hajime_koto

箏曲家 鈴木創 公式ブログ「ことはじめ」

群馬県前橋市を拠点に活動する箏曲家鈴木創の公式ブログ「ことはじめ」です。

甘楽民謡

10 11月

11月27日の演奏曲目について②地元への想い

こんにちは。はじめちゃんこと、群馬県前橋市の箏曲家、鈴木創です。

11月27日の演奏曲目の紹介その②です。

今日紹介するのは、「甘楽民謡」と「広瀬川」です。

この2曲は「地元への想い」というテーマで選びました。
どちらの曲も、前橋や群馬に関係しております。


「甘楽民謡」は、昭和初期に生まれた作品です。
当時、現在の富岡市は「北甘楽郡富岡町」でした。
その地域の地域振興を図る「ご当地ソング」として生まれております。
歌詞を一般公募し、そして歌詞の選定と作曲を宮城道雄先生が行ったんです。

この曲は宮城作品としてあまり知られておりませんが、
あるきっかけで私が出会い、それ以来、たまに演奏をさせていただいております。
群馬にゆかりのある宮城道雄先生の作品が見つかり、感無量です。


もう一曲の「広瀬川」は、萩原朔太郎の詩「広瀬川」に曲をつけた作品です。
作曲者は塩原義昭さんといい、赤城山の大沼近くで、旅館を営んでいた民間の音楽家です。
たまたまなのですが、私は塩原さんの奥さんなどとご縁があり、資料を少しいただきました。
伴奏はピアノで作曲されているのですが、それをお箏に編曲してあります。

「広瀬川」、私は朔太郎の詩の中で一番好きな作品かもしれません。

この群馬や前橋にゆかりのある作品を、是非お楽しみ下さい。


まちなか音楽祭オモテ


 
13 2月

沢田知佳縁歌コンサート無事に終了しました

みなさんこんにちは。
はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

お知らせしておりました、沢田知佳縁歌コンサートVol.5が、昨日2月12日、無事に終了いたしました。

前橋文学館ホールが満員となるお客様が集まって下さり、沢田知佳さんのファンの多さに感心しました。

開演前に、沢田知佳さんと舞台袖に一緒にいたのですが、司会の方の開演のアナウンスと同時に彼女はスイッチが切り替わり、ステージに駆け上がると着物姿で踊りながら歌い、 まさにエンターテーナーですね。

 27752577_1657522094326475_3411695881818720877_n

27752115_1657513537660664_1471759078748880636_n

「涙そうそう」は、ギター・お箏と歌の3人がメロディを紡ぎ、
「甘楽民謡」はお三味線の控えめな伴奏が歌を引き立てます。
6番まで歌詞があるのですが、途中から配布した歌詞を見て少し口ずさむお客様もいらっしゃいました。

私のソロの時間は、思いっきり雰囲気を変えて「新娘道成寺」をお三味線で演奏しました。
終演後のお見送りの時に、お褒めのお言葉や、「母が大阪で箏曲家だったので懐かしかった」といった感想をいただきました。

今回の演奏のチャンスをいただき、大変ありがとうございました。

S__54059020
 
お正月からの演奏ラッシュが一段落したので、ちょっとゆくっりしたいなー。 
11 2月

明日12日、沢田知佳縁歌コンサートです!

みなさんこんにちは。
はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

とうとう明日、「沢田知佳縁歌コンサートvol.5」となりました。

会場:前橋文学館3階ホール
開演:18時
チケット:前売り2,000円、当日2,500円


私の演奏曲目は、
「涙そうそう」:ギター・お箏の伴奏で、沢田知佳さんが歌います。
「甘楽民謡」:お三味線の伴奏で、沢田知佳さんが歌います。
「新娘道成寺」 :私のソロです。
となっております。

他にも沢田知佳さんのオリジナルソング「アイラブ前橋Ⅱ」をはじめとする、沢山の曲をお楽しみ下さい。

チケットですが、2月12日の午前中に私にご連絡いただければ、当日の取り置きとさせていただきます。
それ以降は、申し訳ありませんが当日券をお買い求め下さい。


チラシ
 
7 2月

2/12は前橋文学館で「甘楽民謡」!

みなさんこんにちは。
はじめちゃんこと、群馬県前橋市の 箏曲家 鈴木創 です。

皆さんは、「宮城道雄」という名前をご存じでしょうか?
お正月になるとテレビなどから流れてくる「春の海」という曲を作曲した方で、
「現代邦楽の父」とも呼ばれています。
私が所属する「生田流宮城派」の創設者でもあります。

宮城道雄先生は、400曲くらいの曲を作曲したと言われております。
その中で、群馬県に縁の曲が2曲あります。

一つは、「瀬音」。利根川の流れをモチーフとし、お箏と十七絃の二重奏曲です。

そしてもう一つが「甘楽民謡」

この曲は、長年、作曲したという記録はあったのですが、詳細が不明でした。
ひょんなことからこの曲と出会い、調べてみると、いろいろなことが分かりました。

昭和の初期に、当時の北甘楽郡富岡町(今の群馬県富岡市。世界遺産富岡製糸場があるところですね。)を中心とする甘楽地方の、いばは「ご当地ソング」として生まれました。
地域振興の一環として歌詞が公募され、そして選ばれた歌詞に、縁あって宮城道雄先生が曲を付けたのです。

そして、その「甘楽民謡」を聞くチャンスです!!

チラシ

沢田知佳縁歌コンサートVol.5
2月12日(祝) 18時開演
会場:前橋文学館

チケット:前売り2,000円

沢田知佳さんは、前橋出身の演歌歌手。
友達付き合いをしています。
そして、2月12日には、私はゲスト出演をさせていただきます。

沢山の演奏曲目がありますが、その中の一つが「甘楽民謡」。
私がお三味線で伴奏し、知佳ちゃんが歌います。

是非お出で下さい!

チケットお問い合わせ

・090-2767-2276(高橋)

または、私あてに。
・info@hajime-koto.jp
・027-212-7284

 
ギャラリー
  • JASRAQのオンライン申請
  • JASRAQのオンライン申請
  • 小学生の職場見学
  • 合奏練習と楽譜作成
  • 合奏練習と楽譜作成
  • 車のサイドブレーキの不具合と、鍵の設定変更。
  • 車のサイドブレーキの不具合と、鍵の設定変更。
  • 車のサイドブレーキの不具合と、鍵の設定変更。
  • 今井尋也さんと萩原朔太郎の合わせ
  • ライブドアブログ