ。

さて、そして昨日11月11日は、熊の神社での「お酉様」でした。
毎年、お札や熊手をいただいております。

今年は土曜日と重なったせいか、いつもより人が多かった気がします。

2023-11-11 12.00.22

2023-11-11 12.11.56
勢多農林高校の郷土伝統芸能部のみなさんです。



5 8月

前橋にとっての大切な日

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

今日8月5日は、前橋にとって大切な日、そう、前橋空襲の日です。

昭和20年のこの日、前橋の中心地はアメリカ軍の空襲により、焼け尽くされました。 
おそらく、私のお稽古場の場所も、そうだったのでしょう。いや、むしろ、空襲目標の中心地に近い場所だったと思います。

熊野神社と、慰霊碑にお伺いし、世界平和と、これからの前橋の発展をお祈りしました。

慰霊碑は、近隣の自治会の方が毎年慰霊の祈りを捧げていますので、その邪魔にならない時間に行ってきました。

2023-08-05 13.28.32

2023-08-05 13.32.59のコピー




 
3 1月

新年の活動開始!

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。 

今日1月3日から、今年の活動を開始いたしました。 

午前中は、「弁天ワッセ」に顔を出し、まちなかの皆様と新年のご挨拶。
そして、大蓮寺の弁天様と熊野神社にお詣りしました。

午後は、まず、自分の練習。
2日間弾いていなかったので、特にお三味線が感覚を取り戻すのに時間がかかりました。
また、月の初めなので、お三味線は一の糸と二の糸を交換です。

その後、1月17日の共演者滝野瀬あゆかさんがお稽古場にお見えになり、下合わせ。


030117フライヤー


明日は門人さんが見えてお稽古がありますし、他の公演の下合わせもあります。

今日からまた、力強く進んで行きます!


1A11C718-07F8-4F16-BF79-280414E67271
 
8 11月

近所の熊野神社でお酉様。自転車がお菓子に化けた。

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日は11月8日、霜月の一の酉日。
お稽古場近所の熊野神社で行われている、「大酉祭(お酉さま)」に行ってきました。

このお祭りは、もともとは小石神社で開催されていたとのことですが、同神社が緑ヶ丘町に移転してからは、熊野神社で引き継がれているとのことです。

2019-11-08 13.37.51
立川町通りから伸びる参道には、いろいろなお店が出店しています。

2019-11-08 13.16.16
そして、熊手を売るお店も。
熊手は、まちなかの方の手作りとか。

2019-11-08 13.35.33
境内では、町内の皆様の甘酒やみそおでんの振る舞い(お気持ちでお賽銭)をはじめに、いろいろなお店が出店をされていたり、音楽イベントなども行われています。

拝殿の脇では、福娘が手のひらに「打出の小槌」を押してくれます。
2019-11-08 13.38.24

 
毎年、神棚に飾るお札もいただきます。
2019-11-08 13.54.36
 
抽選会も行われており、予定では一等の自転車をいただく予定でした。
なぜか、自転車がお菓子に化けてしまいました。

 2019-11-08 14.03.49

この熊野神社には、週に一回はお参りに来ておりますが、改めて、今までのお礼と、これからのことをお祈りさせていただきました。

お酉様ですが、氏子さんや町内の方を中心に運営されています。
いろいろな人が集まり、知り合いに会えたり、お話しをしたり、和やかで賑やかな時間をすごすことができます。かつての、地域の拠点としての神社の役割を垣間見た気がします。

本日夜8時まで開催しております。ぜひお運び下さい。 
5 8月

前橋空襲の日

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家鈴木創です。

今日、8月5日は、前橋空襲の日です。
昭和20年8月5日の夜10時過ぎ、前橋はアメリカ軍による空襲を受け、市街地の80%が消失し、500名以上の方が亡くなりました。

下の写真は、広瀬川の川辺にある慰霊碑です。
ここには大きな防空壕があり、その中で多くの方が亡くなりました。
広瀬川にも、多くの死体が流れていたそうです。
私が好きな前橋の街や広瀬川には、そんな悲しい歴史もあるんです。

この慰霊碑では、地元の方を中心に8月5日に慰霊祭が行われています。
私は毎年、その慰霊祭が終わってからこの慰霊碑を訪れ、手を合わせています。


2019-08-05 12.21.26

下の写真は、慰霊碑敷地内にある碑文です。
2019-08-05 12.21.40
 
そして、慰霊碑のすぐ側にある橋、比刀根橋(ひとねばし)。
昭和8年竣工ですので、空襲や、その後の前橋の復興を見守ってきました。
どこかに機銃掃射の跡があるそうです。


2019-08-05 12.22.31

竣工から90年近く経っても立派に役割を果たしている橋。
しっかり作った構築物は、お金をかけてもその分長く使うことができます。
戦後の公共事業などで作った建物などが「老朽化」の名の下に建て替えられたりしているのを見ると、疑問に思うことがあります。
前橋には、この橋や、群馬会館・群馬県庁の昭和庁舎・臨江閣など、戦前に建てられて、今でも役割を果たしている建物があります。
今でも通用する幅の橋を立派に作った当時の方達の先見の明に驚きます。

近くの熊野神社でも、慰霊祭を行っていました。

2019-08-05 12.29.35

境内には、空襲の様子や、被災地域を表した図が掲示されていました。

2019-08-05 12.27.45

2019-08-05 12.28.21

この図をよく見ると、官庁や教会、交通機関は残していることがわかります。
アメリカが、如何に空襲する地域を研究し、精密に計画を練ったかがわかります。

前橋は、中島飛行機の工場が2カ所にあり、また基幹産業であった製糸工場も軍需工場に転換させられていたので、空襲の対象となったのではないでしょうか。
でも、木造家屋を狙った焼夷弾による攻撃は、一般市民に対する無差別殺戮です。戦争はアメリカが勝ったから、その行為は罰せられておりませんが、もし結果が違ったら、こういう空襲や原爆を落とした行為は、責められていたのではないでしょうか。

その中島飛行機の工場は、一カ所は戦後ダイハツ車体の工場になり、今は「けやきウオーク」というショッピングモールになっています。もう一カ所は、前橋工業高校と富士重工系列の会社の工場となり、前橋工業は移転したので、その跡はスーパーなどの商業施設になっています。

大蓮寺では、慰霊法要を行っています。
2019-08-05 12.19.39

今日は、市内の宗教施設が共同で、時間を合わせて一斉に、慰霊のお祈りを行っています。

私が毎日歩き、食事をし、仕事をさせていただいている地域、74年前は、火の海になり、街は灰燼に帰しました。その時に被災した方の苦しみや無念さを思うと、胸が引き裂かれる思いがします。そして、その後の復興に携わった皆様の努力。そういった悲しみや努力があったからこそ、今、私が日々、前橋のまちなかで生活を送ることができます。

先にも述べたとおり、アメリカの行ったことは無差別大量殺戮です。でも、きちんとしたデータを検証せずに戦争に突入し、補給や作戦を論理的に考えずに戦線を不利に招き、相手国の軍隊に自由に空を飛ばせるまでにしてしまった当時の国家指導者たちも愚かです。

戦争をして、いいことなんかありません。巻き込まれた人たちは人生を変えられ、一生忘れない悲しみを背負います。国家は歴史に傷を刻みます。

復興に尽力した先輩方に感謝をし、そして世界平和を望みます。




 
ギャラリー
  • ビールとビオラ
  • ビールとビオラ
  • めぶくPayが使える様になりました
  • 今の学生さんたちに伝えたい
  • 前橋立教会総会でした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • まえきコンサートでした
  • 高崎演能の会に行って来ました
  • ライブドアブログ